ニュース
» 2018年05月12日 18時07分 公開

ハッシュタグ「二度と撮れない写真を貼れ」に傑作写真集まる 「雲の鳳凰」「ロケットの軌跡」「夢の中のような桜並木」

美しさに圧倒される写真から、心打たれる写真まで。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterで流行しているハッシュタグ「#二度と撮れない写真を貼れ」で、さまざまな種類の傑作写真が投稿され注目を集めています。



 富士山の上に「雲の鳳凰」が現れたような1枚から、時間が停止した夢の中にいるような「美しい桜並木」、または打ち上げられた「ロケットの軌跡」を捉えた写真など、どれも口がぽかんと開いてしまうような奇跡を感じる“二度と撮れない写真”が公開されています。中には熊本地震によって破壊されてしまった「ラピュタの道」(関連記事)とそこから見られた過去の絶景を投稿する人も。確かにこれは二度と撮れない……。












 また「切り絵イラスト」と風景を合わせたその時の空気感を感じる写真や、微妙な配合の違いで生まれる「青のクリームソーダ」の写真に、アニメのワンシーンかのような桜舞い散る中の人物写真といった二度と撮れない写真も。特に心動かされるのは、結婚式で娘を見送る父の背中を撮影した1枚や、亡くなったおじいちゃんの形見のレンズで撮影したおばあちゃんの写真、そして「嫁さんありがとう」の言葉とともに投稿された生まれたばかりの赤ちゃんの写真です。そこに流れる物語も含めて、ステキな1枚がTwitter民の心を温かくしています。








 さらに二度と撮れない動物たちの姿も多くみられ、とっても小さいころの天使のようなウサギさんたちや、見返り美人すぎる猫さんに、躍動感のすごい猫さん(関連記事)。また一見すると攻撃する瞬間に見えるフクロウさんに(関連記事)、ジャンプした瞬間の野生のキツネさんなど、どれもあいくるしい姿を見事に捉えた写真を見ることができます。







 この記事を書いている間も続々と投稿されている「二度と撮れない写真」。休憩やまったりした時間にハッシュタグから巡ってみると、思わぬ1枚に出会って感動したり、心が癒やされたりするかもしれません。

ねとらぼ編集部の絶景写真もどうぞ(撮影:Ryo Tajima)






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」