ニュース
» 2017年05月11日 18時52分 公開

はいだしょうこ画伯、11年ぶりにNHKで「スプー」描く 画伯「お子さんが泣かなければいいな」

5月10日放送「あさイチ」でまさかの画伯スプー再来。NHKアナから「前回の事件もありましたけれども」と名言も飛び出す神回に。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 孤高の絵心から“はいだ画伯”の異名をもつタレント・はいだしょうこさん。5月11日にNHKの情報番組「あさイチ」にゲストで生出演したのですが、画伯の名を知らしめるきっかけとなった「スプー」の絵を、11年ぶりに公共の場で披露しました。まさかあの伝説を自分たちの手で蘇らせてくれるとは、NHKさんありがとうございます!

スプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶりスプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶり はいだ画伯のスプーを再現したイラスト(編集部作成)。左が11年前、右が今回

 「スプーのえかきうた事件」が起こったのは2006年、はいださんがNHK教育番組「おかあさんといっしょ」で「うたのおねえさん」役を務めていたころ。絵描き歌に合わせて人形劇のキャラであるスプーを描いたところ、実物からかけ離れた何かを生み出してしまいます。隣にいた「うたのおにいさん」も笑いをこらえきれず「画伯……!」とコメントしてしまう始末。

スプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶりスプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶり 左のようなスプー(写真はコナミの商品「おはなしスプー」)を、右のように描いた

 ネットは「放送事故レベル」と震撼し、これを機にはいださんの画才が知れ渡ることに。番組卒業後、バラエティ番組、CM、LINEスタンプ(関連記事)と各方面で腕をふるっていきます。

 今回「あさイチ」ではスタジオで生出演しながら、世田谷でのロケ映像を放送。どら焼きに絵をつける和菓子店を紹介するのですが、そこで画伯もお絵かきに挑戦します。鉄板に生地をしぼって絵を描き、上から生地を重ね、焼き色の差を利用して絵をつけるもの。

スプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶり 番組に登場した亀屋の「招き猫どら焼き」(せたがやいち販売ページより)。鉄板に生地をほそくしぼって絵を描き、しばらく焼いたあとまた生地を重ねると、このように焼き色でイラストがつくというもの

 画伯はまずNHKのキャラ「どーもくん」を描き、「オシャレだから」と本来はない水玉模様を体中につけ加えてスタジオに衝撃を与えます。その後、司会の有働由美子アナウンサーとイノッチ(井ノ原快彦)さんをモチーフという名の犠牲に。「これは冠ですか?」「髪の毛です」という会話が成立する迷作を生み出しました。どら焼きでのお絵かきなので、ペンと違って絵柄が変わりすぎやしないか心配されましたが、画伯のセンスは筆を選ばず。

 そして最後、まさかのスプーを公開。ロケに同行した佐藤俊吉アナウンサーが現場でリクエストしたそうです。佐藤アナ、いい仕事しすぎです。

スプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶりスプー はいだしょうこ 画伯 あさイチ 11年ぶり どうしてこうなった

 フリップをめくって絵が披露されると、スタジオから笑いと戸惑いが。前回は焦点が定まっていなかった両目が今回は定まっていたりと、11年前の作品にあった凶暴さがどこか和らいでいます……が、また種類の違う狂気が横たわっています。両耳は相変わらず触手のようだったりと、画伯ならではの筆致もところどころに健在。画伯のスプーだ。おかえり、スプー!

 「前回の事件もありましたけれども、今回はどうでしたか?」と佐藤アナに聞かれると、「そうですね。これを見てお子さんが泣かなければいいなと思いますが」と苦笑したはいだ画伯。NHKにとってもやはりあれは事件だったことも判明した、はいだ美術史に残るであろう神回となりました。

黒木貴啓


関連キーワード

NHK | イラスト | 事故 | 芸術 | 芸能人 | 名言 | 公共


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる