ニュース
» 2016年04月27日 18時56分 公開

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーが今後の開発計画を発表 「美女と野獣」や「ベイマックス」など新アトラクションを投入へ

従来の計画を一部見直しています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 オリエンタルランドが、東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーの今後の開発計画について発表しました。2014年に発表した「2023 ありたい姿」から、開発計画の一部が見直されています。

 今回発表された新しい計画では、「グランドサーキット・レースウェイ」や「スタージェット」、一部の飲食施設、商品施設をクローズし、ファンタジーランドの新エリアとして大型アトラクションを有する「美女と野獣エリア(仮称)」や、ライブエンターテインメントシアターをオープンさせるほか、隣接するトゥモローランド、トゥーンタウンに新規アトラクション、新規キャラクターグリーティング施設の導入を予定。これら新規エリア/新規施設の開発に向けた総投資額は、750億円レベルとなる見込みです。


予定図 東京ディズニーランド開発エリアイメージ図

 「美女と野獣エリア(仮称)」はディズニー映画「美女と野獣」の世界を体感できる新エリアで、ファンタジーランドにオープンします。このエリアには、野獣の住む城やベルたちの住む村があり、まるで映画の世界に入り込んだような風景が広がっています。野獣の住む城にはディズニー映画「美女と野獣」をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクションが導入されるほか、ベルたちの住む村にはショップやレストランがオープンするとのこと。アトラクションの体験時間は約8分で、2020年春オープン予定です。


全景 ファンタジーランド新エリアの全景


街並み 「美女と野獣エリア(仮称)」の街並み


外観 大型アトラクションの外観


体験シーン 大型アトラクションの体験シーン

 「ライブエンターテイメントシアター(名称未定)」は、ディズニーランド初の本格的な屋内シアター。絵本から飛び出してきたようなこのシアターでは、ディズニーキャラクターたちによる東京ディズニーランドオリジナルのエンターテインメントプログラムが繰り広げられます。定員は約1500人で、2020年春オープン予定。


外観 「ライブエンターテイメントシアター」の外観


内観 「ライブエンターテイメントシアター」の内観

 トゥモローランドにオープンする「『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション(名称未定)」は、ディズニー映画「ベイマックス」をテーマにしたライドアトラクション。体験時間は約1分30秒。アトラクションの隣には東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを通じて初となるポップコーンの専門ショップがオープンし、複数のフレーバーのポップコーンを販売します。2020年春オープン予定。


ベイマックス 「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションの体験シーン

 トゥーンタウンにオープンする「新キャラクターグリーティング施設(名称未定)」は、おしゃれなファッションに身を包んだミニーマウスと、一緒に写真を撮れます。2020年春オープン予定。


グリーティング施設 「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションの体験シーン

 東京ディズニーシーでは、メディテレーニアンハーバーに、ミュレータータイプの大型アトラクションを導入予定。このほかにもアトラクションやエンターテインメントプログラムの刷新やリニューアルを実施する予定とのこと。


開発エリア 東京ディズニーシー開発エリアイメージ図

 メディテレーニアンハーバーの新アトラクションでは、海外のディズニー・テーマパークで高い人気を誇る大型アトラクション「ソアリン(仮称)」を導入します。東京ディズニーシーではオリジナルのシーンも加わった最新の映像が楽しめるとのこと。体験時間は約5分で、2019年度オープン予定。


外観 「ソアリン(仮称)」の外観


体験シーン 「ソアリン(仮称)」の体験シーン

 また、2021年度以降の方針について、東京ディズニーランドではファンタジーランドを含めた7つのテーマランド全てを開発対象に、エリア規模での刷新を順次行うなどインパクトのある開発を進めていくそうです。東京ディズニーシーでは、複数の拡張用地を活用した大規模なパーク開発を予定。さらに、東京ディズニーリゾート内のホテル客室数の増加など、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさまざまな検討を進めていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  9. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙