連載
» 2017年04月27日 14時18分 公開

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)(1/5 ページ)

現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。

[やしろあずき,ねとらぼ]

 こんにちは。やしろあずきです。


やしろあずきの調査

 今回の記事は前回の続きとなるので、読んでない人はぜひ読んでみてください。

 前回の記事、予想を超える反響でとても驚きました。うれしさより僕の最悪の黒歴史が大勢の人に読まれまくったという恥の方が大きかったですが。僕には。


 さて、前回は「良いネカマ」「悪いネカマ」の存在、そしてネカマ内でもコミュニティーが存在していることなどネカマの文化や、彼らがどうしてネカマをするのかなどネカマの気持ちを聞き出すことができました。

 後編では、前編でも取り上げた「悪のネカマ」の手口やネカマの見抜き方、被害の防ぎ方など、実用的な部分を取り上げていきたいと思います。

 インタビューするのは前編に引き続き中学時代の僕の純情を弄(もてあそ)んだ現役ネカマ「Cecilia」です。

やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

 前半で食らった心の傷が癒えない僕ですが、後半も頑張ってインタビューしていきたいと思います。帰ったら寝込みそう。

 それではインタビュー後編、開始です!


悪のネカマって基本的に何をするの?


やしろあずきの調査

「さて、後編では君みたいな悪ッるいネカマから身を守る方法など有意義な情報を全て聞き出したあげ句東京湾に沈めて終わろうかと思ってます」



やしろあずきの調査

「し……沈められてたまるか」



やしろあずきの調査

「まあまず『悪いネカマ』に関してなんだけど、どういったものか前編でもふんわりとは教えてもらったんだけど……具体的に言うとどんな悪事を働くの?」



やしろあずきの調査

「言ってしまえば詐欺みたいなモノですね。自分のことを女性だと偽り、周りの男性プレイヤーに(ゲーム内の)金品やアイテムなどを貢がせたりとか……そういう行為をわざと、つまり相手が自分に女性としての好意を持っていると自覚した上で行うのが悪いネカマだと思っています」



やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

「なるほど。でも基本ゲーム内部なんだよな。リアル(現実)にまで影響を与えることはそんなないのか」



やしろあずきの調査

甘い! そんなことはありません。ゲーム外にだって全然影響するんですよ。今よりは少なかったですが当時もアイテム課金、またゲーム自体の月額課金制などはありましたよね?」



やしろあずきの調査

「あった。ラグナロクオンラインも月1500円だったし」



やしろあずきの調査

そういったものも貢がせるんですよ。悪いネカマは。ゲームの月額や課金アイテムなどを甘い声で『私これ欲しいなぁ〜♪(甲高い声)』って……プリペイドカード等送金方法は当時でもいくらでもありましたから。当時、月額料金を自分の囲いに払わせていたネカマなんて腐る程いましたよ。これ、完全にリアルにも影響してますよね?」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「そうだな……月額1500円って言っても1年通せば約2万円貢いでることになるもんね。あとその声はやめろ」



やしろあずきの調査

「というか、もっとひどい事例もたくさんありますよ……悪のネカマの中でも最上位のあたりになると、普通に月の家賃とかを囲いに払わせてるネカマとか知り合いにいましたからね。月13万ぐらい」



やしろあずきの調査

「はぁ!? 1人の人が13万も払ってくれるってこと!?」



やしろあずきの調査

「その人は複数のサーバでネカマをやってて、何人も恋人がいたんですよ。で、その人たちから月に決まった額をもらっていて、それを合わせて家賃にしていたようです。実家にお金がなくて生活が厳しい上京したての女子大生っていう設定だったので



やしろあずきの調査

「うわぁ」



やしろあずきの調査

「まあ、リスク回避のために複数サーバでネカマしてるっていうのがプロですよね。面倒すぎて僕はそこまでできません」



やしろあずきの調査

「……しかし、それでもよくお金なんて渡すよね……会ったことだってないのに」



やしろあずきの調査

「まあ、これは後で話しますがうまいんですよね……自分を女性だと思わせるというか、うまく自分を下げ相手を上げて、男性の心を操るテクニックというか……」



やしろあずきの調査

マンション買ってもらうために社長に媚(こ)びるキャバ嬢かよ



やしろあずきの調査

「まさにそれです」



       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる