ニュース
» 2017年04月05日 21時45分 公開

台湾で大ブーム! 「ウマすぎてやめられない」と話題のインスタントラーメンが本当に高級中華の味だった

残念ながら日本では買えません……。

[あゆみんねとらぼ]

 台湾で現在、あるインスタントラーメンが大流行しています。台湾煙酒公売局が販売している「花雕鶏麺」シリーズがそれ。商品自体は2010年から存在していたのですが、SNSを中心にじわじわと口コミが広がり、なぜか2015年秋になって突然大ブームに。一時は品薄でなかなか買えないほどだったそうです。

 「花雕鶏麺」は現在も台湾のインスタントラーメンでは一番人気らしく、どの台湾人に聞いても「うまい」「だまされたと思って食べてみろ」「今まで日本のラーメンを推していたけどうますぎてやめられない」と大絶賛。一体どれほどおいしいのか、ちょうど現地に行く機会があったので実食してみました!


台湾インスタントラーメン 現地で買ってきました

 今回食べたのは、シリーズ内でも一番人気の「花雕鶏麺」と、新商品の「花雕酸菜牛肉麺」。どことなくレトロなパッケージが目を引きます。どちらも仕上げにお酒を入れて味を調えるのが特徴。価格は1個55台湾ドル(=約198円)です。


まずは一番人気の「花雕鶏麺」から


台湾インスタントラーメン オーソドックスな「花雕鶏麺」

 中を開けるとレトルトパウチされた具材、花彫酒、粉スープと、風味をさらに豊かにする役目のラードが入っています。粉スープの中にはクコの実、パウチ内には一口大の鶏肉が6〜7個入っており、他のインスタントラーメンとは一線を画すボリュームと本格中華感。


台湾インスタントラーメン 「花雕鶏麺」の中身。花彫酒が入っているのが特徴

台湾インスタントラーメン レトルトの鶏肉はなかなかのボリューム

台湾インスタントラーメン 麺は極細麺です

 3〜4分待ち、出来上がったところで一口。鶏ベースの澄み切ったダシに、アクセントとなる花彫酒の香りが芳醇で、とてもインスタントとは思えない味わい。高級中華の締めで出てきそうな、飲んだ後にもさっぱり食べられるタイプのラーメンでした。お酒を入れることによって大人な味わいになる上、さらにクコの実が本格感を引き出しています。お酒が苦手な人は花彫酒をちまちま入れて調整するとよさそう。そしてレトルトパウチの鶏肉がお箸で切れる柔らかさ。クセがなくさっぱりしていて、ダシにめちゃくちゃ合います。麺の量も多く、1杯の満足度は高め。日本にあるもので表現すると、鳥貴族の白湯ラーメンに香りのいい紹興酒をプラスした感じ。がっつりとんこつ味!! が好きな方には少々淡泊かも。


牛肉がゴロゴロ入った「花雕酸菜牛肉麺」もうまい!

 お次は「花雕酸菜牛肉麺」。先に実食した「花雕鶏麺」とはまた少し違い、封を開けるとレトルトパウチ、粉スープ、花彫酒とこちらは牛脂が入っています。カロリーが気になる台湾女性は、牛脂を入れない方も多いそうです。パウチ内には牛肉が3〜4切れと、牛肉麺を食べる際には必須といえる酸菜(塩漬け白菜)が惜しげもなく入っています。


台湾インスタントラーメン お次は「花雕酸菜牛肉麺」

台湾インスタントラーメン こちらは牛肉と酸菜がたっぷり

台湾インスタントラーメン 完成! 牛肉麺っぽい

 同じく3〜4分待ち、実食。台湾で食べる「牛肉麺(ニュウロウメン)」を最大限に再現しており、さらに花彫酒を足すことによって風味が増しています。これぞ大人向けの牛肉麺。クセが無い牛肉ベースのスープは絶品で細麺によく絡み、一口、また一口と麺をすする箸が止まりませんでした。余った汁でおじやを作ろうか迷ったほどです。日本人の口にも合う、深みのあるラーメンでした。柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロ入っているのもポイント。これはご飯の上にかけても絶対においしい!



 この「花雕鶏麺」シリーズ、どちらもインスタント感があまりないのが特徴。ラーメンに「お酒を入れる」という切り口も斬新で面白く、そのひと手間をかけることによって風味がぐっと増すのが人気の秘訣ではないかと思いました。日本のインスタントラーメン業界も負けていられない……!?

 現在日本での販売はなく、食べたい人は台湾で手に入れるしかないのですが、本当においしいので、台湾に行った際はぜひ食べてみてください。台湾みやげとして購入していく旅行客も多いそうですよ。


あゆみん


関連キーワード

ラーメン | 台湾 | 人気 | ブーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  7. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news080.jpg 武尊、キックボクシング世界王者との激闘でヒザを2カ所骨折 対戦直後には強烈ローキック受けた脚が腫れ上がる
  10. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」