レビュー
» 2017年03月05日 12時10分 公開

ファンタジックな世界に、ひとさじの胸騒ぎ―― 「キューカンバー!」のマンガに内在するアンビバレンス司書メイドの同人誌レビューノート

「星と見習い」「あおばやし第三公園」の2作品をご紹介します。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 先日、「コミティア」(自主制作漫画誌の展示即売会)に行った際、関西で行われる「関西コミティア」の告知チラシが机の上に置いてありました。何気なく目をやったそれに、はっと目を見開いてしまいました。そのチラシの告知イラストは、サークル「キューカンバー!」さんではないですか。「わ、私も読んでます!」と、会場でチラシを手に、同行していたうちの総メイド長に熱く語ってしましました。

今回紹介する同人誌

「星と見習い」 B5 20ページ 表紙カラー 本文モノクロ

「あおばやし第三公園」 A5 12ページ 表紙1色刷り 本文色擦り

著者:食べこぼし


同人誌「星と見習い〜」 宇宙でひとり、星を繕う女の子は大きな目が印象的です
同人誌「あおばやし第三公園」 実際の本は薄く華奢な紙と、カラフルな印刷の装丁もすてきです


素朴さを感じる、ちょっと不思議な世界を描くオリジナルマンガ

 作者さんはオリジナルのマンガを描かれています。どれもしっかりと描きこまれた、でもどこか素朴な線と、二足歩行の猫がしゃべっていたり、人でないものがいたりするような不思議な世界観がマッチした作品です。数々の作品の中から、今回はどちらも女の子が主人公の2作品をご紹介します。

ファンタジックな世界に、ひとさじの胸騒ぎ

 「星と見習い」は夜空に浮かんで、宇宙を繕う仕事をしている女の子のお話。大きなお裁縫セットを背負って、星と星をステッチでつないで星座を表したり、ミルクを流して天の川を作ったりと、こまごまと働く見習いさんです。背中に持った糸巻きリュックがかわいいですねー。お仕事の間には、宇宙にふんわり浮かんで、お茶とクッキーで一服したり、忙しいけれど充実した日々です。

星と見習い 電信柱、星……ぐっときますね!

星と見習い 宇宙に浮かんでお仕事中

 しかし、その宇宙に小さな“青緑の星”があることに気付いてしまってから、彼女の胸にざわめきがやってきます。ぴかぴか光る小さな星をちらりと横目で見ながら女の子は思うのです。「どんなに仕事が上手くいってても あれを見ると なあんでだか 妙にがっかりするんだ」と。このせりふ、私の胸にもざわっと波が立ちました。そして、この時の女の子のデフォルメされた表情がまたいい! つながった眉毛と大きな目が強調された顔は、彼女が抱えてしまったもやもやを、そのまま読者に伝染させるような不安さを感じさせます。

星と見習い 背中の便利そうなお裁縫箱がかわいい……

裏切られるラスト、憂いの余韻に身を任せる

 「あおばやし第三公園」は、間違い電話からストーリーが始まります。日常を感じさせつつ軽やかな雰囲気は、安房直子さんの短編小説のような世界です。交流する2人。そのお洋服や電話の形が、何気なくかわいらしくて、ほのぼのと読んでいたら……最後は思わぬ形で幕が引かれる、「えっ!」という展開でした。

あおばやし第三公園 軽やかにはじまるふたりの交流ですが……

あおばやし第三公園 花柄お洋服の子の足元にいる謎生き物もちょっと気になります……

 「星と見習い」も「あおばやし第三公園」も、ほのぼのとした世界をまとっているのに、それだけでは終わらないんです。ふと忍び寄る心の揺れが描かれる前者と、あっと驚くショートストーリーの後者では方向性が違うのですが、2つの作品に共通しているのは読後感の余韻かなと感じました。めでたしめでたしで終わらないラストは、心の中にふっと影を落として、妙に後を引きます。ひとつかみしたこんぺいとうの中に、ほろ苦いかけらが紛れ込んでしまったような……。でも、そういうささやかな寂寥(せきりょう)感とか、心の隙間風に身を任せるって、なんだか悪くない気分なんです。

 春の夕暮れはぼんやりかすんで、ふわふわ暖かいのだか寒いのだか、どっちつかずの不思議な空気。この世界のどこかで、奇妙なできごとが起こっているのかも、と空を見上げてしまうような作品たちです。

サークル情報

サークル名:キューカンバー!

Twitter:@uzunyan620

pixiv:http://www.pixiv.net/member.php?id=5268481

入手先:アリスブックス(在庫少ないようですが、近日追加予定)、「あおばやし第三公園」はイベントのみでの頒布

次回参加予定:関西コミティア50、東京コミティア120に申し込み中


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 現在放送中のアニメ「アキバズトリップ」の台本の展示閲覧を行っています。今週放送されたばかりの台本をめくっては、「あの時の表情の指示はこんな意図があったのね……」とふむふむしております

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 宇宙 | 漫画 | チラシ | pixiv | かわいい | 星座 | イラスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声