やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)(1/4 ページ)

日本一「中二病」と触れ合うことが多い職業、現役中学教師に突撃取材。

» 2017年05月13日 12時00分 公開
[やしろあずきねとらぼ]

 こんにちは。やしろあずきです。


やしろあずきの調査

 さて、皆さまは「中二病」をご存じでしょうか。

 ここを見に来ているような人であればたいていの人は知っていると思うのですが、一応説明をしておくと中二病とは、

「中学2年生頃(ごろ)の思春期に見られる、背伸びしがちな言動を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄(やゆ)したネットスラング」(Wikipediaより)

……というものらしい。ちなみに「病」と付いていますが医学的な意味での病気や精神疾患とは関係ないそうです。詰まるところただの痛い人ということです。

 まあ、授業中にテロリストが教室に押し入って来た所を自分が救世主となり皆を救う妄想だとか、格好良いと思って眼帯を付けてみたりだとか、マッキーで身体中にタトゥーもどきを描いてみたりだとか、自分は堕天使の生まれ変わりだと本気で思い込んだりとか……。

やしろあずきの調査 男の子は誰もがこの妄想してると思う

 こういったこともまとめて「中二病」と言ってしまえると思います。読者の皆さまも何か思い当たることがあるのではないでしょうか。

 ……ちなみに上記にあげた例の眼帯とマッキータトゥーと堕天使は全部僕のことです。

 そう、ぶっちゃけもう僕の記事を読んでくれている人は十分すぎるほど知っているとは思うんですが、僕は中学時代生粋の、純度100%の中二病罹患者だったのです。

やしろあずきの調査 中学2年生ごろの僕

 さて、そんな中二病のスペシャリストであった僕は思ったのです。

 「中二病ってWikipediaにも書いてあるように中学2年生ごろの思春期になったら絶対発症するものなのか?」と。

 ちなみに僕が完全なる中二病として開花したのは小学生気分が抜けきった中学2年生ごろ。そのときにつるんでいた当時僕が神聖騎士団員と呼んでいた中二病仲間たちも大体皆中学2年ごろに中二病としての道を歩み始めていました。

 だけど! よくよく思い返してみるとクラスメイトの中には全く中二病っぽくない奴も多数存在していたと思うんですよ。手に紋章が描いてない昼休みにバスケとかやってて女の子にキャーキャー言われてるような奴とか。

 それってつまり「中学2年になっても中二病を発症していない人間」もいる可能性があるということですよね? もしそうだとすれば中二病にならずに済む方法だってあるに違いありません。

 僕だってそりゃ放課後体中にマッキーで紋章を描いたらそれが落ちず、しょうがなくそのまま家に帰ってる途中に別中のヤンキーにめちゃくちゃ絡まれるような中学生活よりは、昼休みにバスケをやって女子にモテる中学生活を送りたかったです。

やしろあずきの調査 50円取られました

 もし……もし中二病にならずに済む方法があるならそれを広めて1人でも多く僕のような被害者を減らしたい……。

 そこでまず、偶然同窓会で遭遇してLINEを交換していた、実際に中学時代昼休みにバスケをやって女子にモテてたタイプの元同級生中二病じゃなかったのか、もしそうであればなんで中二病にならずに済んだのかを直接聞いてみることにしました。


やしろあずきの調査

 本人的には中二病だった自覚があるらしいが、さて……。


やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

 はい。想像以上にアレなことをカミングアウトされたので、会話はここまでにしました。

 なるほど、僕とはまた別ジャンルの所で彼も黒歴史を量産していたようです。

 これも完全に中二病の一種だと思って良いと思います。マジでLINEブロックしそうになったわ。



 ……ということで、その他数人の元同級生にも同じように話を聞いてみたのですが、皆が皆一見中二病とは無縁そうだったけど実は割と中二病してたことが分かりました。

 やはり中二病とは中学2年生からは切っても切り離せない存在なのでしょうか。

 人により程度の違いはあれど、中学2年生に進級するとともに今後の人生にずっと付きまとう汚点を作ってしまうことを人は諦める他ないのでしょうか……?


 ……いや、そんなハズはない。

 きっと中学2年になっても中二病を発症せず、まっさらな気持ちでスクールライフを楽しんでいる中学生だっているはずです!!

 でもそんな中学生どうやって探せば……むしろ中二病はなんで中学2年生に発症するんだろう……いろいろ聞いてみたい……一体誰に聞けば……。

 中二病に詳しい……中学生に詳しい……中学生と常に一緒にいる……ん? そうか……そうだ!!!


 先生に聞こう!!!


 ……というわけで!!! 中二病を発症しない中学生はいるのか、中二病とはそもそも一体なんで発症するモノなのかなどなど……中二病について気になるアレやコレを……

現役中学教師の方に聞いてみることにしました!!!

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」