ニュース
» 2017年04月23日 14時09分 公開

ヤッターワンのモニュメントが稲城に登場だワン! 山寺宏一、大河原邦男らが勝利のポーズで祝福

大河原邦男さんのお気に入りのヤッターメカは意外なあのキャラ。

[田下愛,ねとらぼ]

 4月22日、東京都・稲城市の南多摩駅前で「南多摩駅前まちびらき式典」が開催されました。同式典内では、アニメ「ヤッターマン」の人気犬型巨大ロボット・ヤッターワンのモニュメントの除幕式が行われ、ヤッターワンのデザインを手掛けた稲城市在住のメカニックデザイナー・大河原邦男さん、2008年版「ヤッターマン」でヤッターワンの声を担当した声優の山寺宏一さんらが出席しました。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 ヤッターマン1号のガンちゃんと2号のアイちゃんさながらにヤッターワンに搭乗した大河原さんと山寺さん ※2人がつかまっているバー、実際は危険なので、通常はつかまってはいけないそうです

 1977〜1979年にかけて放映されたアニメ「ヤッターマン」は、タツノコプロによるタイムボカンシリーズの2作目。宝のありかを記すという謎の石“ドクロストーン”をめぐってヤッターマンとドロンボー一味が冒険と戦いを繰り広げ、「今週のビックリドッキリメカ」「ブタもおだてりゃ木に登る」など数々の名(珍)セリフ・名(珍)場面を生み出したシリーズ屈指の人気作です。2008年にはリメイク版が放送されました。

 「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などで知られる大河原邦男さんのデザインを感じさせる作品を稲城市に設置する「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」の一環として、南多摩駅前に登場したヤッターワンのモニュメント。この日、稲城市の公式キャラクター・稲城なしのすけの時計台とそろってのお披露目となりました。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 高さ約2メートルのヤッターワンのモニュメント。後方にバーが設置されていて、ヤッターワンに乗っているような記念写真が撮れます

ヤッターワン・モニュメント除幕式 大河原邦男さんとマルチクリエイター・井上ジェットさんがデザインを担当した稲城市の公式キャラクター“稲城なしのすけ”

 除幕式に続いて、大河原さんと山寺さんによるトークイベントが行われました。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 左から大河原邦男さん、山寺宏一さん、司会のアニメ評論家・五十嵐浩司さん

 「めちゃめちゃうれしいんだワン。自分のやったキャラがモニュメントになるのは初めてなんだワン。やっといてよかったワン」と、ワンワン多めのヤッターワン声で喜びを表した山寺さん。初代「ヤッターマン」や「破裏拳ポリマー」「おらぁグズラだど」など、タツノコ作品が大好きだったそうで、小学生のころにものまねをしていたという“グズラが鉄を食う声”や、さらに“犬”つながりでおなじみ「アンパンマン」のチーズや馬(ピクルス)の声なども披露しました。最近、「彼岸島X」で50のキャラクターを担当したことも話題になった山寺さんですが、動物そのものにしか聞こえないその声のクオリティーは、まさに神業。「そこまでリアルにやらなくていいです」といわれることもあるんだとか。すごすぎる。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 以前放送された「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙」で「本当にすごいと思った声優」第1位に輝いた山寺さん。その驚異の演技力に稲城の皆さんもびっくり

 日本を代表する元祖メカニックデザイナーの大河原邦男さん。「ガンダム」をはじめシリアスなロボットアニメも多数手掛けており、「ヤッターマン」のようなコミカルな作品とリアルな作品で描き方は違うのか? と聞かれると「あ、一緒ですよ」とあっさり。世界観が全く違う作品作りについて「息抜きになるんですよね。タイムボカンシリーズみたいなところでチャレンジングなデザインをして反響を見て、またリアルなロボットに反映させるとか、両方やっていると精神衛生上すごくいいんです」と話し、さらに「やわらかいのとハードなのと両方できると、その間が全部できることになるので、生活が安定するんですよ(笑)」と冗談混じり(?)なコメントも。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 「ガッチャマン」でデビューした大河原さん。その後、「破裏拳ポリマー」などハードな作品をやっていた中、初めて手がけたコメディタッチのソフトな作品が「ヤッターマン」だったそうです

 「ヤッターマン」ではヤッターワン、ヤッターペリカンなどの主要メカやおだてブタをはじめとするコクピットメカ、さらにナレーションも担当し、劇場版では16もの役を演じた山寺さん。もちろん、山寺さんが演じたメカの数々は大河原邦男さんがデザインを担当しており、大河原さんいわく「ヤッターマン」で一番好きなメカは「2008年版の場合は、ヤッターアンコウ」とのこと。

ヤッターワン・モニュメント除幕式

 その理由として、「30年前のヤッターアンコウは上からパイロットの主役の2人が見えないんですが、(2008年版では)キャノピーにして、商品にしたときに中に2人が見えるようにデザインに落としこむのがうまくいった」と語った大河原さん。さらにお気に入りとして、「羽をつけてかなり先鋭的にして面白かった」というヤッターペリカン(2008年版)や「おだてブタのヤシの木」とまさかの“木”も。ヤシの木も大河原さんがデザインしていたとのことで、山寺さんも司会の五十嵐さんもまさかの事実に驚き、「この駅にそのうちヤシの木が立つかも」(山寺さん)という話まで持ち上がりました。

 楽しいトークショーの最後は、おなじみ「ヤッターヤッターヤッターマン!」と勝利のポーズの声を皆であげ、“ヤッターワン”山寺さんが「ヤッターワン! ワオ〜ン!」と雄たけびをあげて締めくくられました。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 「いっちょいくか、勝利のポーズ!」

 2016年、稲城長沼駅高架下に作られたガンダムとシャア専用ザクに続いて、今年も大河原メカのモニュメント設置が実現した稲城市。ガンダムにヤッターワンと日本を代表するロボットが集結し、もはや彼らがいるかぎり、悪は栄えないメカニカルな町になっていきそうです。

ヤッターワン・モニュメント除幕式 ヤッターワンと当日、イベントにやってきていた稲城なしのすけくん

(C)タツノコプロ・読売テレビ 2008 (C)K.Okawara・Jet Inoue

田下愛


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  2. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  3. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  4. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  5. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news090.jpg 古坂大魔王「暇過ぎて家をアミューズメント化」 遊具いっぱいの自宅に「子供の楽園だ!」「遊びに行っていいですか?!」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」