ニュース
» 2018年01月14日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:しんしょうひんができました こぐまのケーキ屋さん(5)「プリンアラモード」

言いにくい単語ってあるよね……。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第21話〜第25話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「プリンアラモード」


こぐまのケーキ屋さん


「ゆうひ」


こぐまのケーキ屋さん


「せいちょう」


こぐまのケーキ屋さん


「さんた」


こぐまのケーキ屋さん


「どんぐり」


こぐまのケーキ屋さん


店長の言えないもの

 こぐまさん店長が新商品として作ったのはおいしそうな「プリンアラモード」。その見事な出来に「すごい!」と褒める店員さんですが、こぐまさんは「ぷりんありゃもど…です」「ぷりんあらもろ…ぷいんあやらろろ…」「ぷいんあららもろ…」とどうしても商品名を正しく言うことができません。最終的には落ち込むように顔をふさいでは「やめます…」と一言。もうかわいすぎて“ぷいんあらもろ”でいい気がしてきた……!

 ちなみにこぐまさんは「ラングドシャ」も言えないそうなので、この2つが注文できるようになる日はちょっと遠そうです。みんなそれぞれ言いにくい単語ってあるから気にしないで店長!


こぐまのケーキ屋さん

 そんな見ていて笑顔になる楽しいこぐまさん店長と店員さんの日常ですが、ふたりでゆったりとコーヒーを飲みながら夕日を眺めるエピソードは、なんだか心を軽くしてくれるような、これまでにないほっこり回。「おひるとよるがまざってきれいですね」「そうですね」というなんでもない会話と、その後ろ姿と目の前に広がる夕日が、現実の忙しい日々を忘れさせてくれます。

 今回は他にも店員さんの成長イメージ図を描いたり、ちょっと違うサンタ(三太)を思い浮かべたりと、こぐまさんの豊かな想像力が発揮されたエピソードも印象的でした。

 次回は以前の「おにもつ」(3話参照)でちょろっと名前だけ出てきていた新キャラクターが登場します。おたのしみにっス!


こぐまのケーキ屋さん


これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ