ニュース
» 2018年07月07日 11時00分 公開

素足を出す季節。 “足ケア”でカラダのトラブル回避を!

角質、爪、におい、菌……足が抱えるトラブルを“お手入れ”して乗り切りましょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 短パン、素足、サンダルでちょっと買い物へ……という男性の姿を多くみかけるようになったことで、本格的な夏がやってきた!と気持ちがワクワクしますね。でも、夏らしい軽装は軽快でいいけれど、気になるのは足のこと。

 かかとなどの角質たまり、足爪のトラブル……など、足の悩みを抱えている人は多いので、適切なケア法を知って、自信を持って素足を出したいもの。夏は楽しいけれどとても短いので、楽しく過ごすためにも、早め早めに足のお手入れにとりかかりましょう!

足のお手入れで夏を乗り切りましょう

角質、爪、におい、菌……足が抱えるトラブル

靴が合わないと、摩擦によって角質がたまりやすくなります

 私たちは立ったり、座ったり、屈んだり、歩いたりと、足に大きな負荷をかけて暮らしています。

 特に重い体を支えている足裏は、立つ、歩くといった動作を繰り返すことによって、靴や床から足裏を守る機能の角質が硬く、厚くなっていきます。また、歩く時間や立っている時間が長い人ほど、角質は硬く、厚くなる傾向にあります。

 それ以外にも爪のトラブルや、においのトラブル、菌によるトラブルなど足が抱えるトラブルはさまざまです。では早速、さまざまな足トラブルをみていきましょう。

  • 「角質硬化」→立ち時間が長い、足が乾燥している、手入れ不足……などが要因
  • 「爪トラブル」→靴によって爪が圧迫、深爪、間違った爪の切り方……などが要因
  • 「においトラブル」→ムレなどによって常在菌が増えすぎたり減りすぎたりする。または、爪まわりトラブル、足裏の角質トラブルなどが要因
  • 「菌トラブル」→菌が原因の白癬菌(水虫)、汗疱(かんぽう)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)など
  • 「タコ・ウオノメトラブル」→皮膚が角質化して盛り上がる、芯ができる、痛みの発症など

 このほかにも、外反母趾、内反小趾、足裏痛、足底筋膜炎、モートン神経腫、むくみなど、足が抱えるトラブルはたくさんあります。

足のトラブルのケア法(角質編)

角質ケアのポイントは、一度で一気にやりすぎないこと!

 まず、角質を原因とする足トラブルをみていきましょう。

角質が起こすトラブル

  • 放置した角質が温床になって水虫に
  • 角質を放置すると、ガサガサ・ひび割れで見た目も悪い
  • ひび割れがひどくなると、痛みが起きることも
  • 放置した角質のムレが、においの原因になることも

 上記のトラブルは、何より角質をためないことが最善の対処法となります。

角質ケア時の注意点

 角質除去を目的とした専門アイテムは、軽石、スクラブ、電動リムーバー、ピーリング剤などたくさんありますが、一回で一気に角質を除去すると逆に痛みが出てしまったり、その後のケアを怠ることで、さらに角質が硬化することも。

角質ケアの4ステップ

  1. 入浴時に湯船に足をつけて(あるいは足浴して)、角質をあたためてやわらかくします。
  2. やわらかくなった角質を軽石などのアイテムを使って、やさしい力加減で一方向にこすります。
  3. 爪や指まわりも清潔なやわらかい歯ブラシや、ローラーヘッドのフットケア商品を活用して丁寧に洗浄。
  4. ケア後はしっかり保湿を。

カラダを支えるために重要な役割を果たしている足爪

ひどい巻き爪や陥入爪にならないよう、早めのケアが大事

 足の爪はカラダを支えるためにとても重要な役割を果たしています。

 さらに普段はあまり意識しませんが、歩き出して足を上げるときに爪先が地面を蹴る役割を担っています。足を上げる直前に爪先が地面を蹴っていて、この作用・反作用によって爪先は地面から力を受けていることになります。

 つまり、爪がなければ地面からの力を十分に受け止めることができませんし、爪を短く切りすぎていると、受けた力で爪の先が皮膚に入り込んでしまうことにもなりますので、爪の切り方を間違えていたり、合わない靴をはくことはカラダのためにも避けたいところ。

巻き爪や陥入爪を要因とするカラダのトラブル

  • 痛みから体をかばうたことで、自然と姿勢が悪くなってしまう……
  • 体全体のバランスが崩れてしまう……
  • 腰痛が起きてしまう……

 このようなさまざまなトラブルを誘引することがありますので、トラブルを未然に防ぐために爪の手入れはとても重要です。

足のトラブルのケア法(爪編)

足爪の切り方は四角くて丸い形の「スクエアオフ」に!

爪の切り方

 爪を丸く短く切りすぎる、または、深爪にしすぎるといった要因から巻き爪になりやすくなるので、爪の先は角に丸みをつけた四角くて丸い「スクエアオフ」がおすすめ。スクエアオフ形状にするには爪切りよりも、やすりを使ったほうが◯。

爪まわりのケア

 爪まわりの角質だまりがにおいのもとになることもあるので、入浴・足浴などで角質をやわらかくして、しっかり洗浄を。このとき、爪の周囲をきれいにしようとする気持ちが強すぎて、爪ようじなどでのとがった物を使用する人もいますが、逆に傷つけてしまうことがあるのであまりおすすめできません。

これ以外のケア方法

 病院や専門サロンなどに行くと、コットンパッキングやワイヤを使った手入れ法を受けられることもありますし、形状記憶シートを活用する場合もあります。巻き爪、陥入爪に関しては自己処理せず、一度、専門機関で診てもらうようにしましょう。

 その他にも、白癬菌による爪水虫もありますが、爪まわりの異常を確認したら、まずは病院に。自己判断や自己ケアは禁物です!

 ──今回ご紹介したフットケアは、足をきれいにすることだけが目的ではなく、カラダのトラブルを誘発しない目的も兼ねています。サンダルをはいてお出かけする前に、自分の足を見直してみてくださいね。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」