ニュース
» 2018年09月06日 19時36分 公開

小説『ダーティペア』、11年ぶりの新作を高千穂遙が自ら告知 「安彦良和さんがイラストを絶賛作画中」

タイトルは『ダーティペアの大跳躍』。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小説『ダーティペア』シリーズの新作『ダーティペアの大跳躍』が2018年内に早川書房から出版されると、著者の高千穂遙さんがTwitterで告知しました。2007年の『ダーティペアの大帝国』以来、11年ぶりの新刊に、ファンから期待の声が多数寄せられています。


 同シリーズは1979年に『S-Fマガジン』で発表された短編に始まるSF作品。ケイとユリの女性コンビ「ラブリーエンゼル」(他称「ダーティペア」)が犯罪に立ち向かう、高千穂さんの代表作の1つです。1985年にはアニメ化され、国内外で人気を博しました。


ALT 1980年刊行の第1集『ダーティペアの大冒険』(Amazon.co.jpより)

ALT 1987年には劇場版も公開(サンライズ公式サイトより)

 イラストはこれまで通り安彦良和さんが担当。高千穂さんいわく、「絶賛作画中(のはず)」とのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.