ニュース
» 2017年03月09日 14時50分 公開

じんたんと順はいかに生まれたのか? 脚本家・岡田麿里さんの自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」発売

アニメと現実は少しだけ地続きです。

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 4月12日、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがっているんだ。」の脚本を手がけた岡田麿里さんの自伝が発売されます。タイトルはその名も「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」。


岡田麿里自伝発売 桜をバックにじんたんと順がデザインされた表紙

 「あの花」の主人公であるひきこもりのじんたん、「ここさけ」の主人公で幼少期のトラウマから声を出せなくなった成瀬順など、岡田さんの作品には秩父で悩ましい青春を過ごす少年少女が登場します。実はこうしたストーリーを描いた岡田さん自身、小学校の頃から通学ができなくなっていました。今作では、いじめを受けた小学校時代から、家で母親と二人きりで過ごした長い時間のこと、作品作りに向き合ってきた経緯などが初めて自伝として語られています。


岡田麿里自伝発売 作中には自分自身の経験が反映された部分もあったそう

 章立てによると、父親の浮気による両親の離婚や、「君はどんな人なのかわかる脚本を書きなさい」と言われた経験など、岡田さんの人生が作品に映っている部分も感じられる内容になっています。 脚本家・岡田麿里が、いかにして「あの花」「ここさけ」を生み出したのか。クリエイターの内面をさぐる貴重な一冊になりそうです。

正しい倫理子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」