ニュース
» 2017年06月01日 16時00分 公開

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム

子どもと盛り上がれそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 ソニーが体験型のトイ・プラットフォーム「toio」を発表しました。自走できるキューブ型のロボット2個に、充電器を兼ねた本体コンソールやコントローラーが付属。順次販売される対応タイトルと組み合わせることでさまざまな遊び方ができるのが特徴。

動画が取得できませんでした
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム コンソールにキューブをはめ込むことで充電することができる(画像はYouTubeより

 キューブの上に自由に創作したペーパークラフトを装着することで、操作できるロボットの形は自由自在。キューブにはソニーが独自開発した「絶対位置センサー」が搭載されており、専用マットの上では正確にルールに沿ったゲームプレイが可能に。マット上ではキューブ同士がお互いの位置も認識するため、シンクロした動きや、磁石のように反発する動きなど、意外性あふれる動作を実現しています。また、キューブに指示を与える専用シールを用いることで、マット外でも遊ぶこともできます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム キューブがシール上を通ると支持を認識する

 発表会が行われた東京おもちゃショー2017には、プロジェクトリーダーの田中章愛さんが登壇。当初は天井にカメラを設置するなど大掛かりな機器を必要としましたが、開発を進める中でマットに用いる印刷技術や、それを読み取ることができるセンサーなど、技術的なブレイクスルーがあり、製品化への道が開けたとのこと。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 製品を紹介するプロジェクトリーダーの田中章愛さん

 本体コンソールにゲームカートリッジを差し込むことで、異なる遊びが可能に。現在発表されているのは「トイオ・コレクション」と「工作生物 ゲズンロイド」の2作。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム カートリッジを差し込むことでゲームがプレイ可能

 「工作生物 ゲズンロイド」ではキューブをペーパークラフトと組み合わせることで、キューブがふしぎな“工作生物”に変身。目玉を取り付けたキューブにもう片方のキューブを追いかけさせたり、2個のキューブがまるで1体の昆虫のように動いたりと、予想外の動きで楽しませてくれます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム ハサミでチョキチョキ
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲームソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム ふしぎな生物に変身
ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲームソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 目玉が付いたキューブがもう片方を追尾

 「トイオ・コレクション」ではおはじきを用いたシューティング・ゲームのような遊びや、カスタマイズしたキューブ同士を戦わせるロボコンのようなバトルなど、複数のミニゲームを搭載。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム キューブを改造してバトルもできる

 また、コントローラーの「toioリング」はその名の通りつり革のような形をしており、従来のゲームコントローラーとはかなり違った形状。片手で操作ができるため、操作中にもう片方の手でキューブを触って遊ぶことができる上、一時的に腕にかけて両手でキューブを触ることもできます。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム 特殊なかたちのコントローラー

 「toio」本体と「トイオ・コレクション」「工作生物 ゲズンロイド」は12月1日発売予定で、いずれもオープン価格。市場推定価格は本体が2万円前後、「トイオ・コレクション」が5000円前後、「工作生物 ゲズンロイド」が4000円前後になると見られます。ゲームに使用されるマットやクラフトの解説図などは各ゲームソフトに同梱されます。また、レゴがパートナー企業として名乗りを上げており、公式通販ではレゴ製品がバンドルされた初回限定セットの予約も受付中です。

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム いろいろな形に改造できる

動画が取得できませんでした

関連キーワード

ソニー | IoT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」