ニュース
» 2017年04月20日 22時40分 公開

なんだこの絶妙なウザさは(良い意味で) 1年半振りにアプデされた“Waaaaay!”開発者の言い訳がスゴイ

開発者のキャラが濃い。

[ねとらぼ]

 向かうべき目的地までの“距離”と“方向”だけを指し示すマップアプリ「Waaaaay!」(うぇーい!)が1年半ぶりにアップデートされました。そのアップデート内容の説明が注目を集めています。

 アップデート内容の説明では、1年半もの間放置されていたことに対する“このアプリをほったらかしていたのでは?”という声について「ぐうの根も出ず全くその通り」と素直に肯定。その理由についても「いやでも、あれですよ。何もしてなかった訳じゃないんです。開発者の日記を公開しても良いですよ。毎日毎日社会の荒波に飲まれていたわけです。ビッグウェーブに乗るっていうか、波の中でユラユラしていたわけです」とウェイ系の若者っぽく言い訳します。若干のウザさがいい味を出している。


うぇーい うぇーい(App Storeより

 しかし、開発者はホーム画面の隅にある緑色のアイコンから「バグあるで〜」「むっちゃ不便やで〜」などのささやき(なぜか関西弁)が聞こえたため、アップデートを敢行することに。しかし、このアプリはもともと趣味で作ったものらしく、根本的な作りに問題があり機能拡張がしづらかったため、一念発起し全てを一から制作したとのこと。

 「削った機能は多々あります! おそらくバグもあります!」と必要以上にぶっちゃけながら、「(シンプルなナビ機能については)徹底的に改善していきますので、アップデートボタンを今すぐタップ!!」と力強くアップデートを促しています。そこまで言うならアップデートするしかねえな……!


うぇーい 若者風の言い回し(App Storeより

 なお、このアプリには「目的地を指し示す矢印をサンマにする」という課金要素“サンマモード”が搭載されています(120円)。サンマを見るのが好きな人以外には全く必要ない機能ですが、開発者の笑顔が見たい人は購入しましょう。


うぇーい 筆者は買いません。ゴメンナサイ(App Storeより

関連キーワード

アプリケーション | 開発者 | App Store | 地図 | 若者


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する