ニュース
» 2017年04月08日 11時00分 公開

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材

ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。

[Kikka,ねとらぼ]

 まぶたを手で持ち上げて目の内側(粘膜)までアイラインを引く――という方は結構多いのではないでしょうか。しかしこのメーク法は危険だとする注意喚起が広まっています。医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材しました。


アイメーク 目の粘膜(水色の部分)までメイクすることが危険だとネット上で話題に(編集部作成)

 きっかけはあるTwitterユーザーが投稿した注意喚起で、これまでは目の粘膜までアイライナーを引いていたが、眼病の原因となるという話を聞き、粘膜アイラインを卒業したというものでした。

 「粘膜アイラインは眼病の原因になる」という説は本当なのか。公式サイトで「アイメークと目の病気」についてのページを公開しているあさい眼科(静岡県・浜松市)浅井竜彦院長にお話を伺いました。

 まず「まぶたの内側にはマイボーム腺という器官がある」と浅井院長は解説。涙液を蒸発しにくくするための油を分泌しているマイボーム腺をメークなどで塞いでしまうと、機能が低下してしまう可能性があり、感染や霰粒腫(さんりゅうしゅ・マイボーム腺にできる腫瘤の一種)、ドライアイを引き起こす場合もあるのだそうです。


アイメーク マイボーム腺についてのイラスト(編集部作成)

 このことから粘膜までアイメークをすることは推奨されないとのことでした。またアイメークが原因とは断定できないものも含めると、マイボーム腺のトラブル自体は珍しいものではないといい、異常がみられたらすぐ医師に相談してほしいとのことでした。

 ネット上では浅井院長の様に、粘膜アイメークに警鐘を鳴らす人がいる一方で、このメーク法を推奨するサイトも多く存在しています。


アイメーク 目の粘膜にメークをする「インサイドライン」を推奨するサイトも多い(Yahoo!画像検索より)

 メークアップアーティストとして活躍する益子克彦さんによると、この方法はメークテクニックの一つとして「インサイドライン」と呼ばれているとのこと。目の粘膜の部分に白っぽい色を入れると、白目に反射して目がキラキラしたように見えたり、黒っぽい色をいれると目がくっきりと大きく見える効果があるのだそうです。

 しかし、益子さんのようなプロが他人に対してメークをするのと、一般の人が自分の顔にメークをするのとでは感覚が全く違うため、「インサイドライン」を実践する場合にはプロにやり方を習ってからにしてほしいと益子さんは話します。また「インサイドライン」だけに関わらず、メークをした際にはきちんとメーク落としをすることも大切とのことでした。

 また大手化粧品メーカーにも取材したところ、「全てのお客さまの声を参考にさせていただいているので、SNS上の投稿(アイメークに関する注意喚起)についても一般論として把握していた」と回答。化粧品については一般的にまぶたの表面やまつげとまつげの間に塗られるものとして作られているため、粘膜までアイメークをすることは推奨していないとのことでした。

 そもそもメーク自体が肌に悪影響を与えるのでは、といわれると難しいところもありますが、重要なのはきちんとメークを落とすこと。新しいメーク法に挑戦する時は、プロや医師の助言を受けた方が安心です。

(Kikka)

関連キーワード

化粧品 | 医者 | 注意喚起 | 病気 | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響