ニュース
» 2017年09月25日 15時22分 公開

カキの身を一切使わない「ほぼカキフライ」爆誕 魚のすり身でカキの味と食感を再現、そのお味は

練り物で作れないものは無い気がしてきた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 カキフライの味、食感、見た目を魚肉練り物で再現した商品「ほぼカキフライ」が、9月にカネテツから全国発売されました。カニやウナギなどいろんな疑似製品が生まれてきた練り物界――まさかカキフライまで登場するとは。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ カキフライみたいだろ?

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ 練り物なんだぜ、これ……! 「ほぼカキフライ」登場

 カネテツでは「ほぼカニ」「ほぼホタテ」「ほぼエビフライ」と魚介類の味わいを練り物で楽しめる“ほぼ”シリーズを手掛けてきました。ほぼカキフライはその第4弾。スケトウダラのすり身に豆腐を配合し、カキのぷりっとした身と滑らかな肝、2層の異なる食感を再現。一口目でカキのうま味や独特の苦味、さらにはアオサノリによる磯の香りが口に広がります。もちろん練り物業界でカキフライは初。1パック5個入りで税込270円です。

 現物を入手したので、編集部6人で食べてみました。外側は衣に覆われているので完全にカキフライにしか見えません。ほぼカキフライのためだけに開発したという付属の「特製タルタルソース」に付けていただきます。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ 見た目は“ほぼ”どころじゃない本物らしさ

 おお、かじった瞬間にカキの独特のエグみと磯の風味が口の中に! 噛んでみると、あの本物のぷりぷり感には程遠いですが、外側の層(身)の弾力感から内側の層(肝)の柔らかい部分に差し掛かったときの歯ごたえはなかなかのもの。油っこくなった口内にカキの風味が残った後味はまさに“ほぼカキフライ”でした。これが練り物なのか……。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ ちゃんと身と肝の部分が2層で再現されている

 他の意見は「カキフライはソース派なのでかけてみたら、個人的には7割カキフライだった」「カキのパンチの効いた濃厚さが足りていない気がするけど、かえってエグみが嫌いな人には程よいのでは」「“水で薄めたカキフライ”といった印象。まだ練り物界のカキフライは黎明期、未来を感じた」と個人差があるもよう。カキのぷりっぷり感を求める人からは「食感がどうしても物足りない」「風味は近いんだけど弾力が全然違う」と厳しい声が上がっていました。このあたりはまだ課題なのかもしれません。

 「本物のカキじゃないから、絶対にお腹に当たらないのは大きいのでは」「フライ製品なのに賞味期限が一週間くらい持つのはありがたい」と、練り物だからこそのメリットに好反応を示す人も。1個あたり約50円という安さ含め、一般家庭の食卓やお弁当で重宝されそう。

 しかしカキフライを練り物で再現するという、無謀のようにも思える挑戦をカネテツが始めたのはなぜだったのか。カネテツ担当者は次のように経緯を話します。

 「カキフライは食卓において秋冬の人気メニューである一方、手間がかかって調理を敬遠されがちになっていることから開発をスタートしました。昨年は特にカキ等の魚介類の食中毒報道などもありお客様の不安も高まっていましたので、安心して召し上がっていただけるような商品が開発できれば喜んでもらえるはずと、急ピッチで開発を進めました」

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ

 再現のハードルは高く、有名洋食店をはじめあらゆる「カキフライ」の試食を重ねながら、試作品との比較を繰り返して味・食感・見た目の調整を進めていったとのこと。

 「特に苦労した点は、カキ独特の食感の再現です。ぶりっとした食感とやわらかい食感、2つ同時に楽しめることがカキのおいしさのポイントと考えて取り組んだ結果、全く異なる配合の身を作り分け、再度合わせる一手間をかけています。また一口食べた後つい断面を見たときにも『ああ、今カキフライを食べているんだなぁ』と追認できるよう、試行錯誤の末にアオサノリを使い、断面の配色、質感を表現しています」

 なんたる気合の入れよう。「“ほぼ”シリーズでは、単なるフェイクではなく“本物にはないおいしさ”を食べた方に届けられるよう、いつも『本物を、どこかで超える意識』で作っています」と担当者。ほぼカキフライ、少なくともカネテツの情熱は“ほぼ”ではなく本物で間違いないようです。


動画が取得できませんでした
Web限定CMもあります

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」