ニュース
» 2017年06月19日 14時55分 公開

モルモットの名前をディープラーニングで命名 保護施設からの依頼に研究者が二つ返事で応える

まさかの活用方法。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 自動運転技術や囲碁プログラムの「AlphaGo」など、さまざまな分野でめざましい発展を続けているディープラーニング。とうとうモルモットの命名までお任せできるようになったようです。

モルモットの名前をディープラーニングで命名 まさかのディープラーニング活用術

 モルモットを命名してくれる人工知能を発表したのは、ボルダーノンリニアシステムズ研究者のJanelle Shaneさん。Janelleさんは過去にもニューラルネットワークを用いてメタルバンドのバンド名ポケモンの名前を自動生成するユニークな人工知能を作り話題を集めていました。そんなJanelleさんにコンタクトを取ったのが、「ポートランド モルモット レスキュー(Portland Guinea Pig Rescue)」。

 同レスキューでは日々たくさんのモルモットを保護し、ペットとして飼ってくれる引き取り手を探しています。しかし保護した中には名前がついていないモルモットも多く、また既に名前が付いている場合でも新しい引き取り手が見つかりやすくなるよう改名を行うこともあり、命名のためにいつも頭を悩ませていました。

 「モルモットを命名するニューラルネットワークを作ったことはありますか?」という一見するといたずらのようにも見えるメールを受け取ったJanelleさんは、なんと二つ返事で手伝うことを快諾。レスキューが飼育している全モルモットの名前と、Web上で収集したモルモットの名前のリストを受け取ると、オープンソース ニューラルネットワーク「char-rnn」を使い、さっそく人工知能の訓練を開始しました。


 こうして世界で初めてディープラーニングによって命名されたモルモット名前が、Janelleさんのブログで写真付きで発表されました。「ポップチョップ(Popchop)」「ファザブル(Fuzzable)」「バズベリー(Buzzberry)」「アフター パイ(After Pie)」など、かわいらしい名前ばかり。

モルモットの名前をディープラーニングで命名 まさかの進化

 ただし自動生成された中には「Me」「Boooy」「Bho8otteeddeeceul」など、ペット用モルモットには適さない名前もできてしまったようです。ブログでは「良かった名前」と「微妙だった名前」の一覧も公開。レスキューでは自動生成されたすてきな名前は採用しつつ、微妙なものについては個別きちんと名前を付けていく方針です。

モルモットの名前をディープラーニングで命名 良い感じの名前

モルモットの名前をディープラーニングで命名 ちょっと微妙な名前

画像はJanelle ShaneさんのTumblrより


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む