連載
» 2017年04月27日 14時18分 公開

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)(1/5 ページ)

現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。

[やしろあずき,ねとらぼ]

 こんにちは。やしろあずきです。


やしろあずきの調査

 今回の記事は前回の続きとなるので、読んでない人はぜひ読んでみてください。

 前回の記事、予想を超える反響でとても驚きました。うれしさより僕の最悪の黒歴史が大勢の人に読まれまくったという恥の方が大きかったですが。僕には。


 さて、前回は「良いネカマ」「悪いネカマ」の存在、そしてネカマ内でもコミュニティーが存在していることなどネカマの文化や、彼らがどうしてネカマをするのかなどネカマの気持ちを聞き出すことができました。

 後編では、前編でも取り上げた「悪のネカマ」の手口やネカマの見抜き方、被害の防ぎ方など、実用的な部分を取り上げていきたいと思います。

 インタビューするのは前編に引き続き中学時代の僕の純情を弄(もてあそ)んだ現役ネカマ「Cecilia」です。

やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

 前半で食らった心の傷が癒えない僕ですが、後半も頑張ってインタビューしていきたいと思います。帰ったら寝込みそう。

 それではインタビュー後編、開始です!


悪のネカマって基本的に何をするの?


やしろあずきの調査

「さて、後編では君みたいな悪ッるいネカマから身を守る方法など有意義な情報を全て聞き出したあげ句東京湾に沈めて終わろうかと思ってます」



やしろあずきの調査

「し……沈められてたまるか」



やしろあずきの調査

「まあまず『悪いネカマ』に関してなんだけど、どういったものか前編でもふんわりとは教えてもらったんだけど……具体的に言うとどんな悪事を働くの?」



やしろあずきの調査

「言ってしまえば詐欺みたいなモノですね。自分のことを女性だと偽り、周りの男性プレイヤーに(ゲーム内の)金品やアイテムなどを貢がせたりとか……そういう行為をわざと、つまり相手が自分に女性としての好意を持っていると自覚した上で行うのが悪いネカマだと思っています」



やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

「なるほど。でも基本ゲーム内部なんだよな。リアル(現実)にまで影響を与えることはそんなないのか」



やしろあずきの調査

甘い! そんなことはありません。ゲーム外にだって全然影響するんですよ。今よりは少なかったですが当時もアイテム課金、またゲーム自体の月額課金制などはありましたよね?」



やしろあずきの調査

「あった。ラグナロクオンラインも月1500円だったし」



やしろあずきの調査

そういったものも貢がせるんですよ。悪いネカマは。ゲームの月額や課金アイテムなどを甘い声で『私これ欲しいなぁ〜♪(甲高い声)』って……プリペイドカード等送金方法は当時でもいくらでもありましたから。当時、月額料金を自分の囲いに払わせていたネカマなんて腐る程いましたよ。これ、完全にリアルにも影響してますよね?」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「そうだな……月額1500円って言っても1年通せば約2万円貢いでることになるもんね。あとその声はやめろ」



やしろあずきの調査

「というか、もっとひどい事例もたくさんありますよ……悪のネカマの中でも最上位のあたりになると、普通に月の家賃とかを囲いに払わせてるネカマとか知り合いにいましたからね。月13万ぐらい」



やしろあずきの調査

「はぁ!? 1人の人が13万も払ってくれるってこと!?」



やしろあずきの調査

「その人は複数のサーバでネカマをやってて、何人も恋人がいたんですよ。で、その人たちから月に決まった額をもらっていて、それを合わせて家賃にしていたようです。実家にお金がなくて生活が厳しい上京したての女子大生っていう設定だったので



やしろあずきの調査

「うわぁ」



やしろあずきの調査

「まあ、リスク回避のために複数サーバでネカマしてるっていうのがプロですよね。面倒すぎて僕はそこまでできません」



やしろあずきの調査

「……しかし、それでもよくお金なんて渡すよね……会ったことだってないのに」



やしろあずきの調査

「まあ、これは後で話しますがうまいんですよね……自分を女性だと思わせるというか、うまく自分を下げ相手を上げて、男性の心を操るテクニックというか……」



やしろあずきの調査

マンション買ってもらうために社長に媚(こ)びるキャバ嬢かよ



やしろあずきの調査

「まさにそれです」



       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声