やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)(1/5 ページ)

現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。

» 2017年04月27日 14時18分 公開
[やしろあずきねとらぼ]

 こんにちは。やしろあずきです。


やしろあずきの調査

 今回の記事は前回の続きとなるので、読んでない人はぜひ読んでみてください。

 前回の記事、予想を超える反響でとても驚きました。うれしさより僕の最悪の黒歴史が大勢の人に読まれまくったという恥の方が大きかったですが。僕には。


 さて、前回は「良いネカマ」「悪いネカマ」の存在、そしてネカマ内でもコミュニティーが存在していることなどネカマの文化や、彼らがどうしてネカマをするのかなどネカマの気持ちを聞き出すことができました。

 後編では、前編でも取り上げた「悪のネカマ」の手口やネカマの見抜き方、被害の防ぎ方など、実用的な部分を取り上げていきたいと思います。

 インタビューするのは前編に引き続き中学時代の僕の純情を弄(もてあそ)んだ現役ネカマ「Cecilia」です。

やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

 前半で食らった心の傷が癒えない僕ですが、後半も頑張ってインタビューしていきたいと思います。帰ったら寝込みそう。

 それではインタビュー後編、開始です!


悪のネカマって基本的に何をするの?


やしろあずきの調査

「さて、後編では君みたいな悪ッるいネカマから身を守る方法など有意義な情報を全て聞き出したあげ句東京湾に沈めて終わろうかと思ってます」



やしろあずきの調査

「し……沈められてたまるか」



やしろあずきの調査

「まあまず『悪いネカマ』に関してなんだけど、どういったものか前編でもふんわりとは教えてもらったんだけど……具体的に言うとどんな悪事を働くの?」



やしろあずきの調査

「言ってしまえば詐欺みたいなモノですね。自分のことを女性だと偽り、周りの男性プレイヤーに(ゲーム内の)金品やアイテムなどを貢がせたりとか……そういう行為をわざと、つまり相手が自分に女性としての好意を持っていると自覚した上で行うのが悪いネカマだと思っています」



やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

「なるほど。でも基本ゲーム内部なんだよな。リアル(現実)にまで影響を与えることはそんなないのか」



やしろあずきの調査

甘い! そんなことはありません。ゲーム外にだって全然影響するんですよ。今よりは少なかったですが当時もアイテム課金、またゲーム自体の月額課金制などはありましたよね?」



やしろあずきの調査

「あった。ラグナロクオンラインも月1500円だったし」



やしろあずきの調査

そういったものも貢がせるんですよ。悪いネカマは。ゲームの月額や課金アイテムなどを甘い声で『私これ欲しいなぁ〜♪(甲高い声)』って……プリペイドカード等送金方法は当時でもいくらでもありましたから。当時、月額料金を自分の囲いに払わせていたネカマなんて腐る程いましたよ。これ、完全にリアルにも影響してますよね?」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「そうだな……月額1500円って言っても1年通せば約2万円貢いでることになるもんね。あとその声はやめろ」



やしろあずきの調査

「というか、もっとひどい事例もたくさんありますよ……悪のネカマの中でも最上位のあたりになると、普通に月の家賃とかを囲いに払わせてるネカマとか知り合いにいましたからね。月13万ぐらい」



やしろあずきの調査

「はぁ!? 1人の人が13万も払ってくれるってこと!?」



やしろあずきの調査

「その人は複数のサーバでネカマをやってて、何人も恋人がいたんですよ。で、その人たちから月に決まった額をもらっていて、それを合わせて家賃にしていたようです。実家にお金がなくて生活が厳しい上京したての女子大生っていう設定だったので



やしろあずきの調査

「うわぁ」



やしろあずきの調査

「まあ、リスク回避のために複数サーバでネカマしてるっていうのがプロですよね。面倒すぎて僕はそこまでできません」



やしろあずきの調査

「……しかし、それでもよくお金なんて渡すよね……会ったことだってないのに」



やしろあずきの調査

「まあ、これは後で話しますがうまいんですよね……自分を女性だと思わせるというか、うまく自分を下げ相手を上げて、男性の心を操るテクニックというか……」



やしろあずきの調査

マンション買ってもらうために社長に媚(こ)びるキャバ嬢かよ



やしろあずきの調査

「まさにそれです」



       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評