コラム
» 2017年05月01日 06時00分 公開

新生活になじめない人へ ストレスを減らすための4つのポイント

環境の変化に戸惑うことも多い新生活。ストレス軽減のポイントを臨床心理士が解説します。

[みらー,ねとらぼ]

 春は進級や進学、就職や転勤など、大きく環境が変化して新しい生活がスタートする時期です。そんな新生活が始まって約1カ月がたちましたが、今までとは違う人間関係などの変化に、いまだになじめていないという人も多いのではないでしょうか。

 新しい環境や生活というのは希望や期待もある反面、かなり大きなストレスがかかります。それで落ち込んでしまったり、憂鬱になったり疲れてしまう人も出てきます。

 では、こうした新生活にまつわるメンタルや身体の不調は何が原因で起きていて、またどうやってつきあっていけばいいのでしょう。今回はそんな新生活の過ごし方の話です。

臨床心理士みらー プロフィール

みらー

 大学院修了後、専門学校の非常勤講師および、高校のスクールカウンセラーを勤め、同時期に教育機関での心理相談員および不登校対策事業の心理相談担当を歴任。

 現在は悩み相談掲示板サイト「ココオル」で相談員を務めるほか、活動領域を青年期支援に移し、地域若者サポートステーションにて若者支援も行い、年間のカウンセリングは1000件以上行い、相談支援に定評がある。


新生活でメンタルの不調が起きる理由

 新生活はストレスがかかりやすく、心身に不調が出やすいということは皆さん経験的に知っていると思います。実際のところ、こうした不調はどうして起きるのでしょうか。

 人間には「ホメオスタシス」という自分を一定の状態に保とうとする機能が備わっており、あまり変化を好まない性質があります。しかし、新生活では自分を取り巻く環境が大きく変わるため、その変化に慣れるまではちょっとしたことが心身の負担になり、ストレスがかかります。

 結果、自律神経に大きな負担がかかり、不調を引き起こしてしまいます。これは悪い変化のときばかりに起こるわけではなく、周りの人にとってはうらやましく見えるような良い環境変化であったとしても、本人にとって負担となってしまう場合があるのです。

メンタルの不調を抑え、新生活をうまくやっていくには

 環境変化が起きた場合、ある程度時間をかければほとんどの場合適応していくことが可能です。しかし、それまでの間は心身に負担がかかりますし、適応する前に不調でうまくいかなくなってしまうこともありえます。

 今回は、環境変化によって起きるストレスや不調を軽減してなんとかやっていく方法をいくつか紹介します。

(1)予言の自己成就――なんとかなるという気持ちを持つ

 新生活というのは住む場所や人間関係等、未知の世界が広がっているものです。こういうときは誰でも、慣れないことをしていくわけですから不安になります。

 通常であれば、人間は新しい環境に適応できるので、それを待てばよいのですが、それまでに「どうにもならない」と思い込んでしまうと、本当にどうにもならなくなってしまうことがあるのです。

 この現象は、心理学では「予言の自己成就」と呼ばれています。これは、こうなるという思い込み(予言)を持ってしまうと、人はその思い込みに沿った行動を取ってしまい、実際にその思い込みが現実のものとして成就してしまうということです。

 しかし、この予言の自己成就はプラスの思い込みにも作用しますから、つらくなったときはまず、「今はつらいけれど、誰でも最初はつらくなるし当たり前。そのうちなんとなかる」と考えを変えるようにしてみましょう。

(2)変化しない部分を作る

 新生活でかかるストレスは、変化に対して適応しようとする負荷によって起こります。ですから、変えなくていい部分に対してはなるべく変化をしないようにすると、負担を軽減できます。

 例えば通勤、通学中はいつも聞いていたお気に入りの音楽を聴いたりゲームをしたりする、家族や友人と接して連絡を取る時間をしっかり確保する、いつも見ていたテレビやいつも食べていた料理、部屋の小物等々前から使っていたものを用意するなど、生活の変化を少なくするとストレスを軽減できます。

 また、生活リズムが崩れると心身の不調につながりますから、なるべく生活リズムを変えないように意識することも効果的です。

(3)自分なりのリラックスするための手段を身につける

 新生活で起きる不調はストレスによるものです。ですのでストレスを解消してしまえば、ある程度の不調は軽減できます。

 ストレスを解消するにはいろいろな方法がありますが、例えば休日には思い切り羽根を伸ばすなどのごく当たり前の方法から、趣味に打ち込んだり、散歩などの軽い運動をしたり、十分な休息を取る、好きな音楽を聴く、ゆっくりお風呂に入る等の自分の心身をリラックスすることに時間を使うと、ストレスが軽減し、新生活を楽に過ごしていくことができます。

(4)新生活に楽しみを見つける

 人間は、ストレスとは逆の楽しいことに出会うと、心身も良い方向に向かうものです。環境変化はストレスがかかることでもありますが、一方で新しい刺激に触れたり発見があったりと、良い変化やチャンスが起きることもあります。

 ですので、新生活で新しい環境に身を置いたら、新しいお店を探してみたり、新しい人間関係を探してみたりするのも良いでしょう。すると新しい出会いや発見があるかもしれません。


 環境が変わるということは悪いことばかりではありません。いままで行ったことがない場所や会ったことがない人、見たことがないもの等、いろいろなものと出会うことができ、自分の人生にとって良い方向に向かうような要素もたくさんあります。

 みなさんもこういった対処法で新生活のストレスを軽減しながら、新しい刺激や楽しみを見つけていっていただければと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声