ニュース
» 2017年10月22日 23時05分 公開

「最強のエコカーを手に入れた」 UVERworldがレッドブル・ボックスカート・レースで疾走! 単独インタビューで見えたUVERの素顔

(画像追加)どうだ? こんな感じがUVER!

[Kikkaねとらぼ]

 ミクスチャーロックバンド・UVERworldの真太郎さん、信人さん、誠果さんが10月22日、レッドブル・ボックスカート・レースに登場。バンドをイメージしたカートでレースコースを駆け抜けました。さらにレース後にはねとらぼ編集部の単独インタビューに応じ、コアな質問にも回答してくれました。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 レッドブル・ボックスカート・レースに挑戦したUVERworldの信人さん(右)と誠果さん(左)

 東京・赤坂サカスで開催されたレッドブル・ボックスカート・レースは、アマチュアドライバーが手作りのボックスカートを走らせる大会で、カートのデザインや完成度、出走前のパフォーマンス、コースタイムの3項目で競い合います。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 応援に駆け付けた真太郎さん

 大会のイメージソング「RENGE」を歌い、アンバサダーを務めるUVERworldからは真太郎さん、信人さん、誠果さんが会場に登場。大雨の中、一般募集されたデザインの中からメンバーに選ばれたボックスカート「UVERworld(デザイン・水内亜衣さん)号」に信人さん、誠果さんが搭乗し、会場を沸かせました。カートは横浜アリーナで行われたライブ「男祭り」のパーカーロゴをベースに大空へ羽ばたく鳥と勝利の女神「ニケ」をイメージしたデザイン。横から見るとボーカルTAKUYA∞さんをイメージさせるような「∞」のマークにも見えるようになっています。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 レース前のUVERworld号

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 フロントは男祭りのパーカーロゴをベースにしたデザイン

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 2人乗りが可能で、後部には∞マークに見えるようなデザイン

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 桜のマークが何ともかわいらしい

 出走直前、信人さんと誠果さんは降りしきる雨の中、ファンたちと握手をしたり、ライブさながらのフィスト・バンプ(拳と拳を合わせるあいさつでUVERworldのライブでは恒例)に応じるなど丁寧に対応。朝からずっとメンバーを待っていたというファンの女性は「こんなに近くで見られるなんてもう二度とないかもしれない。幸せです」と感激していました。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 UVERcrew(ファン)と触れ合う誠果さん

 またカメラマンとはぐれてしまったねとらぼ記者が「スマホで撮影させてもらえないか」と失礼なことを言っても、「メディアなのにスマホで取材なんですか!? めちゃくちゃ面白い。全然良いですよ! 撮ってください」と快く応じてくれました。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 誠果さん「え、カメラないんですか! マジでスマホで撮るんすか!」

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 誠果さん「めっちゃおもろいやん」

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 誠果さん「今日一番おもろい。全然良いですよ!」

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 誠果さん「撮ってください!」

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 本当にすみません、ありがとうございました……!

 そしていよいよ出走。安定性抜群の「UVERworld号」は終盤失速してしまったものの、転倒などの事故もなく、見事に完走。ファンからは大きな歓声が上がりました。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 いよいよ出走

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

 大会終了後、メンバーは表彰式に出席し、「今日はステキなレースをたくさん見せていただきました。お疲れさまでした」(真太郎さん)と出場者をねぎらった他、実際にカートに乗ってみた感想について「ハマりそうです」(信人さん)、「来年もありやなぁ」(誠果さん)と、次回の参加をにおわせました。また表彰式の終了後には、単独取材にも応じました。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 会場に集まったUVERcrew。スーツ姿のcrewは「岡山から駆け付けました!」と笑顔を見せた

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 TAKUYA∞ポーズで1枚。その場に居合わせただけでも結束できるのがUVERcrewの良さ

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 表彰式ではプレゼンターとして活躍

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 特別ゲストの水溜りボンド、フィッシャーズと入賞者とともに

――今日はお疲れさまでした。2008年のアルバム「PROGLUTION」に収録されていた「ENERGY」では、「ハイブリッドCARぜってー乗るぞ」「give me エコCAR」といった歌詞が話題になりました。今日はある意味で“最強のエコカー”に乗られたのではないでしょうか。

信人そうですよ、最強のエコカーです! (カートは)もう夢しかないですよね。自分次第でどこでも行けるような気がするっていうか。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 表彰式での信人さん

誠果かなりクオリティー高かったしね。(実際に運転してみると)思っていたよりもスピードが出ましたし、性能もよかったですよ。最後の最後にちょっとだけ故障しちゃったけどね。そこはほら、エコですから(笑)!


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 来年出場の含みを残した誠果さん

真太郎デザインしてくれた学生さん(水内亜衣さん)ともお会いできて良かったです。今回UVERworld号は水内さんのデザインを基に、ガチの方がカート本体を製作してくださったので、水内さん自身も喜んでいましたし、僕たちも実物を拝見してクオリティーの高さにはびっくりしました。さすがお金がかかっているだけあるなぁ、と思いました(笑)。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 水内さんと会えてうれしかったという真太郎さん

――今回のカートには横アリ・男祭りのがっこいいロゴが入っていましたが、UVERworldといえば初期にはUVERちゃんというマスコットキャラクターがよく使われていました。今後UVERちゃんはもう見られないのでしょうか。

信人いえ、UVERちゃんはちょっと今旅に出ているだけなんです。バックパッカーなのでなかなか帰ってこないだけでね。帰ってくる予定がないわけではないんですよ。


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果 初期ライブではマネージャー・タケシさん扮するリアルUVERちゃんいじりも鉄板だった

――最後に、レッドブルはエナジードリンクですが、皆さんがライブ前などにエナジーをチャージできるものがあればそれぞれ教えてください。

真太郎それこそ信人はレッドブルじゃないですか?

信人飲んでる。

誠果そうやんなぁ。

真太郎ステージにも置いてたりするもんなぁ。

信人うん。

真太郎僕はおにぎりかな。

誠果僕はバナナですね。

――今日はありがとうございました。またライブ会場に遊びに行きます!

信人はい、ぜひ!


UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果

UVERworld ボックスカート レッドブル 真太郎 信人 誠果


 UVERちゃんの意外な消息など、コアな質問にもバッコリ答えてくれたUVERworldの皆さんが盛り上げたレッドブル・ボックスカート・レースの詳細は、あらためて記事を掲載予定です。どうぞお楽しみに!

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」