魚が声優ボイスで甘〜いセリフをささやく あえて擬人化しない「イケ魚パラダイス」の狙い、アクアパーク品川に直撃

人気男性声優が魚に声をあてるという話題の企画「イケ魚パラダイス」の狙いは何なのか? 実施しているアクアパーク品川に聞きました。

» 2017年08月05日 11時00分 公開
[haruYasy.ねとらぼ]

 櫻井孝宏さん、小野友樹さんなど男性声優が魅惑的なボイスで、イケメンな魚たちを演じる企画「イケ魚パラダイス」が、東京の水族館「アクアパーク品川」で開催されています。

「イケ魚パラダイス」公式サイト

 かわいいと人気を集めている「チンアナゴ」の他、映画「ファインディング・ニモ」のモデルとなっている「カクレクマノミ」など、10種類の魚たちを男性声優たちが演じるというユニークな企画となっており、発表当初からネット上で大きな注目を集めていました。

 7月8日に企画がスタートしてからも、Twitterなどでは「行ってきたよ!」と報告が続々と上がっており、とても楽しめたと好評の様子。この企画をきっかけに「推しイケ魚」ができたという人もチラホラみられました。

 魚にキャラクター性を持たせ、さらに声優に演じさせるというユニークな企画はどのようにして誕生したのか。企画を実施している「アクアパーク品川」の広報担当、山田おねえさんに話を聞いてみました。

―― 「イケ魚パラダイス」が誕生した経緯を聞かせてください。

おねえさん 当館では、“エンターテインメント”を入口にすることで、多くの方に海の世界に興味を持っていただきたいという想いから、季節ごとのプロジェクションマッピング演出でイルカの躍動や魚たちの美しさをより輝かせる企画など、通年でさまざまなイベントを仕掛けています。

 「何か面白そうだから行ってみたい!」と気軽にご来館いただき、1つでも生きもののことを知っていただけるといいなと考えております。

 今回の「イケ魚パラダイス」も、魚たちの魅力を伝えるために、何か当館らしい楽しい仕掛けができないかということで考えられたものです。

―― 「イケ魚パラダイス」での狙い、 全10種類の魚たちを選んだ理由を聞かせてください。

おねえさん 甘いセリフを設定する際に、何か特徴的なことをお伝えできる生物がいいと考え、ユニークな生態を持つ魚を選びました。

 例えばカクレクマノミには、イソギンチャクと共生するという生態があり、そこから「今夜はイソギンチャクではなく、あなたにくっついて眠りたい気分です……」というセリフにつながっていくわけですが、そういった演出が成立することも条件の1つでした。

カクレクマノミくん
カクレクマノミ×山下大輝さんの設定資料

―― 昼と夜、さらには雨の日でセリフが変化するようにしたのはなぜですか?

おねえさん バリエーションを作ることでエンターテインメントの幅を広げ、生態の情報もより多くお伝えできると考えました。リピーターの方もお楽しみいただけます。

―― 声優の演技について、どんな要望を出しましたか?

おねえさん 演技について細かな要望は出していません。当館としては、とにかく、キャラクター設定とセリフで魚たちの生態、その魅力を伝えることが狙いでした。

―― 完成した映像、声を聞いた水族館スタッフの反応・感想はどのようなものでしたか?

おねえさん 私たちもかなり楽しく拝見させていただきました。スチール含め、22時間かけて撮影した魚たちの細かな動きがセリフのタイミングにぴったりだったので、その精度にとても感動しました。

動画が取得できませんでした

―― 企画を発表した後、実際に展示がスタートしてから、ネットユーザーや来場者の反応はどうでしたか?

おねえさん 発表した際には、ますはTwitterでかなり盛り上がり、情報がみるみるうちに拡散していってくれました。

 実際にご来館いただいた方は……女性グループはキャーキャーと楽しんでくださっていますし、意外だったのですが、カップルの方も多く足を止めてご覧になってくださっています。

―― 男性声優を起用していることから女性客の増加が予想されますが実際はどうですか?

おねえさん 多いと思います。券売機にてチケットをご購入いただくので、性格な男女比は出せませんが、館内に女性グループが増えている印象がございます。

―― ちなみに、最近は動物やメカなどの「擬人化」が流行していますが、あえて同様の手段を選ばなかった理由を聞かせてください。

おねえさん 水族館の使命として「生きものの魅力」を伝えることが大前提にありまして、イベント自体も「生物を知っていただきたい」というところから着想しているためです。声優さんの起用と展示方法は、あくまでアプローチの1つとして考えています。

―― 最後に山田おねえさんイチオシのイケ魚を教えてください。

おねえさん ナンヨウハギです。お魚自体が、とてもインパクトある風貌で、本当にこちらに向かって話しかけているように感じるからです。ナルシストなセリフもきっとクセになると思います(笑)。

動画が取得できませんでした
山田おねえさんイチオシのナンヨウハギ

 最後におねえさんの趣味が少しだけ見え隠れしたところで締めくくり。「魚たちのことを知ってほしい」という想いと、「楽しんでほしい」という願い。その両方をバランス良くまとめあげたのが「イケ魚パラダイス」といったところでしょうか。

 アクアパーク品川では「イケ魚パラダイス」のほかにも、クラゲや金魚、イルカショーなどで、花火をテーマにした光と音を使った演出が楽しめる「花火アクアリウム」という企画も実施中。どちらも7月8日から10月1日までの期間限定イベントとなっているので、気になる人は足を運んでみては。

花火をテーマにした夏らしい企画「花火アクアリウム by NAKED」

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評