コラム
» 2017年08月01日 11時00分 公開

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る(2/3 ページ)

[真狩祐志,ねとらぼ]

iPhoneの登場とFlashへの非対応

 iPhoneの発表とその後のスマートフォンの普及は、ユーザーのWeb閲覧環境を激変させました。iPhoneやiPadは当初からFlashに対応せず、世の中でスマートデバイスの存在感が増していくのと反比例するように、Flashは徐々にWeb上での存在感を失っていきました。

 PCに比べスペックの低いモバイルデバイスでは、Flashはパフォーマンスの問題やセキュリティ面でのリスクがあり、またAdobeという1社のみが提供しているというプロプライエタリ(クローズド)な面が“オープン化していくWeb”というAppleの思想にあわなかったためとされています。

2010年に発表された「Thoughts on Flash」より。スティーブ・ジョブズ氏は最終的にAdobeがHTML5を選択するよう促した

「Flashアニメ」と「Flashを使ったアニメ制作」の違い

 ここで一度視点を変えて、「アニメ制作におけるFlash」についても見てみましょう。

 制作においてFlashが使われている作品としては、2006年にスタートした「秘密結社 鷹の爪」(FROGMAN監督)を思い出す人が多いのではないでしょうか。

 この作品が有名になったため、いわゆる“Flashアニメ”といえば「鷹の爪」のように切り絵を動かすような作風をイメージされることが多いようですが、実のところ、FROGMAN監督のこうした作風と、「Flashが使われていること」との間には関係がありません。こうした作風は「カットアウト」と呼ばれる表現技法に含まれ、Flash以外のソフトでも普通に制作できます。

Toon Boom Animation社の制作ソフト「Toon Boom Harmony」より。1枚絵を動かすだけでなく切り分けるとより細かく動きをつけられる。このソフトでも他にさまざまなアニメ表現で制作が可能

 こうした誤解があるのは、前述しているように「Flashアニメ」という言葉そのものに対する混乱があるからで、IT界隈では「閲覧にFlash Playerを必要とする動的表現の1つ」を指すのに対し、アニメ界隈では単純に「Flashで作られた作品」の意味でとらえられているからです。つまり、閲覧環境とソフトのどちらに重点が置かれているかの違いです。

 筆者もセミナーで試してみたことがありますが、紹介した複数の作品のうちFlashが使われた作品を当てられた人はごくわずかでした。また当てた人も偶然当てることができただけで自信がなく、理由を答えられませんでした。結局Flashアニメを名乗っている作品はFlashを使ったと“自己申告”しているにすぎないので、有名な作品でない限りは伏せられると分からないのです。

 例えば2007年にNHKの「みんなのうた」でヒットした「おしりかじり虫」(うるまでるび)にもFlashが使われていますが、Flashを使ったことが強調されていないので、そのような認識を持っていた人は少ないでしょう。

 またFlashを使っているというと「Flashしか使っていない」という印象にもなりがちです。もちろんFlashのみでも制作可能ですが、通常であれば複数のソフトを使い分けて制作することになります。「作風によって使い分ける」というよりも、「使い勝手によって使い分けられている」というのが実情なのです。

2015年からスタートのショートアニメ「弱酸性ミリオンアーサー」(まんきゅう監督)。基本的にキャラクターの動きには同じAdobe社のAfter Effectsが使われている。これも「作風」ではなく「使い勝手」の事例

Flashが「アニメ制作の“新手法”」?

 アニメ界隈では、1990年代後半からデジタル化の波が押し寄せていましたが、アニメーターの作業だけは依然、紙での作画が基本でした。アニメーターも作画をデジタルに移行しなければという雰囲気になってきたのは2010年前後のことです。

 またFlashに関しても、前述した「鷹の爪」や「おしりかじり虫」のように、これまでも個人レベルで制作が可能な短編やショートアニメでは2000年前後と早くから用いられてきましたが、完全分業で制作される国内の長編映画やテレビシリーズで使われるようになったのも、やはり2010年前後のことなのです。

テレビシリーズでFlashユーザーが監督を務めた例としては2013年の「夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜」(りょーちも監督)がある。りょーちも監督は2008年のテレビシリーズ「鉄腕バーディー DECODE」で作画監督を務めたことでも話題となった

 最近、アヌシー国際アニメーション映画祭にて長編部門グランプリを受賞した「夜明け告げるルーのうた」(湯浅政明監督)も、制作にFlashが使われているということが話題になりました。制作手法についてNHKが公開した記事「世界も評価! アニメ制作の“新手法”」(現在は記事削除済み)では、SNSなどで「(昔からある)Flashが“新手法”?」と疑問の声が上がりましたが、Flashの持つ複雑な歴史と、各人の認識の違いが引き起こした議論だったといえるでしょう。

 なお“新手法”については、長編映画やテレビシリーズでFlashが使われた場合、クレジットに記されていることもあるので確認できます。この場合はFlashがデジタル作画のために使われたことが重要となっています。

 そもそもCGなども含め、他のソフト名が伏せられているのにFlashだけが明示されているのは妙な話ですが、アニメ界隈内でも誤解されていたFlashのイメージから脱却を図ろうとしているようにも見て取れます。

2014年のテレビシリーズ「ピンポン THE ANIMATION」(湯浅政明監督)のうち、作画にFlashが使われた部分。知らずに見てもFlashかどうか気付かない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」