ニュース
» 2017年08月24日 16時30分 公開

特定の眼鏡を掛けた人にだけ見えるPCディスプレイに驚きの声多数 「謎技術」「どうなってんだ」「これ欲しい」

ニヤつき過ぎには注意です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 何にも映っていない画面を見て作業しているだと? ――特定の眼鏡を掛けた人にだけ見えるディスプレイが製作され、Twitterで「すごい!」「どうなってんだ」「これ欲しい」と話題になっています。もしかして最強ののぞき見防止仕様なのでは……!?



パソコン ディスプレイ 画面 見えない 眼鏡 偏光 レンズを通した時だけ画面が表示されているだと……?

 「周りの目を気にせずネットサーフができる」と投稿された動画では、ディスプレイに真っ白な画面しか表示されていないノートパソコンが。そしてそこに登場したのは薄い一枚の眼鏡レンズらしきもの。それがディスプレイの前にきた瞬間、そのレンズの中にだけネットサーフしているブラウザ画面が映し出されています。これは一体……?


パソコン ディスプレイ 画面 見えない 眼鏡 偏光 通常時は何にも見えない画面真っ白状態です

パソコン ディスプレイ 画面 見えない 眼鏡 偏光 あれあれあれ……?

 投稿したのは「clear-mint」のサークル名で同人活動などを行っているゆき(@yk_ichinomiya)さん。仕組みについてはツイートでも軽く解説していますが、一言で言うと、もともとディスプレイに貼られていた画面を見るために必要なフィルターをはがしてそれをレンズの形にしたというシンプルなものです。

 液晶パネル(ディスプレイの画像表示部分)の表面には“偏光フィルター”という、液晶が発した光をコントロールするための薄い層があり、それをノートパソコンからはがすことで映像が真っ白に。あとは偏光フィルターを使った眼鏡があれば(動画中では映画館の3Dメガネを使用)、それを掛けている人しか見えないディスプレイの完成です(関連記事)。



 ゆきさんに思いついたきっかけについて聞いてみると、職場に廃棄予定のパソコンがあり、それを分解して遊ぼうと思ったのが始まりで、最初は「冷陰極管の交換手順を調べようと思っていた」そうです。しかし「ふと、液晶パネル自体の構造が気になり、偏光フィルターをはがしたら面白いのでは……?」という発想から、それまでの知識や以前に聞いた話などを思い出しつつ制作するに至ったとのこと。

 改造可能なものについては「通常のパソコンの液晶であれば基本的にOKだと思われます」と、だいたいは大丈夫そうですが、製品・種類によっては分解が困難かもしれないとしています。ちなみにスマホの液晶は試していないため不明です。

※「有機ELディスプレイ」については「液晶パネルとは構造が異なるので同じことはできません」とのこと


パソコン ディスプレイ 画面 見えない 眼鏡 偏光 不思議なレンズの正体は「偏光フィルター」でした

 また考えられる用途についても伺うと、やはり第一は「ショルダーハッキング(のぞき見)の防止です」とゆきさん。公共の場でネット閲覧する際の“アカウント乗っ取り”や“ストーカー被害”に遭う危険性を下げる方法として、一定の有効性が望めるのでは? と提案しつつ、他にも「一風変わったデジタルサイネージ(電子看板)」という案に、「公共の場で少し恥ずかしいコンテンツを視聴する際にも使えると思います」と紳士的な案も出してくれました。すごい分かる。

 ただし、同様の偏光フィルター眼鏡でのぞかれた場合は見られてしまうという注意点は覚えておくべきでしょう。ゆきさんは映画館の3Dメガネのフィルター(円偏光フィルター)を裏返すことで直線偏光フィルターとして使えたとのことでした。


パソコン ディスプレイ 画面 見えない 眼鏡 偏光 当たり前ですが、きちんと眼鏡として両目でかければ全画面が見られます

 仕組みが簡単だと分かると一度試してみたくなりますが、素人が実際にやろうとすると「ええい、分からん!」となるのがオチです(※真似する場合は自己責任で)。ゆきさんも「偏光フィルタをはがした液晶は元に戻すことは難しいですし、作業は感電やケガの危険もあります」と話していて、実際に手袋なしでの作業中には破片で指先がズタズタになることもあったそうです……。

 そこでゆきさんは、思った以上に質問等を含め反響があったこともあり、「作り方を知りたい!」という方向けの同人誌を発行予定。中身は実際の作り方に、解説やイラスト付きの活用法の紹介をまとめた薄い本となる予定です。

 こちらは10月22日開催の技術書オンリーイベント「技術書典3」での頒布予定で、当日は今回作ったノートパソコンの展示も行いたいとしています。



画像提供:@yk_ichinomiyaさん

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」