ニュース
» 2018年07月29日 11時00分 公開

EVO2015の歴史的珍事「早すぎたガッツポーズ」の裏側にあったもの “勝負を分けたカウンターヒット”を生んだ「0.1秒の駆け引き」(1/3 ページ)

席を立ったことは紛れもないミスだが、その時点で勝敗が決まったとは言い切れない。

[ねとらぼ]

 世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution」(通称「EVO」)が8月3日(米国現地時間)に開催される。EVOといえば2017年のときどによる劇的な優勝が記憶に新しいところだが、過去のEVOを振り返ってみても梅原大吾の「背水の逆転劇」を筆頭に数多くの名シーン、名勝負が残されている。EVO2015のGUILTY GEAR Xrd部門、ウィナーズセミファイナルの試合で起きた前代未聞の珍事もその中の1つ。世界的に話題となったこの一戦を覚えている人は多いはずだ。

 事の顛末(てんまつ)はこうだ――EVO2015のGUILTY GEAR Xrd部門ウィナーズセミファイナルで対戦していたのは優勝の筆頭候補と目されていた「小川」と、現在ストリートファイターVのバトルプランナーとしても活躍する強豪「ヲシゲ」。勝負の行方は最終セットにもつれ込み、先に1ラウンドを先取した小川に対し、ヲシゲがラウンドを取り返した場面で珍事が起きた。最終ラウンドが残っていることを忘れ、自分が勝利したと勘違いしたヲシゲは、最終ラウンドを残しているにもかかわらず席を離れ観客に向かってガッツポーズを決めてしまったのだ。

問題の場面は8:20ごろから

 ラウンドカウントを間違えるというミスは、格闘ゲーマーにとって決して珍しいものではないが、その場はEVO2015の舞台であり、対戦相手は優勝候補筆頭だ。小川がそのスキを見逃すはずもなく、ヲシゲに対し強烈なコンボを決め、そのままの流れでパーフェクト勝ちを収めた。この一戦は「背水の逆転劇以来の名(迷?)勝負」などとしてSNSで広く拡散され、世界中で話題となった。


画像 有名すぎるこの背中(画像はYouTubeより)

 ある人は真っ向からの真剣勝負が見られなかったことに落胆し、ある人はコメディーのような展開に笑っただろう。しかし、ヲシゲのミスの裏側に小川の極めて冷静な状況判断があったことは(熱心なゲーマーを除き)あまり知られていない。

 実は、勝負を分けた1つのポイントがある。問題の最終ラウンド、最初の一撃はカウンターヒットしているという点だ。つまり、ヲシゲはギリギリでのところでコントローラーに触れており、反撃を試みている。そして、小川はカウンターヒット時限定のコンボを叩き込み、そのまま勝利しているのだ。


画像 左に「Counter」の表記(画像はYouTubeより)

画像 その後、カウンターヒット時限定のコンボを決めている(画像はYouTubeより)

 小川はその後も順調に勝ち進み、EVOを制覇。ヲシゲのガッツポーズは致命的なミスではあるが、そのスキを的確に突けるプレイヤーは果たしてどれほどいるだろう。コンボ始動技を“カウンターヒットする可能性”を前提に選択し、カウンターヒットを確認した上で限定コンボを確実に決める――あの異様な状況の中で、小川はそれをこなしているのだ。

 極限状態にもかかわらず冷静さを欠かさなかったEVO2015王者の格闘ゲーマー・小川はどんなプレイヤーなのか。そして、3年前のラスベガスで何が起きていたのか。EVO2018の開幕を目前にした今、「なぜ小川はカウンターヒットさせることができたのか」という視点から、前代未聞の珍事件の背景を振り返ってみよう。


画像 記事化に際し、EVO2015の王者である小川氏にも話を聞いた

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」