ニュース
» 2018年07月29日 13時00分 公開

最新巨大客船の裏側へ潜入! 氷川丸と「客船80年の進化」を見比べる (2/3)

[長浜和也,ねとらぼ]

最新大型客船の「最上級船室」に潜入

 氷川丸が活躍した定期航路全盛期の時代、船室は特等、一等、二等、三等と、その階級が厳密に区切られていました。

 現代の客船も昔ほど厳密ではありませんが上級等級を設けて、専用の広い船室や専用のレストラン、カフェ、バーにプールがあります。氷川丸では最上等級の「一等特別室」を保存して公開(関連記事)していますが、さて最新鋭の最上等級船室はどのようになっているのでしょうか。

客船 操舵室 潜水艇 船室 まずこちらは80年前の「氷川丸」の船室。最上等級となる「一等特別室」の寝室の様子

 ゲンティン ドリームの最上等級船室「パレス ヴィラ」の“2階建てキャビン”、さらには氷川丸の「一等喫煙室」「一等社交室」「一等読書室」に相当する、ラウンジやカフェなどのパブリックスペースを見ていきましょう。

客船 操舵室 潜水艇 船室 ここからがゲンティン ドリームの最上等級船室。部屋に入ってすぐの玄関ホールからしてもう広い
客船 操舵室 潜水艇 船室 そして中庭が。もう船室というより一軒家クラス
客船 操舵室 潜水艇 船室 船室というのに廊下があって船室の中にさらに船室が幾つもある
客船 操舵室 潜水艇 船室 リビングルームその1。ゲストも含めて過ごすメインルームになる
客船 操舵室 潜水艇 船室 リビングルームその2。こちらはこぢんまりとまとまったプライベート空間
客船 操舵室 潜水艇 船室 ホスト用の寝室。そして寝室はこれだけではない
客船 操舵室 潜水艇 船室 ゲスト用の寝室
客船 操舵室 潜水艇 船室 備え付けのグランドピアノはヤマハのコンパクトモデル「GB1K」
客船 操舵室 潜水艇 船室 中庭には専用のジャグジー
客船 操舵室 潜水艇 船室 さらに専用サウナも
客船 操舵室 潜水艇 船室 そして専用の浴室にもつながっている

 パブリックスペースでは有料の上級レストランやバー、カフェがメインになります。上級レストランが氷川丸における一等食堂、バーやラウンジが一等社交場に相当するでしょう。なお、それぞれ有料であっても比較的低価格で利用できるところもあります。そちらは二等や三等の談話室に当たります。

客船 操舵室 潜水艇 船室 こちらは氷川丸の「一等社交室」
客船 操舵室 潜水艇 船室 そして「一等喫煙室」
客船 操舵室 潜水艇 船室 さらに「一等食堂」
客船 操舵室 潜水艇 船室 一等食堂で提供していたディナー(のサンプル)
客船 操舵室 潜水艇 船室 ゲンティン ドリームの「パレスレストラン」は上級等級船客限定で利用可能。昔でいうところの「特等食堂」に相当する
客船 操舵室 潜水艇 船室 ステーキレストラン「Bistro by Mark Best」では、オーストラリアで育てた「黒毛和牛」種の上級肉をシドニーの人気シェフ監修のもとで調理してくれる
客船 操舵室 潜水艇 船室 高級中華レストラン「Silk Road Chinese Restaurant」
客船 操舵室 潜水艇 船室 シンガポールやマレーシアのエスニック料理を提供する「Blue Lagoon」。ここは比較的リーズナブル
客船 操舵室 潜水艇 船室 昔でいうところの「一等社交室」に相当する「バーラウンジ」。ワイン、シャンパン、カクテル、クラフトビールとそれぞれの特化したバーを用意する客船も多い。ゲンティン ドリームでは日本にまだ出店していない「Johnnie Walker House」がある
客船 操舵室 潜水艇 船室 「ジョニ黒」以外にも、米国に拠点を持つ探検家支援団体「Explorers Club」(日本の同名団体と関係はない)とのコラボレーションラインアップや1万樽のなかから1樽しか選ばれないという希少なブルーラベルまでオーダーできる
客船 操舵室 潜水艇 船室 外国客船では船内でパンを焼いているケースが多い。なので、パンやケーキはどれもおいしい。ゲンティン ドリームのカフェ「BreadBox」もその例にもれず、パンとケーキに定評がある


 氷川丸などが活躍した定期航路全盛期の時代、客船は多くの人にとって「ただの移動手段」でした。そして、船のサイズもまだ小さかったので用意できる施設にも限りがありました。時間をつぶすのにとても苦労したといいます。

 対して現代は、他にも早く移動できる手段があります。これを踏まえ、客船は移動手段としての装備の進化とともに、船客を楽しませる滞在施設の機能を大きく拡張しています。目的地までの移動手段ではなく、客船そのものが目的となりつつあるといってもいいでしょう。

 そういう意味で船旅は、乗りものとしても滞在施設としても楽しめる「一粒で二度おいしい旅」ができるのかもしれません。

(取材協力:ゲンティンクルーズライン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.