しなの鉄道、「115系幻のコカ・コーラレッドカラー」復活プロジェクトが熱い

目指せ全色フルコンプ! ファンも社員も熱い。

» 2017年10月16日 16時40分 公開
[岩城俊介ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、しなの鉄道による“115系車両の動く博物館”を実現するプロジェクト「しなの鉄道で115系の動く博物館を完成したい!コカ・コーラレッドカラーで実現」が立ち上がりました。2017年10月現在、開発資金を募っています。

 しなの鉄道は長野県上田市で北陸新幹線の並行在来線を運行する第三セクター鉄道事業者。上田駅−篠ノ井駅間は1888年開業と古く、歴史があります。旧長野新幹線の開業に伴い、1997年に東日本旅客鉄道(JR東日本)から信越本線の軽井沢駅−篠ノ井駅間が移管されてしなの鉄道線として開業。2017年10月1日に開業20年を迎えました。

 しなの鉄道はこの開業20周年記念事業として、保有車両である旧国鉄型電車「115系」の懐かしい車体カラーを復活する企画を展開しています。現行の「しなの鉄道色」「長野色」「観光列車 ろくもん」に加えて、JR東日本の協力を得て、4月に「初代長野色」、5月に「湘南色」、7月に「横須賀色」の3色を復活させました。

photo 復活した「初代長野色」(出典:しなの鉄道のCAMPFIREページ、以下同)
photo 同じく復活した「湘南色」
photo 「横須賀色」でようやく全部そろった……と思われた

 ……しかし、フルコンプには「あと1色」足らなかったのです。

 しなの鉄道側は「上記の6色で終わり」と思っていました。しかし、熱いファンから「もう1色、“コカ・コーラ”レッドカラーの電車もあった」とツッコミが入りました。調べたところ、確かに全面広告列車としてこの色の電車が30年前に走っていたことが分かったのだそうです。ファンの知識、すごい。

photo 約30年前に“コカ・コーラ”レッドカラーの全面広告列車も走っていた

 しなの鉄道社員の熱意もファンに負けません。一度は見送りとされた“コカ・コーラ”レッドカラーは、「ここまで来たらフルコンプさせたい」「115系が廃車されていく中で、全てがそろうラストチャンス」「並べて写真撮ってみたい」などと一丸となり、ブランドの権利者である日本コカ・コーラと北陸コカ・コーラボトリングから、「とても面白い企画。“コカ・コーラ”レッドカラーは30年前から変わっていない。過去のデザインそのままは使えないが、現在のデザインなら問題ない」との快諾を得ました。

photo 115系の復活版“コカ・コーラ”レッドカラーの完成イメージ

 実現の条件は、「12月までに塗り替え費用を捻出できたら」。

 30年前に“コカ・コーラ”レッドカラーに塗り替えられた車両は現在も現役で、「イイヅナのリンゴ」ラッピング列車として運行されています。しかし、なぜ12月までと急がなければならないのでしょう。

 1つ目は、「主要部検査のタイミング」。塗り替えは、4年か40万キロごとに行われる主要部検査で入庫されるタイミングで行われるそうで、ちょうどこの車両の主要部検査が2018年2月に行われる予定です。この機会を逃すと、次は「さらに4年後」になってしまうのです。

 2つ目は、「ほかの懐かし色車両の都合」。他の車両も、今回の企画のためにJR東日本の理解を経て特別に塗り替えたものでした。4年後には、「元のしなの鉄道色に戻される」ことになっています。4年後では全色がそろわないのです。

 3つ目は「115系車両の寿命」。115系車両は製造から約40年が経過し、老朽化などから全国的に廃車され、姿を消しつつあります。115系車両は、次の主要部検査の機会さえないかもしれないのです。

photo 現行の115系S11編成 「イイヅナのリンゴ」ラッピング列車を塗り替える予定

 「しなの鉄道で115系の動く博物館を完成したい!コカ・コーラレッドカラーで実現」プロジェクトは、この実現のために行われます。

 終了日は2017年11月28日で、目標額は290万円。2017年10月16日現在、既に156万円の支援が集まっています。支援は3000円から。支援額に応じて、しなの鉄道グッズ、記念フリーきっぷ、記念臨時列車招待、車両工場見学権などが提供されます。

photo 3000円の支援で提供される当時の運行開始記念臨時列車運転時刻表(レプリカ)
photo 5000円の支援で提供される「軽井沢←→長野フリーきっぷ」と「北しなの線フリーきっぷ」セット
photo 2万円の支援で提供される「車両工場見学(S11編成入場時)」権(先着10人)
photo 10万円の支援で提供される「記念臨時列車で実際に装着したヘッドマーク(画像はイメージ)」(先着2人)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  2. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  3. /nl/articles/2404/19/news128.jpg 「プロ野球チップス」で誤字 伊藤大海投手を「176m」と記載してカルビー謝罪
  4. /nl/articles/2404/16/news112.jpg 「ママ友襲来10分前」→さぁ、どうする……? 大爆笑の“あるある”再現が400万再生突破「腹ちぎれました」「バナナ食べんでもええやん」
  5. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  6. /nl/articles/2404/18/news032.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに手をスリスリされた瞬間…… 愛と幸せあふれる空間に笑顔になる「これぞ天使だ」
  7. /nl/articles/2404/18/news130.jpg 漂う違法感 東京に戻る息子へ持たせた“大量のブツ”に「九州人あるある」「帰省からの帰りいつもこれ」の声
  8. /nl/articles/2404/18/news176.jpg 「大型魚の餌に!!」 熱帯魚店の“思わず目を疑うPOP”に恐怖 「サメでも飼うの?」
  9. /nl/articles/2404/18/news015.jpg 【追記】クルマのヘッドライトを「魔法の水」で磨いてみたら…… SNSで話題「ダイソーのアルカリ電解水」の効果に「今日やってみます」「参考になりました」の声
  10. /nl/articles/2404/16/news135.jpg 鼻がムズムズの2カ月赤ちゃん、息を吸い込んだ次の瞬間……! まるで天使な8秒に「このくしゃみは何!?」「全てがかわいい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」