ニュース
» 2018年02月26日 13時45分 公開

京大“折田先生像”、2018年は“どうぶつの森”の「リセットさん」に! 出題ミス問題のDis看板も

「みしらぬネコ」からの力作看板にも注目!

[Kikka,ねとらぼ]

 入試シーズン恒例となっている京都大学の「折田先生像」が2018年も出現。人気ゲーム「どうぶつの森」に登場するキャラクター「リセットさん」に扮した姿で受験生を激励しました。

 大学構内には1997年まで、京都大学の前身である旧制三高の初代校長、折田彦市さんの功績をたたえる銅像が建てられていました。しかし、その銅像への落書きやイタズラが相次いだことで撤去されており、現在では受験シーズンになると何者かによってハリボテの「折田先生像」が設置されることが恒例。2017年にはお笑い芸人の「コウメ太夫」さん(関連記事)、2016年は任天堂のキャラクター「カービィ」(関連記事)、2015年にはアニメ「サザエさん」の中島くん(関連リンク)がモチーフに選ばれてきました

 今年設置された「リセットさん」とは、モグラのキャラクターで、ゲームをリセットしたり、電源を切ったり、セーブせずにゲームを終了したりすると登場。関西弁を使ってハイテンションでプレイヤーをお説教する姿は同シリーズのお約束となっていて、一部のファンから熱烈な支持を集めています。

 そんな「リセットさん(折田先生像)」の存在が京都大学構内で目撃されたのは2月25日の深夜で、傍らには「折田彦市先生はリセット監視センターの職員としてプレイヤーへの注意に尽力し、京大にリセット禁止の学風を築くために多大な功績を残した人です。どうか次回作はオートセーブにしないでください。みしらぬネコ」という看板も設置される力の入れようでした。


京都大学 京大 Twitter Twitterで「折田先生像」を検索した様子(Twitter画像検索より

京都大学 京大 Twitter Twitterで「京大」を検索した様子。出題ミス問題に関するDisも……!(Twitter画像検索より

 さらにこの像は時間経過とともにアップデートされていくのも特徴で、お昼ごろには平昌オリンピックで話題になった謎オブジェ「モルゲッソヨ」のネームプレートや、節分に使われたのであろう鬼のお面、「京大入試の魔」という張り紙が施されるなどのカオス展開に突入しました。

 また古代エジプト神話に登場する「メジェド」をモチーフにした被り物体験コーナーや、テレビアニメ「からかい上手の高木さん」風の立て看板、「ポプテピピック」のワンコーナー「ボブネミミッミ」風に「何気ない出題ミスが、受験生をきずつけた」と京大入試の出題ミスを痛烈にDisる看板も設置されました。

 受験生の不安をくすっとくる笑いで吹っ飛ばしてくれる「折田先生像」。来年は一体どんなモチーフが選ばれるのでしょうか。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声