ニュース
» 2017年11月15日 17時40分 公開

「新感染」監督、次回作はNetflix作品「Psychokinesis」 超能力に目覚めた父が娘を救う

公開が楽しみ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Netflixはヨン・サンホ監督のオリジナル映画「Psychokinesis(原題)」の製作を発表しました。配信は2018年を予定。

「新感染」監督、次回作はNetflix作品「Psychokinesis」 超能力に目覚めた父が娘を救う 韓国で社会現象になった「新感染」

 同監督は2016年に公開されたゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」が観客動員数1160万人を突破するなど、韓国で社会現象に。ホラー小説の巨匠スティーブン・キング氏も絶賛するなど、一躍トップクリエイターとして世界中から注目を集めていました。

 新作はサイコキネシスというタイトルの通り、ある日超能力に目覚めた父親が、トラブルに巻き込まれた娘を救うため立ち上がるという筋書きになるとのこと。「新感染」ではゾンビと列車内の閉鎖空間という特殊な状況下での父娘愛が描かれましたが、次回作でも捻りの効いた設定と普遍的なメッセージが混在する独自の世界観が堪能できそうです。

「新感染」監督、次回作はNetflix作品「Psychokinesis」 超能力に目覚めた父が娘を救う 2018年配信予定

 リリースによると、Netflixの会員数は現在1億900万人。Netflixは10月、2018年度にコンテンツに費やす予算が70〜80億ドル(約7900億円〜9000億円)になり、オリジナル映画80本の製作を予定しているとも発表していました(関連記事)。近年では各国のクリエイターとコラボした作品が目立っており、韓国映画界からはポン・ジュノ監督の「オクジャ/okja」がネット配信された映画として初めてカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されたことも話題を呼びました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた