ニュース
» 2018年08月20日 11時00分 公開

「いつも通りの毎日が帰ってきた」「必ず乗りに行くからね」 ゆふいんの森号の運転再開、力強く復興を歩む沿線の人々に感動 (1/2)

湯布院温泉へ行きたくなるー。

[agar,ねとらぼ]

 九州旅客鉄道(JR九州)が2017年の記録的な大雨による被害で一部区間を運休していた、久大本線(関連記事)の全線復旧を記念したムービーを公開しました。

約1年を経て全線復旧を果たしました 約1年を経て全線復旧を果たしました

 福岡県の久留米駅から大分県の大分駅を結ぶ久大本線。グリーンの車体とレトロな内装が特徴の観光列車「ゆふいんの森」を運行し、湯布院温泉や別府温泉などの著名な観光地を沿線、近隣に持ちます。

 久大本線は2017年7月の九州北部豪雨によって、大分県日田市の花月川に架かる花月川橋梁が流され、線路が寸断するほどの甚大な被害を受けました。また、2016年4月に発生した熊本地震の影響とともに、福岡、大分両県の温泉地を中心とした沿線観光にも大きな爪あとを残しました。

 JR九州は沿線の早期復興に向けた復旧工事を急ピッチで進め、豪雨被害から約1年後の2018年7月14日に全線復旧を果たしたのです(関連記事)

風船で運転再開を祝う人々 風船で運転再開を祝う人々

 今回公開した動画は、久大本線とその沿線地区の方々が災害から力強く復興し、元気に過ごしている沿線の様子を全国へ届ける目的で展開していた「久大本線 全線復旧つながるプロジェクト」の一環です。動画では、7月14日に全線復旧した久大本線、本来の運行を再開したゆふいんの森号の復旧を祝い、そして力強く復興へ歩む沿線の人々の様子が感動的に描かれています。

7月14日に全線が復旧した「久大本線」とゆふいんの森号 7月14日に全線が復旧した「久大本線」とゆふいんの森号

JR九州の観光列車

或る列車
ゆふいんの森
ヘルメットに耳
ななつ星in九州
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.