連載
» 2017年06月07日 11時00分 公開

幹事必見! クイズ王イザワが教える「絶対にスべらない余興クイズ」の作り方(1/2 ページ)

クイズ王が説く「余興王」への道。

[伊沢拓司,ねとらぼ]

 こんにちは、自称クイズ王の伊沢です。先日「東大王」というテレビ番組で優勝して他称東大王の自称クイズ王となりました。

 突然ですが、「余興」ってつまらなくないですか? 宴会とか交流会でやる、あの余興です。

 春には多くの交流会が開かれますから、そのような経験をされた方も多いでしょう。6月には結婚式も増えます……まさに前門の虎、後門の狼!

 一発芸大会なら見ている分にはまだいい。でも、クイズ大会などは幹事の腕がモロに反映されて、キツいものはキツい。参加者同士も遠慮しあって会話が弾まない。「わ、分かります?」「いや〜……ちょっと」みたいな。

 でもいいの。つまらなくてもそこそこ知り合いと打ち解けることはできるから。宴会を企画した感は出るから。それでも残る、「あ、余興ね。ウンウン分かった、参加したろうじゃないの」という雰囲気。

 参加者ならまあいいとして、いざ自分が幹事に回ると、気になるものですよね。

 やるからには成功させたい。あわよくば後輩女子から「面白かったです〜!」なんていわれてイイ感じの会話に持っていきたい。

 ということで、クイズ大会の開催経験も豊富な私・伊沢が、スベらない余興クイズ大会のやり方をここで伝授いたしましょう! この通りにやれば交流が深まること請け合い、全国津々浦々の宴会幹事様必見でございます!

「短く」て「仲間はずれを作らない」企画は成功する!

 つまらないとはいえ、「マジで引いた」「途中で帰りたくなった」という露骨にダメな余興クイズってない気がします。

 「余興 クイズ つまらない」などと検索しても、出てくるのは結婚式の話がメイン。しかも、クイズ大会が激しくやり玉に上がるようなケースはほとんどありませんでした。

 じゃあ逆に、面白い余興クイズはあるのか? と思い、「余興 クイズ 面白い」で検索してみましたが、こちらも成果なし。ほとんどがやり方を指南する内容ばかりで似たり寄ったり。「最高の余興だったぜ!」的な体験談はありません。

 つまるところ、余興でやるクイズ大会は「ビミョー」なケースが多いわけです。でも、楽しみにはしてたから、48点かなぁ……みたいな。

 寝た子を起こすな感もありますが、逆にいえばここで結構いい企画をすれば、目立つこと間違いなしです。がぜん余興でクイズをやりたくなってきました。

 とはいえ、最低限ドン滑りしないことは大切。いろいろな先達の挑戦を(Webで)確認し、僕が達した「微妙につまらないクイズの原因」は主に以下の2つです。

(1)問題のバランスが悪い、問題がつまらない

(2)参加しづらい、やる気が出ない

さて、これらをマジメに、クイズ王的に解説していきましょう。

 まず(1)。多くの余興は、会社なり身内なりのパーソナルな問題と、一般常識や芸能知識などの問題をミックスして行われます。ここで、内輪ネタが多すぎたり、一般常識が難しすぎたりして、分からない問題が連続してしまうと白けます。逆にカンタンすぎても差がつかないのでダレますよね。ある掲示板に「結婚式で新郎新婦が所属していたサークルに関するクイズばかりが出て白けた」という書き込みを見つけ、人ごとながら「これは恐ろしい……」と思いました。

 次に(2)。多くのクイズ余興はチーム戦で行われていますが、チームの人数が多いと自然と参加できない人が出てきます。また、得点の状況が分からなかったり、やたら長くテンポが悪かったり、というのも致命傷です。このあたりのことって、準備段階では気付きづらいので意外とやりがちなミスなんです。

 これらを総合すると、大事なのは「短さ」と「仲間はずれを作らない」ことだといえます。知らない問題が長く続くことやそもそも問題数が多い事態はダレを生みます。一部だけが盛り上がっているパターンや参加しなくてもいい人が出てくる場合も、空気がよどんできます。

 最低限、このあたりを避けることができれば企画としては成立するのではないでしょうか。

 え、ちょっとマジメすぎる? いやいや、余興王への道は険しくツラいもの。論点がずれていても気にせず邁進(まいしん)です。しかもここまではまだ最低限レベル。いよいよここから「クイズ王流」のメソッドを発揮していきます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」