ニュース
» 2017年12月26日 11時00分 公開

バシリスクになって水の上走ってきた 日本科学未来館で“生きものになれる”企画展が開催中

あの「ダンゴムシスーツ」もあるよ!

[あだちまる子,ねとらぼ]

 “動く”図鑑として、シリーズ累計270万部を突破した『MOVE』(講談社)の世界にとびこめる、「MOVE 生きものになれる展 動く図鑑の世界にとびこもう!」が、日本科学未来館(東京・お台場)で11月29日から開催しています。

※15時追記:バジリスク→バシリスクに表記を修正しました


生きものになれる展 「MOVE 生きものになれる展 動く図鑑の世界にとびこもう!」

 同展は、身体を動かしながら生きものに“なれる”ことで、生きものたちの生態を学べる企画展。生きもの大好きな子どもはもちろん、人間として生きていくことに飽きてしまった大人まで、体験を通して楽しめるさまざまな“動く図鑑”が展示されています。


生きものになれる展 会場内の様子 1階の企画展示ゾーンでドドーンと開催している

 今回は、同展で生きものに関する知見を深め、より良い生きもの記事を世に送り出すべく、ねとらぼ生物部の筆者がバシリスクになって水の上を走ったり、ダンゴムシになって丸まったり、ペンギンになって氷の上をすべってきました。


生きものになれる展 生きものに“なれました”

 同展が開催されている日本科学未来館1階・企画展示ゾーン内は、ワンダー・ジャングル、ミラクル・サバンナ、スモール・ガーデン、サバイバル・オーシャンの4つのテーマゾーンで構成されており、図鑑『MOVE』をひっくり返したような好奇心を刺激する空間が広がります。

「バシリスクになって水上を走れ!」(ワンダー・ジャングル)

 天敵から逃げ切るバシリスクのように、水上を全速力で走り抜けます。液体の上を走るというレア体験に、子どもも大人も大喜び。筆者も思わず「なんだこれ!」と声を上げてしまいました。


生きものになれる展 水の上を走る……だと!?

生きものになれる展 私、もしかして

生きものになれる展 水の上走ってるー!?

「ライオンになって獲物にとびかかれ!」(ミラクル・サバンナ)

 バレないように草木のパネルに身を潜め、タイミングを見計らいシマウマにガブリ! と襲う百獣の王ライオンを疑似体験できます。グループチームで力を合わせて捕食をするもよし、筆者のようにソロプレイで会場内の親子連れの視線を独り占めするもよし。


生きものになれる展生きものになれる展 シマウマの目がギョロリとこちらに向いている間は身を潜める

生きものになれる展生きものになれる展 よそ見をしているすきにダッシュ!

生きものになれる展 うぇーい 一人でやってやりましたよ

「鎖をつけてダンゴムシになろう」(スモール・ガーデン)

 ここにしかない“ダンゴムシスーツ”を身にまとい、アリの攻撃から身を守る昆虫体験ができます。子どものころ手のひらで転がしたり、棒でつついたダンゴムシさん。あのときの彼らの苦労が理解できるかもしれません。


生きものになれる展 ダンゴムシさんゾロゾロ入場

生きものになれる展 アリさんがきたら身体を丸めて身を守ります

生きものになれる展 子どもに混じる筆者のオールスター感謝祭のときのしょこたん感

「ペンギンになって氷をすべりぬけろ!」(サバイバル・オーシャン)

 海に浮かぶ氷山の上を、ペンギンのお腹を使ってすべりぬける体験展示。とってもかわいいペンギンスーツを着てビューンとすべります。口を大きく開けて待ち構える古代ザメ「メガロドン」の迫力にビックリ。


生きものになれる展 サメさんの胃袋の中に自ら飛び込むデスゲーム

生きものになれる展生きものになれる展 ペンギンスーツを着て先輩ペンギンさんから指南を受けます

生きものになれる展 アディオス!!!

完全オリジナルの図鑑パネル

 各テーマゾーンに設置している図鑑パネルは、世界初公開の生きもの写真とともに生態を紹介。読み応えたっぷりの完全オリジナルパネルでさらなる理解を深めます。


生きものになれる展 見ているだけで「へぇ〜!」と楽しい図鑑パネル

生きものギア・センター

 生きものの部位を“ギア”として装着して、身体の進化の不思議を学べるスポット。世界一美しいチョウの羽のギアで“インスタ映え”を狙えるかも。


生きものになれる展生きものになれる展 モルフォチョウとアフリカスイギュウ

巨大図鑑

 生きものの「うんち」や「おなら」の“におい”の違いを比べるユニークな展示や、求愛行動を学べるゲームなどを楽しめる「巨大図鑑」。子どもって「うんち」や「おなら」ですぐゲラゲラ笑いますが、大人もこの「おなら」の展示ですぐゲラゲラ笑えます。なぜかってマジでくさすぎるから。


生きものになれる展 「くさ! いや、くっさ、は? くっさ」ってなる

 休日は各体験展示に待ち時間が発生する場合があるので、平日の午前中などに訪れるのがオススメ。同展でしか買えない限定グッズも販売しています。


生きものになれる展生きものになれる展 限定グッズや「進撃の巨人」コラボグッズなど

 全力で楽しむ中で、生きものへの関心をさらに深める新しい体験型企画展。はしゃいだり、驚いたり、思わずムキになったりと、めっちゃ全力で遊びながら、知見を深めた気がする筆者なのでした。


生きものになれる展生きものになれる展 インスタ映えスポットもあるよ

「MOVE 生きものになれる展 動く図鑑の世界にとびこもう!」

会期:2017年11月29日〜2018年4月8日

開館時間:10時〜17時(入場は閉館時刻の30分前まで)

休館日:火曜日(12月26日、1月2日、3月20日、27日、4月3日は開館)年末年始(12月28日〜1月1日)

会場:日本科学未来館(東京・お台場)1階 企画展示ゾーン


あだちまる子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する