ニュース
» 2017年06月18日 15時00分 公開

大人気打ち切りマンガ『ポプテピピック』 ポプ子とピピ美のキュートさを見直したいあのキャラに花束を

ピュアな中学生の青春友情物語、かもしれない。

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 SECOND SEASONの表紙は赤ちゃん。

 スラップスティックナンセンス4コマ『ポプテピピック』大川ぶくぶ)。大人気です。版元の竹書房さんいわく、LINEスタンプは単行本より売れているという事実があるほどの人気っぷり(関連記事)。コラボカフェが開かれたり、グッズが販売されたり、アニメ化まで決定しました。でも「SECOND SEASON」は最終回を迎えました。

 今回は憎いあンちくしょうな2人組、ポプ子(丸い方)とピピ美(長い方)をご紹介。

「ポプテピピック」ってなんなん?

 「ポプテピピック」は、ネットとの相性がかなりいい。というのも、パロディーネタが多く、煽り力がとても高いからです。

 有名なのは、「NEW GAME!」の「今日も一日がんばるぞい」をまんまパクったネタ。


画像 ぞい(1巻P23)

 竹書房のコメントは「まさか身内からこんな恥知らずが出るとは」。1巻では「ラッスンゴレライ」や「うまるちゃん」などを、2巻では「ポケモンGO」「セクシーに塩をふる人」など新鮮なネタを、堂々と使用。なお「がんばるぞい」は相当ポプ子のお気に入りなのか、あらゆるバリエーションで何度も使っています。元の『NEW GAME!』は1回しか使ってないのに。

 この攻めの姿勢、スタンプ化したときの使い勝手が尋常じゃなく良い。「二度とやらんわこんなクソゲー」「そういうの一番きらい」「クソリプ」「君さぁ、プライドなさすぎちゃう?」これは押したくなる。基本全方向にケンカを売る、オラオラヤンキー感がたまりません。ぼくは主に、格ゲ―のオンライン対戦で煽るために使っています。

意外とさみしがりやのポプ子

 単純に見た目がかわいらしい2人。マンガが回を重ねるごとに、思ったより(失礼)人間っぽい部分があるのが見えてきます。

 まず、暴れん坊ポプ子。このマンガで最初にトンチキなことをやらかすのはこっち。パクリを我慢できないのもこっち。竹書房を破壊したのもこっち。

 そんな彼女、かなりのさみしがりや。ピピ美にかまってほしくてしかたない。


画像 今のジョブはこれ!(1巻P82)

 何かしらパロディーやギャグを言い出すのは彼女の方。1人の時でも大暴れする彼女ですが、2人いるときはピピ美とキャッチボールをするかのような信頼関係でトークを繰り広げます。

 なので、たまーにピピ美が話を聞いていない場合、ものすごくかまってちゃんになる。上のページの会話の仲の良さ、2人が14歳だったのを思い出させてくれます。


画像 流されたー(2巻P36)

 世の中のチャラチャラした風潮と「サブカルクソ女」が大嫌いなポプ子。ところがピピ美が肯定すると、するっと流されがち。どうやら「自分の好き嫌い<ピピ美」のよう。

 ポプ子のあらゆる罵倒は、ピピ美と楽しく過ごすための理由なんじゃないか、という気すらしてきます。子どもが母親に甘えているような。

 ピピ美に「私のほうが先に大人になっちゃったらどうするか考えといて」と言われたとき、ぼうぜん自失となる彼女。普通に幼くてかわいい。ピピ美をつついて笑わせて喜ぶポプ子なんて、本当に純な少女です。


画像 貴重な、たどたどしいポプ子(2巻P62)

 ピピ美になにかあると、かなり心配するポプ子。けがをしたとき、はぐれたとき。普段は(パロディーネタのプレッシャー以外は)不安を抱いた生活をしていないだけに、ピピ美に対してだけ心が揺らぐ彼女の姿は、印象に残ります。

母なる大地ピピ美

 一方ピピ美の安定感はちょっとすごいものがある。ピピ美は1巻最序盤で、ポプ子に「いっぱいちゅき」と告白済み。のんきなので、1巻最終回でも竹書房は壊していません。

 ポプ子がノリと勢いで動いているのに対し、かっちり考えて動くのがピピ美。ポプ子を喜ばせるだけのために、踊りやスモークなど登場演出を準備するほどの、生粋のエンターテイナーです。

 やんちゃにネタをふってくるポプ子の暴投気味な話題を、しれっと受け止めてさらに面白くさせる。何回か格闘ゲームの当身(餓狼のギースとGGのアクセル)ネタを彼女がやっているのは、彼女の性格そのもの。

 ポプ子のことはものすごくかわいがっており、彼女がちょっとでもバカにされようものなら、相手をぶっ殺しかねない一面も。一緒にいるときはいろいろ考えた上で、ポプ子(ピピ美はポプちんと呼ぶ)が喜ぶベストを選び続けています。


画像 エイサァァーイハラマスコーイ(1巻P110)

 ピピ美はポプ子以上に世間に辛辣。なんだけども、ポプ子を悲しませることだけはしない。もっともポプ子もタフなので、よっぽどのことがない限り文句言っても負けませんが、一線は踏まえている。

 「エイサイハラマスコイおどり」をポプ子が考えたとき、さすがに流行らないのはわかっていても、ピピ美は喜んでほしいから、肯定しました。まれにピピ美のツッコミでポプ子が泣くこともありますが、そこもきっちりフォローします。友人……母と子……いやおばあちゃんと孫みたいだ。


画像 2人の関係がものすごくよく出てるシーン(2巻P89)

 2人の性格がかなりはっきり出ているのが、第295回。「これしってる?」とネタフリをしてきたポプ子、彼女としてはオチとして「ロードローラーだッ」(「ジョジョの奇妙な冒険」のDIOのパロディー)をするつもりだった。ところがネタを言う前に、自分でネタに笑ってしまった。それを見たピピ美「かっわいい〜」。これが「割れ鍋に綴じ蓋」な関係なんだろうなあ。

 2人の友情青春物語としてみると、シュールなネタも、仲を深めるいいエッセンスなのではないかとすら思えてしまうのです。



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」