ニュース
» 2018年09月29日 16時14分 公開

台風24号、沖縄を北上 一気に加速しあす本州へ

進路にあたる地域は早めの備えを。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


台風24号

 大型で非常に強い台風24号は、きょう29日の午前8時現在、沖縄付近をゆっくりと北上しています。動きが遅いため、沖縄・奄美では影響が長い時間続く見込みです。北東に向きを変えた後は、上空の風に乗り、一気にスピードを上げて、あす30日(日)は勢力を保ったまま、九州や四国、本州を直撃、10月1日(月)にかけて列島を縦断する恐れがあります。


台風の地域別 最接近はいつ?

 大型で非常に強い台風24号は、29日の午前8時現在、沖縄地方に最接近し、沖縄地方は、風速25メート以上の暴風域の圏内になっています。台風の接近と満潮時間が重なり潮位がさらに高くなる見込みです。暴風や高波、大雨に厳重に警戒するとともに、高潮による浸水や冠水に厳重に警戒してください。その他の地域での最接近時刻は以下の通りです。【九州南部・奄美】29日夜遅く〜30日昼前 【九州北部】30日朝〜昼過ぎ【四国】30日日中【中国】30日昼前〜夜のはじめ頃 【近畿】30日午後 【東海】30日午後〜10月1日はじめ 【関東甲信】30日夜〜10月1日はじめ 【北陸】30日夕方〜10月1日明け方 【東北】30日夜遅く〜10月1日 【北海道】10月1日午前中となっています。

 秋雨前線や台風の影響で、今回は台風最接近前から西日本から北日本の広い範囲で大雨の恐れがあり、最接近より前から大雨に警戒が必要です。また、最接近時刻が近づくと、急に風が強まるのも特徴です。近畿や東海、関東でも、走行中のトラックが横転するほどの暴風が吹き荒れる可能性があります。急に強まる暴風に警戒してください。

※台風の中心は必ずしも予報円の中心を結ぶ線に沿って進むわけではありません。台風の中心が予報円に入る確率は70%です。


進路にあたる地域は早めの備えを

 台風の被害を最小限にするためには備えがとても大切になってきます。九州〜北海道の広い範囲が、台風の進路にあたるわけですが、まだ備えをされていない方は、遅くともきょう午前のうちには、台風の備えを完了しておきましょう。台風はいま現在、時速15キロほどと自転車並みの速度で北上していて、それほどスピードは速くありませんが、あす本州に接近してくる頃には、スピードを速め、あさって1日の速い時で時速55キロと一般道を走る車並みの速度で接近してくる見込みです。接近してきてから、慌てて飛ばされやすいものをしまうのでは、強風にあおられたドアに挟まれたり、飛来物にあたったりと危険です。また、停電の可能性もあるため、非常用持ち出し品の点検も早めにしておきましょう。


関連リンク

  • 最新の台風情報
  • 発表中の警報・注意報
  • 雨雲の動き(実況と予報)
  • 最新の天気解説(日直予報士)

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.