ニュース
» 2018年06月05日 13時10分 公開

おかわりはるたん! 田中圭、「おっさんずラブ」効果で2年前の写真集『R』が重版がかかる事態に

はるたんとは違った田中さんの魅力がたくさん。

[のとほのか,ねとらぼ]

 男同士のピュアな恋愛模様と役者の熱演が話題を集め、6月2日に惜しまれつつ最終回を迎えたドラマ「おっさんずラブ」。その余波で、主演を務めた田中圭さんの写真集『R』(2016年3月発売 ぴあ)が6月4日、発売から2年が経過しているにもかかわらず重版されることが決定しました。おっさんずラブ効果ハンパねぇ!

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R 写真集『R』(ぴあ)

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R
田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R


 「おっさんずラブ」は、田中さん演じる“はるたん”こと春田創一と、少女漫画に登場するヒロイン並みに乙女な部長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)、ドSな後輩の牧凌太(林遣都さん)の三角関係を描いた恋愛ドラマ。男同士が繰り広げる月9のような“王道ラブストーリー”に胸キュンする人が続出し、最終回の放送中には、Twitterで「#おっさんずラブ」がトレンド世界1位となり、放送終了後もトレンドに浮上し続け「おっさんずラブ」ロスに襲われる人が後を絶ちませんでした。筆者もまたその1人。

 また、はるたんのばかで愛らしいキャラクターも人気を集め、その影響から写真集への問い合わせが殺到。ファンからの熱いリクエストに応え、重版の運びとなりました。3日には2016年12月に発売したドキュメンタリー写真集『田中圭PHOTO BOOK「KNOWS」』も2度目の重版決定となるなど、おっさんずラブ効果が押し寄せています。

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 KNOWS 写真集『田中圭PHOTOBOOK 「KNOWS」』(東京ニュース通信社)も重版

 2011年9月に発売された『月刊MEN 田中圭』以来約4年半ぶりに発売された写真集『R』では、渋谷のスクランブル交差点や路地裏、ホテルの一室などさまざまなシチュエーションで撮影された写真やロングインタビューが掲載。部長や牧が恋したおちゃめなはるたんとは違った色気たっぷりな表情を見ることができます。あああああはるたんんんんー!

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 KNOWS あぁ……

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 KNOWS たばこになりたい(錯乱)

 この反響にネット上では、「出版社の中の人、素早い決断ありがとーーーーー!」「重版と聞いてついポチってもうた」「生まれて初めて写真集欲しいと思った」など歓喜の声が続出。また、「これから田中圭、林遣都の 過去作品漁ろうと思ってるんだけどもう借りられててない気がするんだよな〜」などその人気に圧倒されている人もいました。

田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R
田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R


田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R
田中圭 おっさんずラブ ドラマ 写真集 重版 R


関連キーワード

オヤジ | 写真 | 写真集 | ドラマ | ぴあ | 出版


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」