ニュース
» 2017年04月20日 18時00分 公開

亡くなった「ガロ」漫画家の作品を単行本にするため SNS・新聞で情報提供求め「見つかりました!」

悲願だった単行本が実現しそうです。

[エンジン,ねとらぼ]

 「シャッター」「外へ出ようよ」などで知られる漫画家・はやせ淳さんが4月17日にTwitterに投稿した「中西章文君の身内の方を捜しています」と題された漫画が3万回以上リツイートされ、地元紙・高知新聞をも動員。ついに身内の方との接触に成功しました。


中西章文さん 情報提供を呼びかけた漫画

 Twitterに投稿された漫画によると、漫画家・中西章文さんが活躍したのは80年代。自身の単行本出版を夢見て、漫画雑誌「ガロ」にその作品を載せていました。しかし、志半ばで病魔に冒されてしまい、長い闘病の末、1999年に他界してしまったそうです。

 かつてアシスタントとして中西さんを雇っていたはやせさんは、彼の作品を集めて単行本を出そうと決意。そのためには著作権の関係上、どうしても身内の方の了承が必要でした。ところが、中西さんの実家は既に引っ越しており、消息不明。そこで、はやせさんはTwitterでの情報提供を呼び掛け、ついには高知新聞の協力も得て、身内の方を発見することができました。

中西章文さん 発見の喜びを伝える漫画

 はやせさんは4月20日、Twitterに投稿した新たな漫画にて、「もうご存知の方もいるかも知れませんが……中西君の身内の方が見つかりましたーーーッ」と、喜びを知らせています。投稿によると、身内の方は高知新聞紙面を見て、はやせさんの呼びかけを知ったそうです。はやせさんはあまりに感極まったためか、漫画内の自画像が“ヒゲなし”に。やや照れた様子で、「焦ってヒゲ書き忘れた。なんか若いと思った」と追加の投稿をしています。

 悲願の単行本化に向けて、大きな一歩です。

画像提供:はやせ 淳(@sigotojijii)さん


エンジン


関連キーワード

Twitter | 漫画家 | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」