ニュース
» 2017年10月30日 21時41分 公開

VRで木桶に入った感覚を体感できる「VR KIOKE」 360度ぐるっと木桶が見放題!

実は「木桶職人復活プロジェクト」の成功を願って作られました。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 「木桶の中に入った体験」が味わえる「VR KIOKE(木桶)」が秋葉原にある日本百貨店しょくひんかんに設置され、Twitterでまさかのブレイクを果たしています。



VR木桶 「まるで木桶の中に入ったような感覚」

 用意されたVRゴーグルをかぶれば、そこはたちまち「木桶の中」。360度見渡す限りの「木桶」が見える風景は他のVRゲームなどではまずありえません。店長の蓑島学さん曰く「見て後悔しますよ」という言葉に恥じない驚きの出来です。

 きっかけは2017年3月に、小豆島のヤマロク醤油社が主導する、木桶の食文化を復活させるために生まれた「木桶職人復活プロジェクト」の一環として、店内に大きな木桶を置いたこと。

 それがなかなか注目されず困っていたところ、蓑島店長が「秋葉原の人に木桶に触れてもらえるには」と「VR KIOKE」を考案しました。なおVRに登場する木桶は、店の大きな木桶に蓑島店長が実際に入って、VR用の360度カメラで撮影したもの。


VR木桶 目の前には木桶の姿が現れる(実際の見え方とは異なります)

VR木桶 巨大な木桶とともにある、「木桶職人復活プロジェクト」のコーナー

 しかし周囲からはなかなか賛同を得られず、肩身の狭い思いをしながらの導入作業だったそうです。箕島店長が木桶の中へ出たり入ったりする様子の写真がお店のスタッフLINEの中で出回って笑われたとか。

 5月末の導入後もなかなか話題にならなかったものの、10月末にツイートで話題となり、現在は取材の申込みが多数寄せられています。


VR木桶 昔ながらの木桶で作られた、小豆島のおいしい醤油

 「木桶職人復活プロジェクト」コーナーにはVRだけでなく木桶で実際に作られた食品が並び、醤油・味噌・日本酒・漬物・みりん・酢、さらにはソースまで売られています。

 なおこの取り組みを見て、実際に「木桶職人になりたい」という人が少なくとも2人以上現われたとのこと。無鉄砲な熱意にほだされたのかも知れません。蓑島店長は「このVRがきっかけになって、実際の木桶にも触れてくれれば」と語っています。


VR木桶 店長の非常に正直なコメント

 ちなみに昔の棺桶が木桶だったことから「江戸時代の埋葬体験ができるVR?」と言う人も居ますが、そういった意図は特にないとのこと。

 「※体験後はなんとも微妙な空気になりますが、ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。」という蓑島店長のコメントそのままのVR KIOKEは、今日もあなたのチャレンジを待っています。



辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」