コラム
» 2018年07月30日 12時00分 公開

【マンガ】「うなぎパイ=エッチなお菓子」といううわさ、どこまで本当なの?

キャッチコピーは「夜のお菓子」。

[ねとらぼ]

 サクッと読めて、会社や学校でちょっと知ったかぶりできる「マンガで雑学」。今回は食べ物に関する雑学3つをお送りします。

雑学その1:夜のお菓子こと「うなぎパイ」は本当にエッチな食べ物なのか?

 静岡県浜松市のお菓子「うなぎパイ」には「精力増強の効果があるエッチなお菓子なのではないか」といううわさがあります。キャッチコピーも「夜のお菓子」と何だか意味深なのですが、実際にはどうなのでしょうか。

 製造元である春華堂によれば、このコピーはもともと「忙しい家族が顔を合わせられる夕食の一時」を表現したもの。しかし、当時の浜松市が夜の街として栄えていたことなどから、あらぬ方向に勘違いしてしまう人が続出してしまったそうです。

 つまり、「うなぎパイ=エッチなお菓子」は根拠のない誤解……と話を終えたいところですが、その後、春華堂はまさかの販売戦略を展開。消費者の勘違いを逆手に取って、あえて精力剤を参考にしたパッケージカラーを採用し、売上を伸ばすことに成功したそうです。うわさが存在するのにも、それなりの理由があるのかもしれません。



主要参考文献


雑学その2:日本初の宇宙食は意外な“アレ”だった

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が日本国内で製造された初の宇宙食として認証した食品は、キユーピーマヨネーズ。さすがに包装は宇宙向けの特殊仕様になっているものの、中身は市販のものと同じだとか。

 ちなみに食べ方は「生野菜用のサラダ調味料」。マヨネーズの用途は、地球でも宇宙でもあまり変わらないようです。



主要参考文献


雑学その3:「昔のようかんには、お肉が入ってた」って知ってる?

 コンビニなどでも販売されている和菓子の定番、ようかん。もともとは中国の料理で、羊肉が入った汁物だったとか。漢字で書くと「“羊”羹」になるのも、この名残だといわれています。

 しかし、鎌倉〜室町時代、留学した禅僧がこの“ようかん”を日本に伝えると、食材が肉から植物性のものへとアレンジされるように。さらに江戸時代に寒天の生産がスタートすると、現代のわれわれにもおなじみの「練りようかん」が登場。名前が残った一方で、作り方は大きく変わってしまったというわけです。



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  3. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」