ニュース
» 2017年08月07日 22時43分 公開

どう見ても天才の発想 便器にウンチなどの絵文字を投影する謎のプロジェクター、クラウドファンディングに大成功

世界初のアイテムだそうです。そりゃ、そうだ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 動作を感知して、便器内に絵文字を投影するという不思議すぎるアイテムが、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で注目を集めています。……いったい何の役に立つんです、これ?


illumiBowlillumiBowl

illumiBowlillumiBowl なにこのシュールな便器(Webサイトより)

illumiBowl 投影する絵文字は、本体のスイッチで切り替え(Webサイトより)

 「illumiBowl」は、2年以上を費やして開発された小型プロジェクター。便器という名の真っ白なキャンバスに、赤いバラや的、魚、ウンチという4種の絵文字を映し出してくれるという一風変わったアイテムです。設置場所は便座のふたの内側で、特殊なゲルを使って貼り付ける仕様。ふたを閉じると便座の真上に来てしまうため、はがれ落ちると大変なことになりますが、プロジェクト実施者のMattさんは「便座のふたが平らである限り、落下は実質的にありえない」「欠陥による落下については、一生にわたる保証を行う」と耐久性に自信を見せています。

 「Kickstarter」の該当ページには「世界初の、モーションを感知する夜間用トイレプロジェクター」との記載があるのですが……うん、なんとなく知ってた。だって、斬新すぎて用途がさっぱり分からないんですもの。「illumiBowl」の紹介ビデオによれば、このアイテムは、目が暗闇に慣れた状態でトイレを使う際などに役立つとのこと。照明を点灯すると明るすぎて目がくらんでしまうものですが、同商品は便器だけに光を当てる仕組みになっているため、そのような心配がないそうです。実用性についても、ちゃんと考えられているんですね。


illumiBowl 便器の位置ははっきり分かるものの、トイレ内は暗いまま(Webサイトより)

illumiBowl なので、こんな風に目がやられずに済むとのこと(Webサイトより)

 資金調達の目標は5000ドルですが、かなり人気のアイテムになっているらしく、すでにその約4倍近い額の出資を獲得しています。出資は15ドルから受け付けており、「illumiBowl」をひとつゲットすることが可能。配送は9月ごろ行われる予定です。


illumiBowl 目標金額をぶっちぎりでクリアしてしまうほどの人気ぶり(Webサイトより)

マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン