ニュース
» 2018年07月20日 07時00分 公開

世界初のロボットたこ焼き店、ハウステンボスにオープン

人工知能が見せる職人技です。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)に7月20日、世界初のロボットたこ焼店「OctoChef(オクトシェフ)」がオープンします。チーズワーフの一角にできる広さ4坪のこの店は、AIとロボットアームを連動させてたこ焼きを調理するのが特徴です。


オクトシェフ たこ焼きロボット「オクトシェフ」。たこ焼き(ソース、ネギだく、明太マヨ)500円より

 コネクテッドロボティクスのロボット「UR5」を採用。アーム型の協働ロボット(人と同じ空間で一緒に作業を行えるロボット)と、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み合わせました。生地流し込みから焼き上げまでができ、AI機能により焼きムラがないか確認することも可能。1回の行程で16人分96個を調理できます。なお食材の仕込みとトッピングは人間のスタッフが行います。

 これまでの産業用ロボットでは安全性を確保するために安全柵が必要でしたが、協働ロボットを活用することで、同一空間内で人とロボットが一緒に作業することが可能となっています。ロボットの活用により、通常3〜4人で運営するたこ焼き店舗を1人で運営できるよう省人化できたとのこと。


オクトシェフ こちらはソフトクリームロボット。バニラ、ストロベリー、ミックス各400円

オクトシェフ 「オクトシェフ」外観

 OctoChefではソフトクリームも販売しており、こちらもAIとロボットアームを活用しています。Dobotが開発した「Dobot Magician」が、コーンにソフトクリームを盛り付けてくれます。

 営業時間は11時から22時。OctoChefの外観は、赤が基調のカラーリングに、タコがたこ焼きを調理中とおぼしきイラストが描かれ、親しみやすい雰囲気。効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた楽しいお店になりそうです。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響