ニュース
» 2017年08月30日 21時52分 公開

わずか3カ月でサービス終了を迎えた「ガルクロ!」の打ち切りっぷりがヤケクソすぎた件モバクソ畑でつかまえて

わずか6行の説明で倒される黒幕。

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 8月31日でサービス終了となる、ゲーム「ガールズクロスクロニクル(ガルクロ!)」の終わり方が投げやりすぎるとTwitterで話題になっています。



 これまで必死に戦ってきたはずの黒幕がわずか6行の説明で(しかも主人公とは関係ないところで)倒されてしまうダイナミックさに、Twitterでは「一番切ない終わり方」「ジャンプの打切りに匹敵する唐突感」といった声も。果たして本当にこんな終わり方なのか、モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、早死にゲームにも詳しい「怪しい隣人」さん(@BlackHandMaiden)に遊んでみてもらいました。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了 結論から言うと、ホントにこんな終わり方でした

ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。




主人公はニート化、ラストは未登場キャラも出てきて宴会に

 夏休みの終わりが近いからか、ここ数日新作アプリのラッシュが続いているように思えます。しかし光あるところに影があるように、生があれば死もあり、終了するアプリもあるのです。

 この月末、1つのゲームが終わりを迎えます。そのゲームの名は「ガールズクロスクロニクル」。DMM GAMESで今年(2017年)の5月15日にリリースされたブラウザゲームです。10を超える美少女ゲームメーカーの新旧さまざまなタイトルから総勢100名以上のヒロインが登場するのが売りのゲームでした。プレイヤーはその美少女や登場人物たちが流れ着く謎のセカイの「管理官」となり、登場人物たちと協力して襲いかかる脅威から世界を守ることになります。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了 ガールズクロスクロニクル(ガルクロ!)」公式サイト(ちなみにR18版の「ガールズクロスクロニクルR」もありますが、こちらも同じく8月31日で終了)

動画が取得できませんでした

 ――ですが、いかなる事情があったのか、主人公の冒険は途中で終わることになってしまいました。残念ながらDMMのゲームではよくあることです。わたくし趣味でソーシャルゲームやアプリの誕生日から死亡までの日時リストを作っているのですが、そのリスト内では108日で死亡ということで結構上位に迫る早死に記録ではあります。

 参考までに、DMMでの最速死亡記録は「アフタースクールヴァルキリー』というゲームの63日で死亡というものです。もちろんこの上に26時間30分で死亡という「カオスサーガ」があるのですが、あれは即死理由が特殊なので関連記事)、ちょっと例外かなと考えています。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了 死亡リスト(一部抜粋)

 話を戻しましょう。普段ならDMMの早死にゲームということで気にも留めないのですが、ここで冒頭のツイートが引っ掛かったのです。

 お恥ずかしい話ですが、さすがに全ての早死にゲームをみとっているわけではないため、この画像を見て「何だろうこのゲームは」と調べてようやく「ガールズクロスクロニクル」の名前にたどり着いた次第です。




 ゲームの公式Twitterに“最終章”の記載があったため、恐らくこれだろう、こんな訳の分からないシナリオが読めるなら死に際をみとるしかあるまい、と思った私は早速プレイを始めたのですが、3章、最初のボスに勝てません。「これは諦めるしかないのか……」と画面のあちこちをクリックしていたところ、右上のメニューからライブラリというところに入れました。普通はクリア後のストーリーを読み返すことになるのですが、ここから最終章を読むことができました。できれば読み方についても告知していただけるとありがたかったです


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了 メニューから「ライブラリ」を選ぶと最終章を読むことができます

 肝心の最終章本編ですが、なかなかにすごいものでした。敵は全ていなくなった、とナビゲーター役の女の子、ヤトが話し始めます。一体どういうことかと相棒の少女オリヴィアが問うと、「真の黒幕だった主人公の上の人間を、主人公の妹のソフィアが倒してしまったからもう敵は出てこない」とあっさり説明するヤト。その解説、なんとたったの2クリック、6行分。シンプル極まりないです。

 そんな状況なので、主人公も全くやる気をなくしてしまい、ニートのようにゴロゴロして過ごすばかりになってしまいました。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

 また、最終章にはなぜかその妹、ソフィアが2人出てくるのですが、その理由もまたしても3行で「真の黒幕がソフィアのコピーを作っていて、ソフィア本人が色々と動いて解決して(中略)」とさらっと説明。さらにその話をしているさなか、実装予定だったと思われるキャラクターがゾロゾロと乱入、混乱を増していく場の中、オリヴィアが「こうなったら未登場の子も入れて皆で宴会するしかないわね!」と強引に締め、それにツッコミを入れるヤトという形でお話は終わります。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了

 こんな適当な終わり方ですが、ソーシャルゲームやブラウザゲームが終了するとき、最後のお話を掲載する例というのはなかなかありません。終了です、といわれるとブツっと終わってしまうゲームがほとんどでした。それだけシナリオを重視したゲームが少なかった、ということになるのでしょうが、最近は逆にシナリオ重視のアプリが流行る傾向にあるので、このような形でオチがつくゲームも今後は増えてくるのかもしれません。もちろん、このヤケクソめいたオチが受け入れられるかどうかはお客さま次第でしょう。


ガールズクロスクロニクル ガルクロ! サービス終了 (´・ω・`)ヴァー

 確かにこれを見てしまったプレイヤー諸氏は(´・ω・`)こんな顔で「ヴァー」という声を上げるぐらいしかできないかもしれませんが……。


怪しい隣人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい