ニュース
» 2018年01月14日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:しんしょうひんができました こぐまのケーキ屋さん(5)「プリンアラモード」

言いにくい単語ってあるよね……。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第21話〜第25話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「プリンアラモード」


こぐまのケーキ屋さん


「ゆうひ」


こぐまのケーキ屋さん


「せいちょう」


こぐまのケーキ屋さん


「さんた」


こぐまのケーキ屋さん


「どんぐり」


こぐまのケーキ屋さん


店長の言えないもの

 こぐまさん店長が新商品として作ったのはおいしそうな「プリンアラモード」。その見事な出来に「すごい!」と褒める店員さんですが、こぐまさんは「ぷりんありゃもど…です」「ぷりんあらもろ…ぷいんあやらろろ…」「ぷいんあららもろ…」とどうしても商品名を正しく言うことができません。最終的には落ち込むように顔をふさいでは「やめます…」と一言。もうかわいすぎて“ぷいんあらもろ”でいい気がしてきた……!

 ちなみにこぐまさんは「ラングドシャ」も言えないそうなので、この2つが注文できるようになる日はちょっと遠そうです。みんなそれぞれ言いにくい単語ってあるから気にしないで店長!


こぐまのケーキ屋さん

 そんな見ていて笑顔になる楽しいこぐまさん店長と店員さんの日常ですが、ふたりでゆったりとコーヒーを飲みながら夕日を眺めるエピソードは、なんだか心を軽くしてくれるような、これまでにないほっこり回。「おひるとよるがまざってきれいですね」「そうですね」というなんでもない会話と、その後ろ姿と目の前に広がる夕日が、現実の忙しい日々を忘れさせてくれます。

 今回は他にも店員さんの成長イメージ図を描いたり、ちょっと違うサンタ(三太)を思い浮かべたりと、こぐまさんの豊かな想像力が発揮されたエピソードも印象的でした。

 次回は以前の「おにもつ」(3話参照)でちょろっと名前だけ出てきていた新キャラクターが登場します。おたのしみにっス!


こぐまのケーキ屋さん


これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた