ニュース
» 2017年04月05日 13時12分 公開

「美女と野獣」「ベイマックス」アトラクションがやってくる:2020年春、東京ディズニーランドが大きくなる! 新エリア起工式にミッキーもやってきた

ディズニーランドの拡張工事がいよいよスタート。「美女と野獣」の野獣の城などが誕生します。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 かつてウォルト・ディズニーはこう言いました――「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」。ここ、日本の東京ディズニーランドも、新たな成長の第1歩を踏み出しました。

 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは2017年4月5日朝、2020年春にオープンを予定している大規模開発エリアの起工式を行いました。当日はミッキーマウスとその仲間たちも登場、謎につつまれた新エリアの全貌もほんの少しだけ明らかになりました。早速、その様子をレポートしましょう。

TDL新エリア予定地 いまはまだ何もないこの場所に、2020年に新たなエリアが登場します

セレモニーにはミッキー&ミニーも登場!

起工式セレモニー 起工式のセレモニーにはミッキー&ミニーも登場
起工式セレモニー 華々しい幕開け!

 開発予定地は、これまで「グランドサーキット・レースウェイ」(2017年1月11日にクローズ済み:関連記事)があったエリアで、現在はほぼ更地になっています。ここに新たに、「美女と野獣エリア(仮称)」「ライブエンターテイメントシアター(名称未定)」「『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション(名称未定)」「ミニーマウスの新キャラクターグリーティング施設」などが、2020年春にオープンする予定です。投資額は東京ディズニーシーの新アトラクションを含め、750億円規模と発表されています。

 この起工式とセレモニーには、ウォルト・ディズニー パーク&リゾート プレジデント/マネージング・ディレクター アジアのビル・アーネスト氏、オリエンタルランド代表取締役会長兼CEOの加賀見俊夫氏、同社代表取締役社長兼COOの上西京一郎氏、そしてミッキーマウスとミニーマウスが登場しました。

起工式セレモニー 起工式セレモニーにはウォルト・ディズニー社の重役も登場しました。

 上西氏は、この起工式で「新たな夢に向かって動き出し、ハピネスを届けられることを確信している。この起工式をきっかけに、東京ディズニーリゾートはまさに、新たな夢に向かって始動する」とコメントします。そしてアーネスト氏は、2020年にオープンするこのエリアを「皆さんのお気に入りの物語に、いのちが宿ります。大好きなキャラクターに出会い、新しい世界に体験する機会が増えます。これが、ディズニーのストーリーテリングの手法なのです」と述べました。

東京ディズニーランドの新エリアとは?

大規模開発エリア 東京ディズニーランドの大規模開発エリア
大規模開発エリアの全体イメージ 大規模開発エリアの全体イメージ

 ここで東京ディズニーランドの「大規模開発エリア」についておさらいしておきましょう。東京ディズニーランドでは2020年春を目標に、ファンタジーランドを中心に新たなアトラクション、および施設を導入することを発表しています。その投資規模は、なんと750億円。当初2014年10月に「アナと雪の女王」のエリアを含む発表があったのですが、その後2015年に計画を見直し、美女と野獣やベイマックスをテーマにしたアトラクションなどが新たに発表されました。

 では、その内容を分かっている範囲でお伝えしましょう。

大規模開発エリアの模型 特別公開された、大規模開発エリアの模型。この模型は残念ながら一般公開の予定はないとのこと
初公開アート 多数の初公開アートも登場

美女と野獣エリア(仮称)

美女と野獣エリア(仮称)
美女と野獣エリア(仮称)
美女と野獣エリア(仮称) 「美女と野獣エリア(仮称)」の街並み

 「美女と野獣エリア(仮称)」では、新たに美女と野獣をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクションと、ショップ、レストランがオープンします。公式アートにはガストンと、ガストンのレストランが描かれていますね。これはアメリカ、ウォルト・ディズニー・ワールドにある「Gaston's Tavern」のイメージによく似ています。

「美女と野獣」大型アトラクション 「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクションの外観
「美女と野獣」大型アトラクション 「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクションの体験シーン

 そして美女と野獣エリア(仮称)にできる大型アトラクションも発表されています。野獣の城は高さ30メートル。映画の名曲に合わせて動くライドにのり、数々のシーンを体験するというもの。そして同じく美女と野獣をテーマにしたショップとレストランも登場します。導入時期は2020年春予定です。

「美女と野獣エリア(仮称)」のショップ 「美女と野獣エリア(仮称)」のショップ
「美女と野獣エリア(仮称)」のレストラン 「美女と野獣エリア(仮称)」のレストラン
野獣の城 中央にあるのが野獣の城。高さは30メートルで、かなり大きなものになるようです

ライブエンターテイメントシアター(名称未定)

ライブエンターテイメントシアター ライブエンターテイメントシアターの外観
ライブエンターテイメントシアター ライブエンターテイメントシアターの内観

 このエリアには「ライブエンターテイメントシアター(名称未定)」が登場します。東京ディズニーランド初の本格的な屋内型シアターで、オリジナルのエンターテイメントプログラムが予定されています。定員は1500人で、2020年春にオープンする予定です。

『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション(名称未定)

「ベイマックス」新アトラクション 「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションの体験シーン

 ベイマックスをテーマにした新アトラクションが登場します。ライドタイプのアトラクションで、音楽に乗せ予測不可能な動きをしながら回転するタイプのアトラクションです。それぞれには「ケア・ロボット」がついているようですね。導入時期は2020年春予定です。

ポップコーンの専門ショップ ポップコーンの専門ショップの外観
ポップコーンの専門ショップ ポップコーンの専門ショップの内観

 さらに、東京ディズニーリゾート初の「ポップコーン専門ショップ」も合わせて登場。宇宙をテーマにしたショップは複数のフレーバーのポップコーンを販売します。

新キャラクターグリーティング施設(名称未定)

新キャラクターグリーティング施設 新キャラクターグリーティング施設の外観
新キャラクターグリーティング施設 新キャラクターグリーティング施設の内観

 トゥーンタウンには新たに、ミニーマウスとのグリーティング施設が作られます。ファッションデザイナーとして活躍するミニーマウスのスタジオという設定で、ミニーと一緒に写真を撮れるとのこと。トゥーンタウンにはミッキーと出会える場所がありますが、こちらもきっと大人気になることでしょう。こちらも2020年春に導入予定です。

トゥーンタウンのサイン 中央に小さく、新しいトゥーンタウンのサインがありました

 ここまで大規模な拡張は東京ディズニーランドの34年の歴史でも初めて。東京でしか楽しめないアトラクションも含まれており、世界のディズニーファンが注目する大規模開発です。

 実はそれよりも前に、さまざまなイベントが予定されています。2017年5月12日には東京ディズニーシーに「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン、2018年4月15日は東京ディズニーランドの35周年、そして2019年には東京ディズニーシーに待望の新アトラクション「ソアリン(仮)」が登場する予定です。そして2020年、満を持してこの新エリアが登場するわけです。本当に楽しみですね。

 なお、今回の開発に伴い、東京ディズニーランドのアトラクション「スタージェット」および「スペースプレース・ フードポート」「ライトバイト・サテライト」「ソーラー・レイズ・ライトサプライ」が2017年10月10日にクローズします。スタージェットのファンも多いと思いますので、そのまえにぜひ、東京ディズニーランドへどうぞ。

※新エリアの画像はすべてイメージです

(C)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露