連載
» 2017年03月19日 12時30分 公開

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編) (3/3)

[やしろあずき,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

炎上を防ぐためにはどうすればいい?


やしろあずきの調査

「いろいろ聞いてきたけど、炎上経験者としてぶっちゃけ『炎上を防ぐ』にはどのようなSNSの使い方というか、意識をしたら良いと思う?」



やしろあずきの調査

「はい……まず、SNSは自分だけ、もしくは自分と仲間しか見られない日記帳だとは思わないほうが良いと思います。それは鍵をつけてても一緒で、相互の人から内容をバラされることだってあると思うし」



やしろあずきの調査

「確かに、鍵垢だからって安心して何でも話してると痛い目にあったりもしそう」



やしろあずきの調査

「本当に自分の発言、行動は全世界に発信されてるものだと思ってSNSを使った方が良いと思います。発信する前に一呼吸置き、『この内容は全世界の人に見られても問題ないか?』ということをちょっと考えてから投稿するというクセをつけるだけで、世の中の炎上の数はだいぶ減っていくと思います。本当に、何も考えずに『ただ面白いだろ』というノリで投稿して炎上している人が非常に多いと思うので」



やしろあずきの調査

「投稿する際に『この内容が全世界の人に発信されます、問題ないですか?』みたいなワンクッションを入れるだけでだいぶ炎上は減りそうだよね」



やしろあずきの調査 炎上しそうなキーワードを感知して出てくるとか

やしろあずきの調査

「あとこれは自分の経験からなのですが、有名人にTwitterなどでリプライを送る際は『本人と顔を突き合わせて言っているもの』だと思ったほうがいいです。この意識を持っておくだけで悪意ある発言とかはできなくなると思います」



やしろあずきの調査

「確かに……それは重要ですね。画面の向こうにはまごうことなき本人がいるんだって意識するのは大切だなぁ……」



SNSを使っている若い人へメッセージ


やしろあずきの調査

「では最後に、SNSを使っている若者たちに伝えたいことなどあればお願いします」



やしろあずきの調査

「今まで言ってきたことと結構被ってしまいそうですが……。まず、本当に炎上をひと事だとは思わないでほしい。ちょっとしたキッカケで自分が当事者になってしまいます。また、当事者になった時の苦しみ、周りへの影響は想像以上に地獄です。僕のようにそれまでの全ての人間関係を断たなければいけない可能性だってあります。周りからは犯罪者を見るような目でも見られます」



やしろあずきの調査

「重い……でも本当にその通りですよね。炎上を軽視してはいけない



やしろあずきの調査

「SNSはとても楽しく、人生を豊かにしてくれるツールだと思います。だけど使い方を誤れば人生を破壊するツールにもなってしまうと思うんです。この記事を読んでSNSに対しての意識を改めてくれる人が1人でも増えたら良いなと、心から思います。どうか僕を反面教師にしてほしいです」



やしろあずきの調査

「なるほど……つらかったことを思い出してまで、さまざまな経験を聞かせてくれてありがとうございました。僕もこの記事でSNSへの向き合い方を改めてくれる人が増えてくれることを願っています! ……では今回の取材はここまでとなります。どうもありがとうございました!」



やしろあずきの調査

「はい! 自分もいろいろ当時のことを思い出せて、あらためて楽しみながらも慎重にSNSを使っていこうと思うことができました。ありがとうございました!」





 ……いかがでしたでしょうか。

 僕もSNSを長く使ってきている中で、炎上した事案やその末路を幾つも見てきました。なので炎上の怖さは知っているつもりでしたが……実際に炎上した人と直接話して、あらためて炎上の恐ろしさ、SNSの使い方の難しさを学ぶことができました。

 インターネットが発展し、SNSのおかげで日々の生活がとても便利になった反面、小さなミスや失言で人生を壊してしまう可能性も、昔に比べて遙かに高くなった現代。僕も炎上しないよう、今後とも人一倍慎重にSNSと付き合っていこうと思います。

 この記事で1つでも多くの未来の炎上を事前鎮火できればうれしいです。



やしろあずきの調査 最後に僕からのお願いです


関連キーワード

炎上 | 調査 | SNS | Twitter | 使い方 | 原因


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」