「これが私の答えだ」 オリラジ中田、転売撲滅のための新システムを提唱

「全ての人は救えない。しかしこれなら、キャパシティ1000以下のライブを救うことができる」

» 2017年04月26日 11時59分 公開
[宮澤諒ねとらぼ]

 チケット転売屋との徹底抗戦の姿勢を示しているオリエンタルラジオの中田敦彦さんが4月25日、現在構想中の転売撲滅のためのシステムをブログで公開しました。

中田敦彦さんのブログ 転売撲滅のためのシステムを解説(中田敦彦さんのブログから)

 4月16日に自身のブログで「オリラジ中田、チケット転売屋と大乱闘!」と題したエントリを公開し、「次のライブは、絶対に転売屋が介入できない仕組みを作る」と公言していた中田さん。今回のエントリでは、誰がなぜ損しているのかという基本的なところから、自らの考えを織り交ぜつつ説明しています。

 中田さんによると、転売問題に絡むプレイヤーは主催者・出演者・転売者・来場者の4者に分けられ、そのうち損しているのは出演者と来場者の2者。来場者は転売屋が介入することでチケットが手に入りづらくなり、それでもライブに行きたい場合は定価より高い金額を支払わなければなりません。また出演者にとっても、転売屋がチケットを売り残すことで来るはずだったファンを取りこぼすことになるだけでなく、次回の会場のキャパシティーを決めるためのデータが取れないといった問題もでてくるといいます。

 さらに中田さんは、純粋なファンだった来場者が転売屋になってしまう可能性も指摘。転売屋によってチケットの購入を阻害されたファンの中には、ファンクラブの口数を増やしてでも購入しようとして結果的に複数枚のチケットを手にしてしまい、元手回収のために定価で転売する人もいるとのこと。そういった人の中から、定価以上でも手に入れたいファンがいることに気付き、利益を求めて転売するようになる人がでてくると、図を提示しながら説明しています。

中田敦彦さんのブログ ファンが転売屋になる構造(中田敦彦さんのブログから)

 転売屋の温床となっているような販売サイトでは、こういった「ファンであり転売屋でもある人」と「転売を専業にしている人」の境界があやふやで区別がつかないことから、「表向きは区別がつかないということを隠れ蓑にして多くの高額転売を放置している可能性が高い」といいます。

 これらの問題から、来場者は「ルールを守り、転売屋からは購入しない」「どうしても行きたい場合は高額で購入することになる」という、どちらに転んでも損する状態に陥っているだけでなく、主催者の転売屋対策の1つである「本人確認」が、来場者の負荷を高めているとも。また、定価譲渡を目的とした再販サービスについても、サービスを利用するインセンティブが、高額で売りたいというインセンティブに劣ってしまっていると指摘します。

 以上の問題に対して中田さんは、チケット数に制限を設けない「ジャスト・キャパシティ・システム」という案を提唱。これは会場のキャパを決めずにチケットを販売するというもので、事前にキャパの異なる会場をキャンセル料なしという条件でいくつか仮押さえした上で、初動を見てから会場を決める方法。会場が決まれば、来場者のために会場のエリアを発表し、最終段階で座席数を確定、詳細な場所を伝えます。さらに、チケットのキャンセルを不可とし、行けなくなった人のために再販制度(「再販は1000円引きまでオーケー」とのこと)を導入することで、転売屋が損する構造を作り出すといいます。「チケットが買えない人を作らないことで転売屋を撲滅する。行けなくなった人がチケットを売る仕組みもある。空席を作らないことでライブを盛り上げる」(中田さん)。

中田敦彦さんのブログ 「ジャスト・キャパシティ・システム」の仕組み(中田敦彦さんのブログから)

 最後に中田さんは、次回のライブ会場のエリアを「舞浜」と発表。「全ての人は救えない。しかしこれなら、キャパシティ1000以下のライブを救うことができる。これが私の答えだ」と宣言し、転売屋撲滅への第一歩を踏み出しました。次回のライブは5月27日に開催されます。

 チケット転売については、2016年8月に、楽業界4団体、アーティスト116組、イベント24団体が大規模な共同声明を発表しています(関連記事)。中田さんは前回のエントリでこの取り組みについて触れ、「お笑い業界はその存在すら知らない丸腰状態。そして、チケット後進国お笑い業界に転売屋が流入してきたという経緯だ」と説明。警鐘を鳴らしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評