ニュース
» 2018年06月18日 18時57分 公開

祝トヨタチーム、ル・マン悲願の初勝利! 優勝記念フォトギャラリー(3/3 ページ)

[岩城俊介,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

ライバル不在といわれる中、なぜトヨタは参戦と勝利にこだわったのか?

 ル・マン24時間レースは、フランスのル・マン市にあるサルトサーキットで行われる自動車耐久レース。開始は1923年と歴史があり、F1「モナコグランプリ」、インディカー「インディ500」と並び、世界の三大自動車レースとして知られます。

 24時間をレーシングスピードで走り続けるその過酷な環境は、自動車メーカーにとって優れた速さ・技術力、耐久性、信頼性を示す格好の場であり、また試練の場でもあります。日本メーカーのル・マン制覇は1991年のマツダ「787B」以来、2社目。また中嶋選手の勝利によって、ル・マン史上初めて、日本人ドライバーと日本の自動車メーカーによる総合優勝も飾りました。

 トヨタチームのル・マン参戦は通算20回目。これまで2位3回、なかなか勝てませんでした。特に2016年は残り3分、あと少しのところで初勝利を逃した悲運の過去が思い出されます。24時間走り続ける過酷なレースは体力、精神面への厳しさはいざ知らず、また車両にもトラブルがつきもの。クルマが速いだけでは勝てません。

 今回、2017年まで最大のライバルだったポルシェのワークスチームが参戦しなかったことから、トヨタは「なぜ参戦するのか」その意義も問われました。「2017年は優勝こそできなかったがコースレコードを出し、“最も速い、他よりも速い”ことは証明した。しかし“最も強い”は達成できなかった。ここはクルマにおける安全、安心、信頼、快適といった根本につながること。ライバル不在とはいわれるが、私たちは何より“強さ”を証明したかった」(GRモータースポーツ部開発部の小島部長)と理由を述べました。例えば、「何より、気持ちよく走れるクルマであることを目指した。また練習時にダミーの故障情報を出すなどし、訓練した。こうしてチーム全体の“トラブル対策、回避”の能力を底上げして挑んだ。トヨタがクルマ作りで大切にしている“カイゼン”の考えを改めて取り入れた」(小島部長)などで“強さ”を磨いていきました。こうして、クルマ、ドライバー、チーム体制ともに万全の体制で臨んだ結果、見事それを打破したのです。

 またトヨタは2018年1月に米国で行われた世界的な家電イベント「CES 2018」に参加し、豊田章男社長はこれまでの自動車メーカーとしてではなく、ITが当たり前になった次なるクルマ社会を見据えた「モビリティカンパニー」へ変革する決意を大々的に述べました。

photo CES 2018の基調講演に登壇し、「モビリティカンパニーへの変革」を語った豊田章男社長

 トヨタは、既に敵は自動車メーカーや関連メーカーだけではなく、グーグルやアマゾン、アップル、フェイスブック、マイクロソフトといったプラットフォームを握る巨大IT企業や、ウーバーを始めとするITでこれまでの業界の在り方を変えてしまう「デジタルディスラプター」と呼ばれる企業などに目を向けていることが伺えます。ここにこそ、これまでの業界での戦いにとどまらない“強さ”の証明が必要です。「クルマはこれからも愛される存在。次の100年もクルマを楽しくしていく。また、電動化しても“乗って楽しい”、“ワクワクする”を忘れずに伝えていく」(豊田社長)。ル・マンで公開された、レーシングカーそのもののスーパーカー「GRスーパースポーツコンセプト」(関連記事)や、ジュネーブショーで公開された「GR Supra Racing Concept」(関連記事)その意気込みの表れといえます。

photo 市販化に向けて開発に着手した「GRスーパースポーツコンセプト」
photo GR Supra Racing Concept
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10