ニュース
» 2017年03月14日 21時36分 公開

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」熾烈なクリア競争 半裸のリンク達がハイラルを駆け抜ける

RTAに適したゲームとなっているため、競争が過熱。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、ブレス オブ ザ ワイルド)は今月3日より任天堂からWii U/Nintendo Switch向けに発売されているシリーズ最新作。近年据置コンソールでリリースされる『ゼルダの伝説』作品はボリュームがあり、エンディングを見るまでの時間も長い。『トワイライトプリンセス』におけるany%(アイテムの取得率などを問わない純粋にタイムのみを競うルール)でのクリア世界記録は約3時間、『スカイウォードソード』の世界記録は約5時間となっている。一方で、『ブレス オブ ザ ワイルド』は発売してからまだ1週間しか経過していないが、すでに1時間に迫る記録を出す猛者が現れている。短時間でのクリアも可能ということで、近年の『ゼルダの伝説』作品のなかではスピードクリア(RTA)に適したタイトルだといえる。


ゼルダ

 短時間でクリアできるのは、決してコンテンツが不足しているからではなく、オープンワールドを採用しており、従来の作品で存在していた「通るべきレール」が撤廃されているからだろう。最初にいくつかのチュートリアルをこなし、特定のアイテムを入手した後は完全に自由の身となる。おそらく多くのプレイヤーはメインチャレンジと呼ばれる本筋を追っていくだろう。街道をたどりながら、さまざまな出会いと戦いを重ねて、凶悪な敵に対抗できる力を蓄えていく。しかし知識とテクニックさえあれば、さっさとラスボスまでたどり着きエンディングを迎えることも可能。ゲーム開始地点とラストダンジョンの位置はほどよく近く、序盤から来るように誘う意図すらも感じる。『ブレス オブ ザ ワイルド』は、早解きしてもいいし、終わりの見えない膨大なコンテンツを楽しんでもいい。両方の楽しみ方ができる自由度が高い作品だからこそ、短時間でクリアできるというわけだ。

服を着る時間も惜しい

 実際に『ブレス オブ ザ ワイルド』のスピードランの映像を見ていると、必ずといっていいほど共通する部分がある。その共通点とは、プレイヤーが操作するリンクの外見は、上半身は裸、下半身はかろうじてズボンを履くという半裸状態なのだ。なぜ半裸なのかというと、本作のリンクは初期装備が半裸となっているからだ。チュートリアルを進めればすぐに衣服を入手できるので、露出願望がない限り着衣するプレイヤーが多いと思うが、服を着るにはメニュー画面を開いて装着しなければいけない。RTAの際には、服を着るための時間すら惜しいのだ。それゆえに、半裸のリンク達が猛然とラストダンジョンを目指すべくハイラルの地を駆けるという、シュールな光景が生まれている。


ゼルダ

 ほかにも、すでに『ブレス オブ ザ ワイルド』のスピードランを攻略するうえでのテクニックがすでにいくつも編み出されている。もっとも基本的なテクニックとなりつつあるのが「whistle sprint」。口笛を吹きながらダッシュをすることで、スタミナにあたる「がんばりゲージ」を消費しないままダッシュすることができるという一種のグリッチだ。実際に筆者も試してみたが、口笛を吹き続けていれば、いくらダッシュボタンを押しても息切れしない。こうした事情もあってか、猛者たちが操るリンクは半裸であるだけでなく、常に手を口元に当てているという特徴もある。

 さらに今Twitterで注目を浴びているのが、スピードランを研究するVenick氏が投稿した、「ビタロック」を利用した高速移動の映像だ。

 本作の基本アイテムの1つであるビタロックは、オブジェクトにむけて使用すると、対象のオブジェクトが一時的に停止する。停止している間にダメージを与えると蓄積し、一時停止が解除されると蓄積したダメージが解放され大きな力が働くという仕組みだ。投稿された映像では、岩にビタロックを使いハンマーで殴りつけ、岩に乗ることでフィールド上をダイナミックに移動するリンクの姿が映されている。ランダム性の高さからか、実際にスピードランに利用しているプレイヤーは確認できていないものの、なんらかの形でビタロックを使用するテクニックが生まれることは間違いないだろう。

 『ゼルダの伝説』シリーズがスピードランタイトルとして人気であり、『ブレス オブ ザ ワイルド』はクリアまでの時間が短いという魅力を持つ。こうした要素に加えて、自由度が高いという特徴がある。ビタロックを代表とした物理演算要素に限らず、ラストダンジョンに潜入する方法もプレイヤーによってそれぞれで、開拓と研究の余地は多くあるだろう。そういった意味で『ブレス オブ ザ ワイルド』はスピードランにうってつけのタイトルともいえる。

 Speedrun.comによると『ブレス オブ ザ ワイルド』の3月11日12時現在の最速クリア記録はTwitchで活動する配信者Orcastraw氏が保持する1時間11秒。毎日めまぐるしく最速記録は塗り替えられており、今この瞬間にも記録は破られているかもしれない。だが誰が一番早いかという結論を出すのは早急だろう。せっかちなスピードランナー達の挑戦は、まだ始まったばかりなのだ。

続報はこちら

関連リンク

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる