ニュース
» 2018年06月16日 08時00分 公開

こりゃやばい! 三和交通のぶっとび特別車「SPタクシー」「忍者タクシー」に爆乗してイイキモチになってみた(2/3 ページ)

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

「忍者でござる」の巻

 忍者にも会いたい。「忍者タクシー」にも乗ってみたいとリクエストしました。すると、SP様はどこぞにスッと退場し、しばし1、2分。

 「忍者でござる」

忍者と筆者 とりま、記念撮影(はぁはぁ、がんばってネット俗語使ってみた)

 !! 出た!

 忍者様、名前は「さっとりくん」といいます。三和交通の「さ」だそうです。何を話すにも、語尾は「ござる」で押し切るのが信条です。

 「なにか“術”をしてください」と頼んだら、「自動でドアが開く術、でござる」と、新型車「JPN TAXI」(関連記事)の後席スライドドアを開けてくれました。

 「これくらいしかないでござる」。

 ブフォッ、これだけかよ。大丈夫かあああ。このキャラ設定。

自動でドアが開く術 さっとりくんの「自動でドアが開く術」。アナタの術じゃなくてJPN TAXIに備わる電動スライドドアだよなっ!

ボンネットに隠れた 車の陰に隠れてしまいました

自動でドアが開く術 なによりお客さまの安心と安全を第一に考えるさっとりくん

自動でドアが開く術 こんなお茶目なさっとりくんが運転して目的地まで運んでくれる

 「何か特別な接客はあるの?」と聞いたら、「あるでござる」と自信満々な様子。

 実演をお願いしたところ、しなやかにドアを開け、客を座席へていねいに誘導。そして疾風のごとき素早く運転席に駆け込むという寸劇が始まりました。想像してみましょう、自分がこれを目の当たりにしたときの状況を。ね、試したくなったでしょう。

「でも、これ以上素早い動きはできません」(キリッ

 すばらしい機敏な動き。さぞやたくさん練習したのでしょう。

 「否。いま思い付いた。ぶっつけ本番でござる」と堂々とした答え。きっと、臨機応変にお客さんの要望に応えてくれる優しい忍者だと思います。

自動でドアが開く術 にんにん!

自動でドアが開く術 忍者でタクシー」はこんな人にオススメ(英文説明もちゃんとある)



 この取り組みの主ターゲットは、急増している外国人観光客。先日開始した「黒子のタクシー」(関連記事)は、中国やドイツなど海外メディアでも紹介されたそうです。中国のメディアクルーは「空港にこんな形で迎えに来てくれたら絶対にうれしい。思い出になる」と感動したそうです。この言葉をきっかけに今回の企画が、特に「忍者」が生まれたのでした。

 SP様や忍者様の写真はSNSへの投稿もOK、むしろ大歓迎。こんなタクシーが来たら忘れられない旅になります。もちろん、日本に住んでいる人が普段の移動に使うこともできます。何かの特別な日、ハレの日に利用するのも良さそうですね!

黒子のタクシー 「黒子のタクシー」もやってます(同社サイトより)

三和交通はなぜ「攻め続けている」のか?

 さて、一通り楽しんだところで、まじめに取材もしたいと思います。まず入り口にあった「超脱臭装置付きタクシー」は一体何なのでしょう。

超脱臭装置 超脱臭装置付きタクシーって何だ?

 この車両はエイプリルフール企画用に作ったネタ車両だそうです。聞けば三和交通は、2015年からエイプリルフールに力を入れていて、「ドローンタクシー」「ロボットタクシー」など、毎年話題性のあるネタ車両を制作しています。フォトショップ合成でいいじゃねーかとも思いますが「マジ車両」、これが三和交通の意気込みなのです。

ロボットタクシー 2017エイプリルフール企画「ロボットタクシー」(同社Twitterより)

 遊んでいるだけに見えますか? 違います。実は「昨今のタクシー業界が抱える課題を解決する」ために次々と企画を打ち上げているといいます。狙いはどこにあるのでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる