ニュース
» 2018年05月14日 20時00分 公開

エレベーターで出くわしパニックに……クモ恐怖症「アラクノフォビア」で夏がこわいエッセイ漫画に共感の声

もしかしたらその“嫌い”はなにかの恐怖症かもしれない。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「アラクノフォビア(クモ恐怖症)」についてのエッセイ漫画がTwitterで注目を集めています。以下では文字もダメなひとのために、その恐怖の対象を「K」としています。



 なにかに対して苦手や嫌い以上の“恐怖”を抱く恐怖症。Wikipediaで一覧を見ても信じられないほどさまざまな種類がありますが、投稿者のぱるあ(@parua)さんは「K」に対して著しい恐れを抱くアラクノフォビア。KINCHOが「怖い、嫌悪感を抱く」という声を受けて殺虫スプレーの虫の絵入りパッケージをはがせるようにしたのは記憶に新しいですが(関連記事)、ぱるあさんもやはり実物以外のイラストや文字・言葉を聞くのも無理なほどです。

 恐怖症だと気づいたきっかけは4年前、エレベーターに1人で乗っていたときに「K」と出くわし、汗や涙が止まらず混乱するほどのパニック状態に陥ったことから。その後も「あんなちっぽな生き物に、なぜこんなにも涙をながしているのか」と自分が情けなくなり、どうにか克服できないかとネットで調べた結果、アラクノフォビアの症状に当てはまったのでした。


クモ 恐怖症 アラクノフォビア 漫画 夏 怖い 「K」がよく描かれるハロウィンのイラストにも恐怖したり……

 昔から「K」に出くわすと自分の様子がおかしくなると自覚していたぱるあさん。頭では「もっと危険な虫はいる」「人を襲ってくるわけじゃない」「立派な生命」だと分かってはいるものの、どうしても恐怖という感情が勝ってこみ上げてきてしまうといいます。

 特に発見してから見失ってしまうと、「K」がどこかに存在するということで不安になるため、周囲の人が助けてくれる場合でも「ほら、もうどっかいったよ」が一番恐怖だとしています。確かにこれは恐怖症の人でないとなかなか伝わらないのかも……。


クモ 恐怖症 アラクノフォビア 漫画 夏 怖い 他人には理解されにくい恐怖症だけに、寄り添うような言葉に救われたぱるあさん

 漫画では恐怖を抱くようになった始まりは、夏休みに行った田舎のおばあちゃんの家でたくさん見たからかもと自己分析しています。それもあってか「夏がこわい」と、年々増していく「K」への恐怖とともに「夏」も無理になっているぱるあさん。虫関連がダメな人にとって夏は確かにキツそうだ……。


クモ 恐怖症 アラクノフォビア 漫画 夏 怖い 確かに夏はこわい……

 Twitterでは「すごくわかります」「夏が本当に怖い」と同様の恐怖症の人から共感の声が寄せられ、また「私これだったんだ」と気づいてスッキリしたという声も上がるなど話題に。他にもトライポフォビア(集合体恐怖症)や風船恐怖症、中には文字にできないため「私もアレ恐怖症だ」と、同じような症状から気づかされた人の声もみられます。




 同じ恐怖症でも人によって程度の差はあると思いますが、これらの恐怖症が実在するのは事実。イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学が2016年に、「アラクノフォビアの人には『K』がより大きく見えている」という内容の研究結果を発表しているように、他人とは違って見えたり感じている可能性が高いので、たとえ理解は難しくとも「そういう人たちもいるんだ」と頭に入れておくのは大事かもしれません。

画像提供:ぱるあ(@parua)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  7. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/21/news034.jpg 黒猫さんが寝込む飼い主を看病して…… そばから離れずジッと見守る姿に「家族でもここまでしてくれない」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる