コラム
» 2018年07月30日 12時00分 公開

【マンガ】「うなぎパイ=エッチなお菓子」といううわさ、どこまで本当なの?

キャッチコピーは「夜のお菓子」。

[ねとらぼ]

 サクッと読めて、会社や学校でちょっと知ったかぶりできる「マンガで雑学」。今回は食べ物に関する雑学3つをお送りします。

雑学その1:夜のお菓子こと「うなぎパイ」は本当にエッチな食べ物なのか?

 静岡県浜松市のお菓子「うなぎパイ」には「精力増強の効果があるエッチなお菓子なのではないか」といううわさがあります。キャッチコピーも「夜のお菓子」と何だか意味深なのですが、実際にはどうなのでしょうか。

 製造元である春華堂によれば、このコピーはもともと「忙しい家族が顔を合わせられる夕食の一時」を表現したもの。しかし、当時の浜松市が夜の街として栄えていたことなどから、あらぬ方向に勘違いしてしまう人が続出してしまったそうです。

 つまり、「うなぎパイ=エッチなお菓子」は根拠のない誤解……と話を終えたいところですが、その後、春華堂はまさかの販売戦略を展開。消費者の勘違いを逆手に取って、あえて精力剤を参考にしたパッケージカラーを採用し、売上を伸ばすことに成功したそうです。うわさが存在するのにも、それなりの理由があるのかもしれません。



主要参考文献


雑学その2:日本初の宇宙食は意外な“アレ”だった

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が日本国内で製造された初の宇宙食として認証した食品は、キユーピーマヨネーズ。さすがに包装は宇宙向けの特殊仕様になっているものの、中身は市販のものと同じだとか。

 ちなみに食べ方は「生野菜用のサラダ調味料」。マヨネーズの用途は、地球でも宇宙でもあまり変わらないようです。



主要参考文献


雑学その3:「昔のようかんには、お肉が入ってた」って知ってる?

 コンビニなどでも販売されている和菓子の定番、ようかん。もともとは中国の料理で、羊肉が入った汁物だったとか。漢字で書くと「“羊”羹」になるのも、この名残だといわれています。

 しかし、鎌倉〜室町時代、留学した禅僧がこの“ようかん”を日本に伝えると、食材が肉から植物性のものへとアレンジされるように。さらに江戸時代に寒天の生産がスタートすると、現代のわれわれにもおなじみの「練りようかん」が登場。名前が残った一方で、作り方は大きく変わってしまったというわけです。



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響