やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの?(後編)〜仕事の仕方やお金の話を怒られない程度に話してみる〜(2/3 ページ)

» 2017年04月09日 12時30分 公開
[やしろあずきねとらぼ]

Web漫画家として食っていくためには?

 ここまでお仕事について話してきましたが、実際にWeb漫画を描いていてそれを本職にしたいけどなかなかお仕事が来ない……どうやって仕事を探せばいいの……? という相談も結構されたりするので、ここで「仕事の取り方や立ち回り方」についても少しお話したいと思います。あくまで持論だからね!


  • SNSパワー

 Webは作者と読者が直に触れ合えるので、SNSなどで精力的に活動している作家さんはSNSのフォロワーが半端なく多かったりしますよね。

 Twitterのフォロワーは別に仕事に直結しないというような話もたまに聞くんですが、そんなことは全くないです。単行本の売り上げには直結しないって話は本当にそうだと思いますけど。

 もちろん、仕事の内容によっても違ってきますし、もともと個人のWebサイトなどで漫画を掲載して、そこから有名になった人とかは当てはまらないと思うのですが、SNS、ここではTwitterを例に出しちゃいますが、そこでのフォロワーの数=拡散力が武器になる仕事はズバリ広告案件です。

 代理店は商品をたくさんの人に認知してほしくてPR漫画の依頼を出すわけなので、どうしてもフォロワーが多い絵描きやアイドル性が高い絵描きにそういった高単価の仕事が集中します。YouTuberと同じような感じですね。

 ただ広告案件に限らず、フォロワー数が多いと目立つ=仕事が来る(クライアントの目に付く)可能性は高いと思うので、SNS上でのファンは少ないよりは多い方が絶対に良いと思います。リスクは炎上の可能性が高まることぐらいですかね……。炎上に関しては僕の過去記事を参考にしてもらえればと思います。


  • コミュ力

 「コミュ力」と聞くとばかにする人も多いと思います。僕も昔はそうでした……。

 ですが、社会に出てゲーム会社で数年サラリーマンを、半年ほどフリーランスでWeb漫画家をしてきた中でコミュ力は非常に大事なものだなと感じました。フリーランスになってからは尚更です。

 まず、1つの案件があったとして、似たような絵柄・スタイルの絵描きA君とB君がいたとします。Aは「人と会話するのが得意で、しっかりと相手の伝えたいことをくみ取って自分の意見も返していけるタイプ」Bは「人と会話するのが苦手で、相手が言っていることが理解できなくても会話が嫌なので何も言わないタイプ」

やしろあずきの日常 貴方ならどちらと働きたい?

 この場合確実に仕事の依頼はA君に来ます。つまりそういうことです。

 なんならB君の方がA君より技術があっても、A君に仕事が行く場合だってあると思います。基本的に仕事で起きるトラブルの原因はコミュニケーション不足に起因するものがかなり多いので、結局、コミュ力が高い人と仕事をした方が不要なトラブルも避けられるし、気持ちよく仕事ができるのです。

 特にフリーになると、仕事につながるチャンスはいろいろな所に点在しています。

 界隈(かいわい)の飲み会、パーティー、なんなら担当の美容師との会話まで、どこにだって自分を売り込むチャンスはあります。フリーランスは事業主なので、自分のことを好きなだけ好きなときに営業していいのです。

 自分が出せる力と相手が欲しい力が合致したら仕事につながります。相手に自分の持っている能力やスキルを正しく伝えられる、気持ちよく一緒に仕事ができそうだなと思ってもらえる営業力、コミュニケーション能力が、この先フリーとして生き延びるためには非常に大切になってくると僕は思います。

 ……というか、正直これはWeb漫画家だけでなく全てのフリーランスに当てはまることかもしれませんね。

 孤高の職人やよほどの天才は別だと思いますが。

やしろあずきの日常 積極的なコミュニケーションを取るため、深夜、担当にLINEスタンプを連打したりします

  • 度胸や勇気

 コミュ力に続き「度胸や勇気」って、僕がめちゃくちゃ嫌いな自己啓発本とか体育会系っぽくてすげー嫌なんですが、別に度胸があればなんでもできる! とか言うわけじゃないです!

 これはつまり、臆せずガンガン自分の作品をインターネット上にあげていこう! ってことです。それだけ!

 何も作品をアップせずに「Web漫画家になりたい」なんて言っててもチャンスもクソもありません。ド下手でもいいじゃないですか。PixivでもTwitterでも今は誰だって簡単に作品を発表できます。たくさん描いてアップすれば自分の力とともにファンだってついてきます。

 ……ここまでお話しましたが、時代が変われば仕事のあり方や取り方も変わっていきます。Twitterだっていつ無くなるか分かりませんから……。なので今の業界の動きをしっかり見つつ、時代が求めているニーズに合った行動ができるように心掛けていれば、食いっぱぐれることはないのではないでしょうか。僕はTwitter無くなったら死ぬけど。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  3. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  4. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  5. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」