急な大雨「ゲリラ豪雨」の予測はできる? 災害や事故に遭わないために知っておきたいこと

専門家の方に聞いてみました。

» 2017年08月07日 11時00分 公開
[宮原れいねとらぼ]

ゲリラ豪雨 予測 対策

 突然の雨、いわゆる「ゲリラ豪雨」という言葉がここ数年で一般的になりました。急な雨といえば「にわか雨」や夏の風情を感じる「夕立」といった言葉もありますが、それらと大きく違うのは、大きな人的被害を引き起こすレベルの雨量という点です。

 気象庁では局地的大雨や集中豪雨といった言葉で表されるように、短時間(時には数時間)で狭い範囲に数十ミリ〜百ミリ前後と強く降るのが特徴で、河川や水路が増水することによる事故や土砂災害、さらに激しい雷にも注意が必要になります。

 そんな厄介というだけではすまないゲリラ豪雨について、降りやすい季節や天候、さらに前兆があるのかなど、気象情報を専門に扱うウェザーニューズ広報の須田浩子さんに気になるところを聞いてみました。

今回お話を聞いた人

ウェザーニューズ広報

須田 浩子(すだ ひろこ)さん


ゲリラ豪雨が発生してしまうのはなぜ?

――ゲリラ豪雨はなぜ起きるのでしょうか。

須田さん:雨雲を作るもとのエネルギーというのが熱(暑さ)湿度です。簡単にいえば、暑くて湿度が高いほど雨雲が発達しやすく、特に夏季の高気圧は、暑さとたっぷりの湿度をもたらすため、基本的に夏はゲリラ豪雨が起きやすい条件になります。

 ゲリラ豪雨という言い方をしなくても、「夕立」という言葉は昔からありますよね。午後や夕方になると急にモクモクと雲が駆け上がって雨が降るといった現象は、こうした原因で発生します。

――なるほど、夏の午後は要注意なのですね。

須田さん:そしてそれにプラスして酷くなる、災害をもたらすレベルになるときというのは、例えば上空に寒気が来ているとき。地上は暑いのに上空は冷たいといったときはお互いの空気が混ざろうとし、それによって(大気が)不安定になり激しい現象になる――というのが主にゲリラ豪雨をもたらしています。

昔から発生していたのか?

――ゲリラ豪雨というのは昔はなかったのでしょうか。

須田さん:そんなこともなくて、昔からあったと思います。ただ、現代はヒートアイランドといわれるように、昔であれば土が熱を吸収していてくれていたところが、コンクリートになることによって都市が熱を持ったままになってしまっています。

 これによって、「昼は熱くても夜は冷めてくる」だったはずのものが、「夜になっても冷めない」ということも起きるわけで、さらに夜に冷めないと翌日の朝もベースが高いところから始まってしまうのでまた高くなり……というようなことが起こり得ます。するとその都市熱が、先ほど話したように雨雲を作る、積乱雲を強化してしまうことにつながります。

 そういったことが何十年という長い周期であって、さらに気象的なところでいうと海面温度が上がってきているというのも、長いスパンで見られます。こうした変化もあり、現在は「ゲリラ豪雨」という言葉が生まれてしまうくらい、より人的被害をもたらすような激しい現象が起こりやすくなっているといえるでしょう。


ゲリラ豪雨 予測 対策 「非常に激しい雨」とされる1時間に50ミリ〜80ミリ未満の雨の発生回数は年々増加しています(気象庁より)

ゲリラ豪雨はいつ起こりやすいのか?

――発生しやすい天候、または季節によって違いはあるのでしょうか。

須田さん:先ほどお話ししたように暑い時期に発生しやすいので、季節としては夏が多くなります。一番多いのは7月、8月。また初夏は意外と気温が高く、冬春の名残で上空の寒気も強いようなときがあるので、5月でも激しい現象が発生することもあります。

 状態としては、地上と上空の気温の差が大きいときが起こりやすく、そのようなときには夏以外でも激しい雨となることがあります。ほかにも、人間には感じ取ることができませんが、上空、すごく空の高いところに冷たい空気が流れ込んでいるときというのは起こりやすいです。

突発的な雨を予測できるのか?

――発生前の予兆などはあるのでしょうか。

須田さん:これはウェザーニュースが得意としているところで、一般の方と一緒に空を見守ってゲリラ豪雨を予測しようという取り組みを10年くらいやっています。

 よく「雨雲レーダー」を使われる方もいらっしゃると思うんですけど、あれは実際に起きてしまったものを実況で映しているんですね。上空2000メールの高さの状態なので、そこに映っているということはすでに起こってしまっているわけですから、前兆ではない。

――確認しているだけ?

須田さん:そうなんです。でも例えば自分のいる場所の隣に雨雲があったら、雨雲レーダーを見てこの後「こっちにくるかもな」といった使い方はもちろんできます。

 では、それが起きる前にどういう兆候があるかというと、まず空を見たときに入道雲ってありますよね。青空をバックに白いモクモクした雲っていう。

――夏の風物詩ですね。


ゲリラ豪雨 予測 対策 大空に広がって夏を感じさせる入道雲

須田さん:あれって実は、あのモクモクした白い雲が高ければ高いほど雲が発達しているということなので、その下では雷雨になっている状態なんです。

 雲ってよく見ると白かったり黒かったりして、グレーの雲や黒い雲になればなるほど直感的に怪しいな、怖いなという気がすると思うんですが、やはり黒い雲が近づいてきたらそれはゲリラ豪雨のサインになります。

 遠くから見ると白いのですが、真下からだと黒く見えるので、黒い雲が近づいて見えたら気をつけた方が良いです。

須田さん:ゲリラ豪雨のサインとしてもう1つあるのが、夏で暑いはずなのになぜかヒンヤリした空気を感じるとき。雷雲が近づいてきているとそういった空気を感じることがあります。

 なぜかというと、雲は上昇気流でどんどん発達するんですが、上に昇ったらどこかに降りてこないといけないんです。そしてそこから吹き降りてくる空気というのが冷たいんですね。

 だから、「暑いはずなのにちょっとヒンヤリしてきたな」「空が黒いな」と思ったら雨雲レーダーで確認してもらうと、そういうときは近くの雲が大体真っ赤や黄色(降水量が多め)だったりします。

――なるほど。予測のための前兆としてはそのときの温度の体感と、雲の見た目があるんですね。

須田さん:はい。五感をフル活用していただきたいです。またそうなってくると今度は雷鳴が聞こえてくるので、聴覚でも感じ取ることができます。

 ちなみに雷は、音が聞こえたらもう次は自分のところに落ちてくる可能性があって、10〜15キロくらい離れたところで落ちていたら今度は自分に落ちてもおかしくないそうです。例えば県が違っていても、千葉で落ちたものが次は東京で発生してもおかしくないので、やっぱり雷鳴が聞こえたら注意しましょう。

それでも予測が難しいゲリラ雷雨。どうしても遭ってしまったときは?

――実際にゲリラ豪雨に遭ってしまったときの対策はあるのでしょうか。

須田さん:なんとかして屋内に避難するしかないです。あとは、もし海や草原みたいなところで雷鳴が聞こえたら、人間が避雷針になってしまうので「すぐに逃げろ」ですね。木の近くも避けましょう。

 雨による災害ももちろん怖いです。たまに冠水した道路を走る車がいますが、車のタイヤが半分くらい水につかるとエンジンに水が入って車が止まってしまいます。

 そうならないためにも、アンダーパス部の道路(路面の高さが前後と比べて低くなっている)を知っておいて、その辺りは通らないで帰る。あるいは、どうしても通らないと帰れない場合、そこが冠水していないかゲリラ豪雨発生時に事前に確認するとか、どちらにしても大雨時に水没するような身の回りの場所を知っておくことも重要だと思います。


ゲリラ豪雨 予測 対策 道路冠水注意箇所マップ(国土交通省より)


 7月や8月の暑い時期に発生しやすいゲリラ豪雨。それは多くの人にとって夏休み時期であり、子どもでも大人でも外で遊んだり、外出しているときに起きる可能性が高いということでもあります。

 また気象庁の情報で分かるように、徐々に大雨の年間発生回数が増えていることからも、「ゲリラ豪雨」に関する知識やいざというときの対応策など、考えておく必要性が今後さらに高まっていきそうです。

 災害を回避するために重要となる予測に関しては、須田さんに伺った五感を使った方法のほか、ウェザーニュースが行っている人間の目を活用した予測のためのコミュニティ「ゲリラ雷雨防衛隊」に参加することでもゲリラ豪雨の予報を受け取れます。

 こちらはレーダーに映る前の雲を一般ユーザーみんなでキャッチして、それを予測に活用してアラートという形で登録者に警戒を促すもの。こちらはスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」(iOS/Android)の「ゲリラ雷雨 Ch.」から確認できます。

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  7. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
  8. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  9. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  10. /nl/articles/2402/06/news112.jpg 伊織もえ、バニーガール写真に“疑惑”「見えるヤツって」→まさかの答えにファン騒然「拡大しました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評