連載
» 2017年03月19日 12時30分 公開

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編) (2/3)

[やしろあずき,ねとらぼ]

炎上後、炎上する人たちを見てどう思った?


やしろあずきの調査

「実際に炎上して、家も引っ越したりと……いろいろ大変な思いをしたと思うんだけど、その後、自分とは別にネットで炎上する人を見たりした?」



やしろあずきの調査

「見ました。ちょうど炎上ブーム……という言い方はおかしいですが、ネットを見れば誰かが燃えておもちゃにされてるような状態だったので……今もそうかもしれないですが」



やしろあずきの調査

「なるほど。他人の炎上って、やっぱり自分が炎上する前と後とじゃ見方というか、感じ方って変わりました?」



やしろあずきの調査

「完全に変わりましたね。炎上する側の恐怖ってやっぱり1回してみないと分からないものだと思います。炎上する前は他人の炎上を見て『バカだなー』って笑ってたんですが、冗談でも笑えなくなりましたから。なんというか胸が痛くなって見ていられなくなります」



やしろあずきの調査

「炎上した人に同情しちゃう?」



やしろあずきの調査

「同情、ではないです。もちろん悪いのは炎上するようなツイートをしてしまったその人本人だと思うので。ただ自分が炎上してたころとシンクロさせちゃうというか、今ごろ同じ気持ちなんだろうな、こんなことになるとは思ってなかったんだろうな……って、その人を批判しているリプライが全て自分に対して来ているように錯覚してしまって、なんだかこっちまでへこんできちゃいますね」



やしろあずきの調査 経験者は笑えない

やしろあずきの調査

「なるほど、じゃあ周りと一緒になってたたいたりとかは全くしないと」



やしろあずきの調査

「無理ですね。たたく気も起きませんし、自分がたたける立場にいるとはとても思えません……」



炎上をたたく人について


やしろあずきの調査

「『たたき』に関しての話題になるのですが、炎上っていうのはそのツイートをたたく人がいて発生する、というか、たたく人が一定以上に増えると炎上になるって感じじゃないですか。たたく人に関しては炎上してしまった身としてはどう思います?」



やしろあずきの調査

「それに関してはいろいろ思うところはあるのですが……まず、たたかれるのはしょうがないと思います。僕だって自分が炎上してなければたたく側に回ってたと思いますから……。たたいてる側にとっては正直、お祭りみたいなものですよね。自分は全く無関係ですし名前を出す必要もないので」



やしろあずきの調査

「匿名だからっていうのがたたきを助長しているというのはあるよね」



やしろあずきの調査

「悪いのは確実に炎上する側だと思います。火のないところに煙は立ちませんから……。だけど、それを前提に聞いてほしいんですが、やはり『たたきすぎなんじゃないか?』と思うことはあります。炎上した人間がこんなことをいうとまたたたかれそうですが……」



やしろあずきの調査

「いや、それは大丈夫ですよ。正直見ていてやりすぎだろって思うことも最近すごく多いし」



やしろあずきの調査

「はい……何度も言いますが悪いのはこちらです。だけどそれに対して悪いということを自覚させて反省させるというだけでなく、住所を特定したり、直接家に対して嫌がらせをしてきたり、家族や友達まで巻き込まれたり……なんというか、必要以上にたたきすぎてないかって思ってしまうんです」



やしろあずきの調査

「正直、たたいてる側も炎上してもおかしくないことをしてるっていうのもあるよね。家にいたずらするとか普通に炎上案件だからね……」



やしろあずきの調査 やってることは完全に悪

やしろあずきの調査

「はい、ただ炎上している時だと全体の空気が炎上者=悪者になるので、たたく行為に関しては善悪問われずに、『いいぞもっとやれ!』っていう感じになってしまっていると思うんです」



やしろあずきの調査

「確かに」



やしろあずきの調査

「特に今は小学生だって炎上したりするじゃないですか。悪いことをしてるのはその小学生だけど、大人が寄ってたかって袋だたきにして……そういうのはちょっと違うと思うんですよね。もちろん悪いことはしてるんだけど、もうちょっと諭し方というか……」



やしろあずきの調査

「小学生の時にそんな目にあったらネットにトラウマ持っちゃいそうだよね」



やしろあずきの調査

「昔の子はそういう、まあそこまで大事じゃなくてもちょっと悪いことをしたら、周りの大人や親にめちゃくちゃしかられて学ぶじゃないですか。でも今の子って、下手するとそれと同じ程度の悪いことでも全国の大人たちからボッコボコにされるんですよ。本来それは親の役目だろうって」



やしろあずきの調査

「そうだね……。たたく側も少しだけ炎上してる側の気持ちにもなって、ただやぶから棒にたたきまくるってだけじゃなく、ちゃんとその人のタメになる説教ができるようになると良いよね。匿名性が強い日本のネット社会じゃ難しいことだとは思うけど……」



やしろあずきの調査

「最後にまた言わせてもらいますが、悪いのは僕ら炎上する側であることには変わりないので。炎上したやつが炎上者をかばいやがって、とかたたくのはやめてくださいね!」



やしろあずきの調査

「めちゃくちゃ過敏になってる……まあそうなるよね」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」