連載
» 2017年09月28日 12時00分 公開

祝・アニメ完結! マンガ『徒然チルドレン』ですさまじい「青春の破壊力」を体感せよ (2/2)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

エピソード7:『罠』

徒然チルドレン『罠』

 以前も登場した、お兄ちゃん大好き妹、ほたるの一人相撲回。何あの泥棒猫! 悪女! 戯れてる! そこでお兄ちゃんのスマホをこっそりチェック。LINEに流れてきた由紀のメッセージをのぞき見たのはいいけれども……。


徒然チルドレン『罠』

 開けてはいけないパンドラの箱、性事情。今回は、その箱を妹ちゃん開けてしまいました。もっともそれは罠。妹ちゃんミミックに直面したかのごとく、由紀にペロリと食われてしまいます。



エピソード8:『もっと欲しくなる』

徒然チルドレン『もっと欲しくなる』

 付き合い始めたばかりの、剛田武と上根綾香。剛田くんはとっても真面目。上根さんはとっても情熱的。お互いどのくらいの距離でいればいいのか分からない。ただ、上根さんはもっともっともっと、近づきたい、一緒にいたい、つながりたい! と願うばかり。


徒然チルドレン『もっと欲しくなる』

 『徒然チルドレン』シリーズきっての、爆発しろカップル筆頭の剛田・上根。普段真面目でおとなしい上根さんのイチャイチャしたい度メーター、振り切れそうです。さて、剛田くんの気持ちは……。



エピソード9:『視線』

徒然チルドレン『視線』

 サッカー部で熱血漢の菅原卓郎くん。吹奏楽部で感情表現が苦手な高野千鶴さん。菅原くんは高野さんのことが好きで、アタック中。しかし高野さん、すこぶるニブチン。彼の思いに気付かない日々が続く。そんな2人、水泳の授業ではお互い何度か目があってしまうような気が……あれ、これってもしかして?


徒然チルドレン『視線』

 『徒然チルドレン』シリーズでも正面突破行動の多い菅原くん。彼の悶々から生まれるまっすぐな言葉は、彼女のハートを射抜けるのか。



エピソード10:『泡』

徒然チルドレン『泡』

 長い付き合いで気心の知れた関係の内村千秋と飯島香奈。晴れて恋人同士になったけど、どうにも近すぎたせいか、キスすらできない。お互いしても大丈夫だってわかってるのに、勇気がでない。ふざけてしまう。乗り越えろ俺、乗り越えろ私!


徒然チルドレン『泡』

 恋人がほしくて相手を探すのと、好きな相手を恋人にしたいのは別物。童貞・処女を捨てたいからエッチするのと、好きな相手と抱き合いたいのは別物。千秋、君はキスがしたいから香奈を恋人にしたのかい?



エピソード11:『水に流して』

徒然チルドレン『水に流して』

 そろそろ一歩踏み出したい……! とキスに挑もうとしたとき、ヘタレな千秋が飲酒をして無理やり香奈の唇を奪ってしまった。香奈は号泣しながら「もう……コンビ解消だから」と告げ、別れた。それから2人、仲直りのきっかけがつかめないまま。


徒然チルドレン『水に流して』

 千秋と香奈はここまで、歯がゆさ・こじれを痛感しました。ここからは、きちんと相手に向き合って、直接話す道を選んでいくことになります。やはりコミュニケーション、最後は目と目をあわせ、口で話すところに戻ってくる。



エピソード12:『夏が始まる』

徒然チルドレン『夏が始まる』

 待ちに待っていたはずの夏休み。でも恋愛関係がもつれた高校生たちは、ちょっとだけ心中複雑。ケンカ別れした恋人と仲直りできないまま夏休みになったら、会いづらくなってしまう。好きな人がみんなで海に行くらしいけれども、ついていったら相手に迷惑かもしれないと感じてしまう。

 まずは自分の気持ちを、ちゃんと伝えたい。じゃないと。夏をすっきりとむかえられない。けじめのつけどころだ。


徒然チルドレン『夏が始まる』

 『徒然チルドレン』にはものすごくたくさんのキャラクターが出てきます(各巻のラストにQ&A形式の会話をしている一覧表があるのでチェックしよう)。全員がそれぞれ、恋をしたり、友情を育んだり、何かに打ち込んだり。みんななにかで主人公。




(C)若林稔弥/講談社


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10