ニュース
» 2017年06月01日 16時00分 公開

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム

子どもと盛り上がれそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 ソニーが体験型のトイ・プラットフォーム「toio」を発表しました。自走できるキューブ型のロボット2個に、充電器を兼ねた本体コンソールやコントローラーが付属。順次販売される対応タイトルと組み合わせることでさまざまな遊び方ができるのが特徴。

動画が取得できませんでした
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム コンソールにキューブをはめ込むことで充電することができる(画像はYouTubeより

 キューブの上に自由に創作したペーパークラフトを装着することで、操作できるロボットの形は自由自在。キューブにはソニーが独自開発した「絶対位置センサー」が搭載されており、専用マットの上では正確にルールに沿ったゲームプレイが可能に。マット上ではキューブ同士がお互いの位置も認識するため、シンクロした動きや、磁石のように反発する動きなど、意外性あふれる動作を実現しています。また、キューブに指示を与える専用シールを用いることで、マット外でも遊ぶこともできます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム キューブがシール上を通ると支持を認識する

 発表会が行われた東京おもちゃショー2017には、プロジェクトリーダーの田中章愛さんが登壇。当初は天井にカメラを設置するなど大掛かりな機器を必要としましたが、開発を進める中でマットに用いる印刷技術や、それを読み取ることができるセンサーなど、技術的なブレイクスルーがあり、製品化への道が開けたとのこと。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 製品を紹介するプロジェクトリーダーの田中章愛さん

 本体コンソールにゲームカートリッジを差し込むことで、異なる遊びが可能に。現在発表されているのは「トイオ・コレクション」と「工作生物 ゲズンロイド」の2作。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム カートリッジを差し込むことでゲームがプレイ可能

 「工作生物 ゲズンロイド」ではキューブをペーパークラフトと組み合わせることで、キューブがふしぎな“工作生物”に変身。目玉を取り付けたキューブにもう片方のキューブを追いかけさせたり、2個のキューブがまるで1体の昆虫のように動いたりと、予想外の動きで楽しませてくれます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム ハサミでチョキチョキ
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲームソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム ふしぎな生物に変身
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲームソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 目玉が付いたキューブがもう片方を追尾

 「トイオ・コレクション」ではおはじきを用いたシューティング・ゲームのような遊びや、カスタマイズしたキューブ同士を戦わせるロボコンのようなバトルなど、複数のミニゲームを搭載。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム キューブを改造してバトルもできる

 また、コントローラーの「toioリング」はその名の通りつり革のような形をしており、従来のゲームコントローラーとはかなり違った形状。片手で操作ができるため、操作中にもう片方の手でキューブを触って遊ぶことができる上、一時的に腕にかけて両手でキューブを触ることもできます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 特殊なかたちのコントローラー

 「toio」本体と「トイオ・コレクション」「工作生物 ゲズンロイド」は12月1日発売予定で、いずれもオープン価格。市場推定価格は本体が2万円前後、「トイオ・コレクション」が5000円前後、「工作生物 ゲズンロイド」が4000円前後になると見られます。ゲームに使用されるマットやクラフトの解説図などは各ゲームソフトに同梱されます。また、レゴがパートナー企業として名乗りを上げており、公式通販ではレゴ製品がバンドルされた初回限定セットの予約も受付中です。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム いろいろな形に改造できる

動画が取得できませんでした

関連キーワード

ソニー | IoT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  2. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  7. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  8. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  9. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声